151件中 31 - 40件表示
  • やなせたかし

    やなせたかしから見た東京国際アニメフェア

    香美市立やなせたかし記念館「アンパンマンミュージアム」が1996年(平成8年)7月に、同「詩とメルヘン絵本館」が1998年(平成10年)8月に、それぞれ出身地である高知県香美市で開館された。2008年(平成20年)、東京国際アニメフェア2008 第4回功労賞を表彰受賞。最近では、高知県須崎市の新名物・鍋焼きラーメンのイメージキャラクター「なべラーマンと、かわうそのカウちゃん」を、須崎商工会議所からの「鍋焼きラーメン・Xプロジェクトに賛同してほしい」という要請を受けて制作している。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見たさいたま市

    浦和うなこちゃん(さいたま市観光大使。浦和うなぎまつりマスコットキャラクター)やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た佐世保バーガー

    佐世保バーガーボーイ(長崎県佐世保市の名物佐世保バーガーのイメージキャラクター)やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た北沢杏子

    独立はしたものの漫画家としてはなかなか芽が出ず、漫画やイラストの仕事よりも舞台装置の製作や放送作家、作詞家としての仕事の方が多かった。作詞家としては、いずみたく作曲のポピュラー・ソング『手のひらを太陽に』の仕事が有名。性教育用語「ワレメちゃん」を、『ウルトラQ』脚本家北沢杏子とともに考案したことでも知られる。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た作曲家

    過去にはデザイナー、編集者、舞台美術家、演出家、司会者、コピーライター、作曲家、シナリオライターなど多分野で活躍した経歴があり、作曲家としてはミシェル・カマという筆名を使う。編集者としては、サンリオから刊行されていた雑誌『詩とメルヘン』の編集長を長年務めた(1973年 - 2003年)。現在は季刊雑誌『詩とファンタジー』に責任編集という形で関わっている。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た東北地方太平洋沖地震

    上記のように多彩な仕事を手がけているが、『アンパンマン』の人気が上がって売れっ子になった時はすでに50代後半になっており、漫画家としては大変に遅咲きであった。年齢が90歳を超えて、2010年(平成22年)には引退も考えるが、翌年3月に東北地方太平洋沖地震が起こったことから思いとどまり、未だ現役で活動を続けている。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た紙芝居

    1941年(昭和16年)に徴兵されて、野戦重砲兵として日中戦争に出征する。乙種幹部候補生に合格して、主に高等司令部において中国人・中国兵向けのプロパガンダ宣伝ビラ(伝単)の制作を担当した。紙芝居を作って、地元民向けに演じたりもした。最終階級は陸軍軍曹。従軍中は戦闘のない地域にいたため、一度も敵に向かって銃を撃つことはなかったが、従軍中に食糧不足による空腹を体験したこと、また復員後に弟の戦死を知ったことなどから反戦感情を持つこととなる。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た東京都江戸東京博物館

    手塚治虫とは1960年代から手塚の晩年に至るまで親交があり、やなせは手塚が虫プロダクションで制作した劇場アニメ『千夜一夜物語』(1969年)に美術監督として参加し、キャラクターデザインも手がけた。手塚はそのお礼として、やなせの原案によるアニメ映画『やさしいライオン』を制作している(大藤信郎賞を受賞)。2009年に東京都江戸東京博物館で開催された「手塚治虫展」では、「ぼくが学んだのは、手塚治虫の人生に対する誠実さである。才能は努力しても、とてもかなわないが、誠実であることはいくらかその気になれば可能である。もちろん遠く及ばないにしても、いくらかは近づける。手塚治虫氏はその意味でぼくの人生の師匠である。」というやなせのコメントが紹介された(ちなみに、やなせは手塚より9歳年長である)。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見たNHK教育テレビジョン

    きょうの料理(2012年4月25日、NHK Eテレやなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た高知市

    やなせの自伝によると、在所の実家は伊勢平氏の末裔で300年続く旧家であったという。父は上海の東亜同文書院を卒業後、講談社で編集者を務めていた。やなせはその時期に出生したため、生誕地は当時の家族が居住していた東京府北豊島郡滝野川町字西ヶ原である。父はやなせの生まれた翌年東京朝日新聞に入社して、1923年(大正12年)に特派員として単身上海に渡る。その後、やなせも母とともに上海に移り住むも、まもなく父がアモイに転勤となり、母や弟・千尋(中国で出生。のち京都帝国大学学生から海軍予備学生となり、フィリピンで特攻隊員として戦死)とともに在所村の実家に移る。1924年(大正13年)に父がアモイで死去した。やなせは母や弟とともに高知市に暮らすようになる。弟は一足先に後免町(現・南国市)で開業医を営んでいた伯父(父の兄)に引き取られたが、その後母が再婚したため、弟と同じく伯父に引き取られて育てられる。弟は跡取りとして迎えられたのに対し、後から引き取られたやなせは書生部屋をあてがわれるなど待遇に違いがあったという。後免野田組合小学校(現・南国市立後免野田小学校)、高知県立高知城東中学校(現・高知県立高知追手前高等学校)に進む。少年時代は『少年倶楽部』を愛読し、中学生の頃から絵に関心を抱いて東京高等工芸学校図案科(現・千葉大学工学部デザイン学科)に進学した。当時の同期生に風間完がいる。卒業後、田辺製薬(現・田辺三菱製薬)宣伝部に職を得る。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

151件中 31 - 40件表示

「やなせたかし」のニューストピックワード