39件中 21 - 30件表示
  • カルバニア物語

    カルバニア物語から見たよしながふみよしながふみ

    1993年に徳間書店の『Noel』誌に、短編ファンタジーのシリーズの一編として掲載され、その後同じ世界観に基づいた作品が発表され徐々に連作としての形を取り始めていった。翌1994年、隔月刊漫画雑誌『Chara』の創刊に伴って同誌に移行し正式に『カルバニア物語』と銘打って連載が開始された。フェミニズムをテーマにし「非常に政治的に公正で、ユーモラスで、マイノリティへの配慮が行き届いている」こと、作家が同人誌出身であるという共通項から、しばしばよしながふみの『大奥』と比較されることもあるが、主にBL作品を掲載するマイナー雑誌で連載されていることや、刊行速度の遅さもあり、『大奥』ほどの知名度はない。カルバニア物語 フレッシュアイペディアより)

  • センス・オブ・ジェンダー賞

    センス・オブ・ジェンダー賞から見たよしながふみよしながふみ

    特別賞 - よしながふみ 『大奥』第一巻(白泉社)センス・オブ・ジェンダー賞 フレッシュアイペディアより)

  • キタサヤカ

    キタサヤカから見たよしながふみよしながふみ

    読書好きで、文学以外の小説(京極夏彦など)や、サブカルチャー本、漫画(よしながふみ、安野モヨコなど)も愛読している。特に少女漫画ファンで、好きな作品に『ベルサイユのばら』『風と木の詩』『パタリロ!』をあげている。また、持ちネタに『ガラスの仮面』の月影千草先生をモデルにしたコントがある。キタサヤカ フレッシュアイペディアより)

  • 鷹司任子

    鷹司任子から見たよしながふみよしながふみ

    『大奥』(よしながふみ)作中は「鷹司任親」として登場。鷹司任子 フレッシュアイペディアより)

  • 木原音瀬

    木原音瀬から見たよしながふみよしながふみ

    無罪世界(2007年 イラスト:よしながふみ)木原音瀬 フレッシュアイペディアより)

  • 広大院

    広大院から見たよしながふみよしながふみ

    『大奥』(よしながふみ 白泉社)広大院 フレッシュアイペディアより)

  • 磯山晶

    磯山晶から見たよしながふみよしながふみ

    よしながふみ原作『大奥』シリーズ磯山晶 フレッシュアイペディアより)

  • 中央線シンデレラ

    中央線シンデレラから見たよしながふみよしながふみ

    読書好きで、文学以外の小説(京極夏彦など)や、サブカルチャー本、漫画(よしながふみ、安野モヨコなど)も愛読している。特に少女漫画ファンで、好きな作品に『ベルサイユのばら』『風と木の詩』『パタリロ!』をあげている。また、持ちネタに『ガラスの仮面』の月影千草先生をモデルにしたコントがある。中央線シンデレラ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のテレビドラマ (日本)

    2012年のテレビドラマ (日本)から見たよしながふみよしながふみ

    原作:よしながふみ『大奥』(白泉社刊)2012年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 腐女子

    腐女子から見たよしながふみよしながふみ

    腐女子に対するステレオタイプな否定的イメージとして、「現実の男性に相手にされないようなモテない地味な女性がやおい・ボーイズラブに逃避している」というものがある。漫画家のよしながふみは、BLは「もてない女の慰め」と揶揄されることもあるが、実際そういった面もあり(無論それが全てではない)、「今の男女のあり方に無意識的でも居心地の悪さを感じている人が読むもの」だが、読者が受けてきた抑圧や居心地の悪さはそれぞれ違っているので、一括りにしにくいと述べている。やおい・BLジャンルや腐女子をフェミニズムと結びつけて論じられることも少なくないが、それを嫌がる人も多い。腐女子 フレッシュアイペディアより)

39件中 21 - 30件表示

「よしながふみ」のニューストピックワード