前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
946件中 1 - 10件表示
  • 郵便貯金

    郵便貯金から見たゆうちょ銀行ゆうちょ銀行

    2007年10月1日以降では、郵政民営化以前に預入された定額郵便貯金・定期郵便貯金など定期性郵便貯金の日本政府による保証を継続させるため株式会社ゆうちょ銀行に承継されず独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構に承継された貯金のこと。民営化時点で約131兆円。なお、郵政民営化以前に預入されていた通常郵便貯金・通常貯蓄郵便貯金は民営化時点でゆうちょ銀行に承継されており「郵便貯金」ではなくなった。また、民営化以降にゆうちょ銀行・郵便局で取り扱われている貯金は「ゆうちょ銀行の貯金」となり「郵便貯金」ではない。郵便貯金 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見たゆうちょ銀行ゆうちょ銀行

    日本郵政株式会社(にっぽんゆうせい、)は、東京都千代田区に本社を置く、日本郵政グループの持株会社である。子会社として日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、日本郵政スタッフ、日本郵政インフォメーションテクノロジーを持つ。総務省所管の特殊会社である。公共企業体の日本郵政公社が前身。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台中郵便局

    仙台中郵便局から見たゆうちょ銀行ゆうちょ銀行

    入居している建物は郵政省当時より仙台貯金事務センター本館として使用されており、民営化に際してゆうちょ銀行が承継し所有している。仙台中郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 郵便貯金秋田センター

    郵便貯金秋田センターから見たゆうちょ銀行ゆうちょ銀行

    郵便貯金秋田センター(ゆうびんちょきんあきたセンター)は、秋田県秋田市中通二丁目にあった、郵便貯金に関する事務を行っていた機関。2007年(平成19年)10月1日の郵政民営化に伴い、ゆうちょ銀行秋田地域センターに転換した(地域センターは、2016年4月1日付けで、ゆうちょ銀行秋田パートナーセンター改組)。郵便貯金秋田センター フレッシュアイペディアより)

  • 旅行貯金

    旅行貯金から見たゆうちょ銀行ゆうちょ銀行

    旅行貯金(りょこうちょきん)とは、郵便局や簡易郵便局、ゆうちょ銀行の直営店(以下便宜上「郵便局」に統一)を訪問し、証拠として郵便貯金(現在のゆうちょ銀行総合口座)通帳又は証書に預入、払戻、貸付等を行い、局名印、主務者印等を押印してもらい旅行の記念とする趣味。旅行貯金 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見たゆうちょ銀行ゆうちょ銀行

    以前からイーネットやゆうちょ銀行との提携があり、同ATM利用時には時間内無料入出金(土曜9:00?14:00を含む)の提携があったが、加えて2008年3月24日8時(日本時間)には、信託銀行としては2行目(老舗系としては初)となるセブン銀行との提携が開始された。セブン銀行利用時の手数料についてはイーネット・ゆうちょ銀行と同じ手数料体系で利用できた。提携開始時より、イーネット利用時にはカード振込の利用が可能であるが、2011年9月5日の利用可能時間終了を以って、住友信託銀行のキャッシュカードを利用した振込サービスが廃止された。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 郵便貯金・簡易生命保険管理機構

    郵便貯金・簡易生命保険管理機構から見たゆうちょ銀行ゆうちょ銀行

    郵政民営化等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の規定によりなお効力を有するとされる旧郵便貯金法及び旧簡易生命保険法の規定によって、郵便貯金及び簡易生命保険の業務を行う。これらの郵便貯金及び簡易生命保険の業務は、日本郵政公社が解散時点で行っていたものの一部であり、その債務については引き続き政府が保証することとされている。なお、実務的な運用・管理業務は株式会社ゆうちょ銀行及び株式会社かんぽ生命保険に委託している。なお、いわゆる流動性貯金である通常郵便貯金についてはゆうちょ銀行に承継され、預金保険機構による保護対象となり、政府保証の対象からは外された。郵便貯金・簡易生命保険管理機構 フレッシュアイペディアより)

  • イーネット

    イーネットから見たゆうちょ銀行ゆうちょ銀行

    3月15日 -郵便貯金(現:ゆうちょ銀行)カードの取扱を開始。イーネット フレッシュアイペディアより)

  • かんぽ生命保険

    かんぽ生命保険から見たゆうちょ銀行ゆうちょ銀行

    発足当初から持株会社である日本郵政株式会社(発足当初は日本政府が全株式を保有)の子会社である。ただし、かんぽ生命保険在籍の正社員を対象とした「かんぽ生命保険従業員持株会」は上場前も存在した。ゆうちょ銀行とともに2017年9月30日までに日本郵政持株分を処分する(売り出す)ことが郵政民営化法に明記されており、2009年度下期にも株式を上場させる事がグループの目標とされ、上場準備にあたる関係部署が設置された。しかし、2009年の衆議院議員総選挙の結果、郵政民営化の見直しを掲げた鳩山由紀夫内閣の発足により、12月に郵政株売却凍結法が成立。民営化の見直しが行われるまで株式市場への上場・売却は凍結されることになった。2012年(平成24年)5月8日の第180回国会において、郵政民営化の一部見直しを規定した「郵政民営化法等の一部を改正する等の法律(平成24年法律第30号)」が可決・成立した事に伴い、同法第5条第2号の規定により郵政株売却凍結法は廃止された。改正法では以前「2017年9月30日までに株式を処分する」と明記されていたものから「(期限を設けず)経営状況とユニバーサルサービス確保への影響を勘案しながら早期売却を目指す」とした努力目標に改められている。かんぽ生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 郵政民営化

    郵政民営化から見たゆうちょ銀行ゆうちょ銀行

    民営化後長らく日本郵政株は100%日本国政府保有(財務大臣所有)であったが、2015年11月に東京証券取引所第一部に上場された。併せて、ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険も上場し、日本郵政から株の売り出しがなされた。郵政民営化 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
946件中 1 - 10件表示

「ゆうちょ銀行」のニューストピックワード