47件中 31 - 40件表示
  • アイシンシーホース

    アイシンシーホースから見たJBL 2007-08

    2008年 - オールジャパン5回目の優勝。日本バスケットボールリーグ(新JBL)初代優勝を飾る。(旧JBL=バスケットボール日本リーグ機構を含めると2003-04年度以来の実業団1部リーグ優勝)アイシンシーホース フレッシュアイペディアより)

  • アイシンシーホース

    アイシンシーホースから見た名誉相談役

    チーム名の「シーホース」はタツノオトシゴの英名から付けられた。さらに「タツ」=「竜」は地元の愛知県岡崎市にある岡崎城の別名が「龍城」であること、加えて創部以降チームを応援し続けたアイシンの豊田稔名誉相談役が1916年の辰年生まれだったことにも由来する。アイシンシーホース フレッシュアイペディアより)

  • アイシンシーホース

    アイシンシーホースから見た頭痛薬

    2011年 - オールジャパン4連覇。しかし試合後の薬物検査でライアン・フォーハンケリーから使用禁止薬物(頭痛薬中のイソメテプテン)の陽性反応を示した為、同選手の個人記録を抹消。なおチームへの処分は「譴責」とし、優勝は取り消されなかった。アイシンシーホース フレッシュアイペディアより)

  • アイシンシーホース

    アイシンシーホースから見た岡崎城

    チーム名の「シーホース」はタツノオトシゴの英名から付けられた。さらに「タツ」=「竜」は地元の愛知県岡崎市にある岡崎城の別名が「龍城」であること、加えて創部以降チームを応援し続けたアイシンの豊田稔名誉相談役が1916年の辰年生まれだったことにも由来する。アイシンシーホース フレッシュアイペディアより)

  • アイシンシーホース

    アイシンシーホースから見たリンク栃木ブレックス

    2010年 - オールジャパン3連覇。3連覇を目指した日本バスケットボールリーグのプレーオフ・ファイナルでリンク栃木ブレックスに3連敗して、準優勝に甘んじる。アイシンシーホース フレッシュアイペディアより)

  • アイシンシーホース

    アイシンシーホースから見た第84回天皇杯・第75回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会

    2009年 - オールジャパンを優勝。日本バスケットボールリーグを連続優勝する。アイシンシーホース フレッシュアイペディアより)

  • アイシンシーホース

    アイシンシーホースから見たファイブ (平山譲)

    21世紀に入ると、他のチームを解雇されたり、廃部により所属先を失った選手をプロ契約として多く受け入れ、黄金時代を築き上げ現在に至る。その姿はノンフィクション作品『ファイブ』の題材にもなった。当時の選手の多くは引退して世代交代が進んでいるが、その後も選手のほとんどがプロ契約を結んでいた。だが、世界金融危機の影響を受け日本人プロ契約を廃止、社員選手も再び増加した。2012年オフ、新卒の橋本竜馬がプロ契約を結び、チームとしては久々のプロ選手となった。全国タイトル計18回。アイシンシーホース フレッシュアイペディアより)

  • アイシンシーホース

    アイシンシーホースから見た第83回天皇杯・第74回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会

    2008年 - オールジャパン5回目の優勝。日本バスケットボールリーグ(新JBL)初代優勝を飾る。(旧JBL=バスケットボール日本リーグ機構を含めると2003-04年度以来の実業団1部リーグ優勝)アイシンシーホース フレッシュアイペディアより)

  • アイシンシーホース

    アイシンシーホースから見たJBL 2008-09

    2009年 - オールジャパンを優勝。日本バスケットボールリーグを連続優勝する。アイシンシーホース フレッシュアイペディアより)

  • アイシンシーホース

    アイシンシーホースから見た辰年

    チーム名の「シーホース」はタツノオトシゴの英名から付けられた。さらに「タツ」=「竜」は地元の愛知県岡崎市にある岡崎城の別名が「龍城」であること、加えて創部以降チームを応援し続けたアイシンの豊田稔名誉相談役が1916年の辰年生まれだったことにも由来する。アイシンシーホース フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示

「シーホース三河」のニューストピックワード