1182件中 41 - 50件表示
  • 小林弘典 (アイスホッケー)

    小林弘典 (アイスホッケー)から見たアイスホッケーアイスホッケー

    小林 弘典(こばやし ひろのり、1983年9月9日 - )は、北海道苫小牧市出身のアイスホッケー選手。ポジションはフォワード。埼玉栄高校、早稲田大学卒業。小林弘典 (アイスホッケー) フレッシュアイペディアより)

  • 原優人

    原優人から見たアイスホッケーアイスホッケー

    原 優人(はら ゆうと、1986年11月15日 - )は、青森県八戸市出身のアイスホッケー選手。ポジションはディフェンス。八戸市立長者中学校、八戸工業大学第一高等学校、法政大学卒業。原優人 フレッシュアイペディアより)

  • 本間ジェフリー光一

    本間ジェフリー光一から見たアイスホッケーアイスホッケー

    本間 ジェフリー 光一(ほんま じぇふりー こういち、1985年8月7日 - )は、東京都八王子市出身のアイスホッケー選手。ポジションはフォワード (アイスホッケー)。カナダノートルダム高等学校、上智大学卒業。本間ジェフリー光一 フレッシュアイペディアより)

  • バート・ナウハイム

    バート・ナウハイムから見たアイスホッケーアイスホッケー

    全国的に有名なアイスホッケークラブ の競技施設コローネル=ナイト=アイスシュターディオンは、1945 / 46年冬季に、アメリカ占領軍の地方司令官の命令によって、市内中心部、クアパルクの端に建設された。夏季には、インラインホッケーのブンデスリーガに所属するバート・ナウハイム・グリズリースの試合が行われる。高額な維持費と改修の必要性が高まっていることから、この古い施設の将来の見通しは不安定である。バート・ナウハイム フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・マイカン

    ジョージ・マイカンから見たアイスホッケーアイスホッケー

    1924年6月18日、ジョージ・ローレンス・マイカン・ジュニアはイリノイ州の小都市、ジョリエットにある飲み屋の長男として生まれた。祖母はマイカンにピアノを教え込もうとしたが、肝心の孫はガレージの壁に付けられたリムに向かってボールを投げる日々を送っていた。幼い頃からすでに大きな身体の持ち主だったマイカンは、フットボールやアイスホッケー向きのスポーツ少年と思われた。13歳の頃にはすでに身長が6フィート(約183cm)に達していたが、周囲の同級生よりも頭一つ分飛び出たその姿は嘲笑の対象となってしまい、少年マイカンにとって彼の高身長はコンプレックス以外の何ものでもなかった。彼は身長を誤魔化すために常に猫背で過ごしていたが、ある日修道女が「背筋を伸ばしなさい」と彼の背中を叩き、こう言った。「神さまがあなたにその身体を与えたのです。それを最大限に活用しなさい」。ジョリエット・カトリック高校では膝の骨を砕く大怪我を負い、長期間をベッドの上で過ごした。その間も彼の身体は成長し続け、身長は203cmまで伸びたが、バスケットボールのコーチは重度の近視のマイカンに対して「眼鏡を掛けている者がバスケットをすることはできない」と断言した。マイカンはバスケットの道を諦めて聖職者になるために、高校2年生の時にシカゴの神学校に転校し、1941年に卒業する頃には法律の分野へ進むことを考えていた。しかし本心ではバスケットの道を諦めきれず、密かにジョージ・クーガンというコーチの指導で練習し、ノートルダム大学への進学を目指していた。しかしコーチ・クーガンはマイカンの力量が名門校でプレーするには足りないと判断し、彼にもっと格下の大学への進学を提案し、そしてマイカンが最終的に決めた進学先が、デポール大学だった。ちなみにマイカンは聖職者への道に背を向けたことを最後まで家族に告げることができず、父親は新聞のスポーツ欄でマイカンがバスケットで活躍している姿を初めて知ることになる。ジョージ・マイカン フレッシュアイペディアより)

  • カルガリー

    カルガリーから見たアイスホッケーアイスホッケー

    カルガリー市街の風景は都市の成長とともに大きく変わってきた。国内でも多様性に富んだ街として知られ、近代的な国際都市としての特性をもつ。その一方で歴史あるホテルやバー、ナイトクラブ、アイスホッケーなども今に続いている。1990年代の復興で、カルガリーはカナダ国内におけるカントリーミュージックの中心地となり、「ナッシュビル・オブ・ザ・ノース」("Nashville of the North")としばしば呼ばれる。また、ポップスやロック、ヒップホップ、エレクトロニック、そしてカントリーなど様々な分野の音楽が幅広い年代に親しまれている。カルガリー フレッシュアイペディアより)

  • 長ぐつアイスホッケー

    長ぐつアイスホッケーから見たアイスホッケーアイスホッケー

    長ぐつアイスホッケー(ながぐつアイスホッケー)は、長靴を履いてアイスホッケーを行うスポーツ。1978年(昭和53年)に元アイスホッケー日本代表選手で当時の釧路村(現在の釧路町)の教育委員会職員であった森嶋勝司により、冬の運動不足解消のため誰でも簡単に楽しめるニュースポーツとして考案された。毎年1月に『釧路町民長ぐつアイスホッケー大会』、2月に『全国長ぐつアイスホッケー選手権大会』(北海道長ぐつアイスホッケー選手権大会併催)を開催している。公式マスコットは「ガッホくん」。長ぐつアイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • 延長戦

    延長戦から見たアイスホッケーアイスホッケー

    アイスホッケーの場合、リーグや大会により規定は異なる。詳しくはアイスホッケーの項を参照のこと。延長戦 フレッシュアイペディアより)

  • ビョルン・ノルドクヴィスト

    ビョルン・ノルドクヴィストから見たアイスホッケーアイスホッケー

    ビョルン・ノルドクヴィスト(Björn Nordqvist, 1942年10月6日 -)は、スウェーデン出身の元サッカー選手、元アイスホッケー選手ビョルン・ノルドクヴィスト フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宣夫

    鈴木宣夫から見たアイスホッケーアイスホッケー

    鈴木 宣夫(すずき のりお、1964年9月10日 - )は、日本の元アイスホッケー選手。1980年代半ば〜1990年代半ばの日本アイスホッケー界で一時代を築いた。元日本アイスホッケー連盟理事兼強化副本部長。元アイスホッケー男子日本代表コーチ、関西大学アイスホッケー部コーチ。鈴木宣夫 フレッシュアイペディアより)

1182件中 41 - 50件表示

「アイスホッケー」のニューストピックワード