206件中 61 - 70件表示
  • やなせたかし

    やなせたかしから見たスタジオパークからこんにちは

    スタジオパークからこんにちは(2004年1月28日・2009年10月21日、NHK総合)やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た紙芝居

    補充隊での教育後は日中戦争(中国戦線)に出征。部隊では主に暗号の作成・解読を担当するとともに、宣撫工作にも携わり、紙芝居を作って地元民向けに演じたこともあったという。従軍中は戦闘のない地域に居り、職種も戦闘を担当するものではなかったため、一度も敵に向かって銃を撃つことはなかったという。最終階級は陸軍軍曹。なお、太平洋戦争では弟が戦死している。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た高知市

    1924年(大正13年)に父親がアモイで客死。遺された家族は父親の縁故を頼りに高知市に移住する。弟は後免町(現・南国市)で開業医を営んでいた伯父(父の兄)に引き取られ、まもなく母が再婚したため、やなせも同じく伯父に引き取られて育てられる。この伯父は趣味人でもあり、かなり影響を受けたという。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た3年の学習

    3年の学習』(学習研究社)に1956年から連載。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た脚本家

    絵本作家・詩人としての活動が本格化する前までは頼まれた仕事はなんでもこなしたといい、編集者、舞台美術家、演出家、司会者、コピーライター、作詞家、シナリオライターなど様々な活動を行っていた。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た白内障

    ユニークで元気なキャラクターを演じ続けそのイメージが強いが、アンパンマンのヒットの時期から既に体調は必ずしも良好ではなく、60歳代末期には腎臓結石、70歳代には白内障、心臓病、80歳代には膵臓炎、ヘルニア、緑内障、腸閉塞、腎臓癌、膀胱癌、90歳代には腸閉塞(再発)、肺炎、心臓病(再発)と病歴を重ねていた。なお、膀胱癌は10度以上再発している。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た法務省

    人KENまもる君・人KENあゆみちゃん(法務省人権擁護局の人権イメージキャラクター。イメージソングの作詞・作曲も手がけている)やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た絵本作家

    やなせ たかし(本名:柳瀬 嵩、〈読みは同じ〉1919年〈大正8年〉2月6日 - 2013年〈平成25年〉10月13日)は、日本の漫画家、絵本作家、詩人、元陸軍軍人。有限会社やなせスタジオ社長。高知県出身(詳細は後述)。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た中華まん

    ニックとアン(中華まんをモチーフとした中村屋のイメージキャラクター。中村屋のファンだったため引き受けたという)やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た腎臓

    ユニークで元気なキャラクターを演じ続けそのイメージが強いが、アンパンマンのヒットの時期から既に体調は必ずしも良好ではなく、60歳代末期には腎臓結石、70歳代には白内障、心臓病、80歳代には膵臓炎、ヘルニア、緑内障、腸閉塞、腎臓癌、膀胱癌、90歳代には腸閉塞(再発)、肺炎、心臓病(再発)と病歴を重ねていた。なお、膀胱癌は10度以上再発している。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

206件中 61 - 70件表示

「やなせたかし」のニューストピックワード