206件中 71 - 80件表示
  • やなせたかし

    やなせたかしから見た毎日映画コンクール

    1969年、虫プロダクションの劇場アニメ『千夜一夜物語』制作の際に、エロチック路線を求めていた手塚治虫は、やなせの漫画を気に入り美術監督として招き入れた。同作がヒットしたお礼として、手塚はポケットマネーで、やなせが1967年に手掛けたラジオドラマ「やさしいライオン」をアニメ映画化し、毎日映画コンクールの大藤信郎賞を受賞。同作はやなせの代表作のひとつとなっている。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た多治見市

    うながっぱ(多治見市が2007年8月16日に観測史上日本最高気温を観測した記念に作られた多治見市マスコットキャラクター)やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見たバター

    高島屋の通販カタログに連載されていた、1ページ漫画。リトル・ボオという帽子を目深に被ったキャラクターが、悪者からドタくんとバタコさんを救うストーリー。また、ここに登場するバタコさんは、『アンパンマン』に登場するバタコさんと瓜二つだが、名前の由来が異なっている。『アンパンマン』に登場する「バタコさん」がバターが由来であるのに対し、こちらは「ドタバタ」が由来となっている。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た東日本大震災

    2011年(平成23年)春に視界がぼやけることを理由に漫画家引退を考え、最後の大舞台として生前葬を企画。友人らに告別式の文章を書いてもらい「清浄院殿画誉道嵩大居士」という戒名入りの位牌も準備したが、その発表直前に東日本大震災が発生し、不謹慎だからという理由で計画は白紙になった。震災直後「アンパンマンのマーチ」が復興のテーマソング的扱いをされたり、「笑顔を失っていた子供たちがアンパンマンを見て笑顔を取り戻した」といった良い話がやなせの元に届いたことから、引退するのをやめたという。その後、被災地向けにアンパンマンのポスターを制作したり、奇跡の一本松をテーマにしたCDを自主制作するなどした。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た東京朝日新聞

    父親はやなせの生まれた翌年に東京朝日新聞に引き抜かれ、1923年(大正12年)に特派員として単身上海に渡る。その後、後を追い家族で上海に移住。この地で弟・千尋が生まれるものの、父親がアモイに転勤となったのをきっかけに、再び家族は離散。やなせらは東京に戻る。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見たPHP研究所

    アンパンマンシリーズ(1969年、PHP研究所やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見たたちばな出版

    人間なんておかしいね 人生の言葉(こころ)(1996年、勁文社 / 2002年、たちばな出版より再版)やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た研究社

    受驗と學生(研究社)挿画(1952年〜1953年)やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見たNHK総合テレビジョン

    まんが学校(1964年 - 1966年、NHK総合) - 先生役。知名度は上がったが、漫画は売れないというジレンマに悩んだという。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見たサッポロビール

    ニッポンビール(現:サッポロビール)の広告漫画。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

206件中 71 - 80件表示

「やなせたかし」のニューストピックワード