156件中 51 - 60件表示
  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たアジアリーグアイスホッケー

    2003 - 2004年シーズンからは日本リーグとは別に韓国のチーム、ハルラ・ウィニアを加えた5チーム(4回総当たり)で「アジアリーグアイスホッケー」を開催した。北米2カ国(アメリカとカナダ)をまたぐNHLを範にとり、アジア各国の強豪チームを集結させた大会を目指しており、2004 - 2005年シーズンからアジアリーグに3チームが新規加盟し規模が拡大されたことにより日本リーグは休止となった。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たHC日光アイスバックス

    2009 - 2010年シーズン現在は日本からは王子イーグルス、日本製紙クレインズ、HC日光アイスバックス、東北フリーブレイズが参戦している。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た日本学生女子アイスホッケー大会

    長野オリンピックから女子の正式種目として加えられスマイルジャパン(女子日本代表)で注目されている女子(大学女子)のアイスホッケーにおいても、2013年から日本学生女子アイスホッケー大会(インカレ)が開催され、初代優勝校は東京女子体育大学準優勝が日本体育大学であった。16校の地区代表校が参戦し競技人口も増えつつある。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たゴールテンダー

    6人の選手のポジションの構成は、攻撃陣に左右2人のフォワードと守備陣にディフェンス2人、攻撃と守備の両方を行うセンター1名と、重装備に身を固めたゴールキーパー1人という配置が一般的であり、チームが反則を犯すと人数が減り攻撃の可能性が低くなるため、フォワードのポジションを1名ずつ欠いて守備重視にして行く布陣をとる場合が多い。ただし、ゴールキーパーをベンチに下げて、代わりに攻撃用の選手を投入する、エンプティ(6人による攻撃)もルール上認められており、ゲーム終盤に得点で負けているチームが、追撃の可能性を高めるために行うことが多い。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たハーリング

    スコットランド発祥のシンティ(Shinty)、アイルランド発祥のハーリング(Hurling)、ネイティブアメリカンのチペア族のプレイしたバゲタウェイ(Baggataway)などのスポーツが起源であると考える説もある。これらのスポーツについて近代的なアイスホッケーとの主な相違点を挙げると、シニーやハーリングにあってはゴーリーが不在、スケート靴を履かない点があり、バゲタウェイにあっては出場選手の数が多い点などがある1。このほかにもホッケーの原型に当たる競技として、イングランドのバンディ(Bandy)やフィールドホッケー(Field Hockey)、カナダのシニー(Shinny)やリケット(ricket、ノバスコシア)、米国のアイス・ポロ(Ice polo)などが挙げられる。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た野球

    得点、反則などが無効になる場合、審判は野球のセーフのような動作を行う。これはワッシュアウトという。「セーフ」と口に出す場合もある。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たフィギュアスケート

    氷上に一度に出ることができる選手は、各チーム6名(キーパー1人を含む)までと決められている。その際、選手はスケート靴を着用する。また、危険を伴う競技のため、防具は正しく装着されていなければ出場できない。(なお、近代的なアイスホッケーのルールが整備された19世紀後半においては、プレーヤーの人数は当初、各チーム9人であった。1884年にモントリオールでフィギュアスケートの選手からの「あまりホッケーの人数が多いとリンクが痛みやすく危険である」との声を受けて7人に減少し、その後6人となった経緯がある)アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たスケート

    アイスホッケー()は、天然または人工氷のスケートリンク上で、スケート靴を履いて行う団体スポーツ競技である。陸上で行われるホッケーの形式を氷上に持ち込んだものである。2チームが長方形(楕円形)をしたリンクの中で、スティック(長い柄の先端部分に角度をつけ湾曲させた杖状の用具)を用いて硬質ゴムでできた扁平な円柱状の パックを打ち合い、相手方のゴールに入れることでその得点を競うゲームである。『氷上の格闘技』とも呼ばれている。漢字を当てて氷球(ひょうきゅう)と表記される。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たゴールキーパー (アイスホッケー)

    スコットランド発祥のシンティ(Shinty)、アイルランド発祥のハーリング(Hurling)、ネイティブアメリカンのチペア族のプレイしたバゲタウェイ(Baggataway)などのスポーツが起源であると考える説もある。これらのスポーツについて近代的なアイスホッケーとの主な相違点を挙げると、シニーやハーリングにあってはゴーリーが不在、スケート靴を履かない点があり、バゲタウェイにあっては出場選手の数が多い点などがある1。このほかにもホッケーの原型に当たる競技として、イングランドのバンディ(Bandy)やフィールドホッケー(Field Hockey)、カナダのシニー(Shinny)やリケット(ricket、ノバスコシア)、米国のアイス・ポロ(Ice polo)などが挙げられる。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たゴルフ

    16世紀のオランダの絵画(例えば、Romeyn de Hooghe や Hendrick Avercamp の作品)には凍結した運河の上で、市民がホッケーに似たようなスポーツを行っている光景が描かれている。もっとも、これらの絵画で描かれているスポーツは、ホッケーというよりはむしろゴルフやポロに近いとする説もある。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

156件中 51 - 60件表示

「アイスホッケー」のニューストピックワード