143件中 91 - 100件表示
  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た東洋大学

    大学アイスホッケーは黎明期から早稲田大学と明治大学が中心として動いており、この二強の牙城は高く、他の大学は崩せない状況が続いた。この早明2強体制に対して、1960年代後半から法政大学が頭角を現し、早明法の3強へ移行、1996年から東洋大学が日本学生氷上競技選手権大会6連覇を達成すると4強体制となっている。現在は早明法洋に加え中央大学の5強が群を抜いている。これを追って第二グループに頭一つリードして日大、以下慶應・日体大・専大・大東大などの大学が続き覇権(日本一)を争っている。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た苫小牧市

    日本では北海道の苫小牧市、釧路市で特にアイスホッケーが盛んであり、日本のアイスホッケー選手の大多数が両市の出身となっている。その他、帯広市、札幌市、八戸市、日光市なども盛んな地域である。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た週刊ヤングジャンプ

    スピナマラダ! (野田サトル、『週刊ヤングジャンプ』2011年 - 、連載中、既刊4巻)アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たスイス

    アイスホッケーが盛んな国として、世界ではカナダ、アメリカ合衆国、ロシア、スウェーデン、フィンランド、チェコ、スロバキア(1993年以前、前2国はチェコスロバキア)、ベラルーシ、ラトビア、スイスなどを挙げることができる。冬季オリンピックなどでこの競技を統括する国際アイスホッケー連盟(IIHF)の加盟国(または地域)は、64カ国に及ぶ(国際アイスホッケー連盟の2005年現在調)。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たオハイオ州

    ボールに相当するパックは硬質ゴム製で薄い円柱形をしている。直径7.62cm、高さ2.54cm、重さ156-170g。非常に固く、生身に当たると骨折等の危険がある。事実、NHLの試合では2002年3月16日、オハイオ州コロンバスで行われたコロンバス・ブルージャケッツ対カルガリー・フレームス戦において、エスペン・クヌートセンが放ったシュートがアウトオブバウンズになり、パックが観客席に飛び込んで観客の少女を直撃、頭蓋骨骨折で死亡するという痛ましい事故も起きている。このため、観客といえども試合中は決してパックの動きから目を離してはならない。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たタダノアイスホッケークラブ

    2005 - 2006年シーズンより、日本アイスホッケーリーグは北海道と西日本の地方リーグとして復活した。日本アイスホッケーリーグ北海道(通称:J-ice North)には札幌アイスホッケークラブ(旧札幌ポラリス)、釧路厚生社、タダノアイスホッケークラブ、05-06シーズンのみYONH.COM(ヨンエイチドットコム)06-07シーズンからセトルブレイズの4チームが加盟した。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たフランス

    1763年にフランスからカナダ領土を勝ち取ったイギリス人兵士達は、フィールドホッケーの経験と、ノヴァスコシアの原住民が行っていた競技、ラクロスを組み合わせ、凍結した河川、湖、池などでカナダの長い冬の慰みとしたと伝えられる。フィールドホッケーのボールは余りにも飛びすぎて危険だったため、ボールを小さめにして飛ばないように工夫をされたという。またサッカーやフィールドホッケーと同じくゴールの代わりとして氷柱を代用したり、また両チームが均等な人数ならば試合が可能とされていた時代もあった。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たトロント・メープルリーフス

    キャプテンは、ユニフォームの左胸(チームによっては右胸)にCのマークを装着する。また、キャプテン代行(アシスタントキャプテン)はAのマークを装着する。審判の判定に対するクレームは、原則としてキャプテンのみに与えられた権利とされるが、キャプテンが氷上にいない場合にはキャプテン代行がこの権利を代行して行う。NHLにおいてはローテーション制のキャプテン(かつてのミネソタ・ワイルド)、アルタネートキャプテン3人(現在のモントリオール・カナディアンズやトロント・メープルリーフス)も認められている。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たマギル大学

    1877年には、マギル大学の学生であった、ジェームス・クライトン、ヘンリー・ジョセフ、リチャード・F・スミス、W.F.ロバートソン、W.L.マリー、フランク・パトリック、レスター・パトリックらが、乱雑であった試合に意味を持たせるためラグビーなどのルールを参考にして7つのルールを整備し、地方紙上で発表した1。ルール整備によってゲームが洗練されると、アイスホッケーの人気は高まり1883年にはモントリオールの冬祭り(Winter Carnival)の行事に組み込まれるようになった。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た龍谷大

    関西の有力校は、同志社大学・立命大・関西大学・関西学院大学・京産大・龍谷大などがあり、なかでも関西大学は2005年に同志社大学を21年ぶりに破りリーグ制覇し、2006年に大学としては日本初の屋内アイスアリーナを高槻キャンパスに建設するなど、全国の注目を集めている。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

143件中 91 - 100件表示

「アイスホッケー」のニューストピックワード