143件中 61 - 70件表示
  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たホイッスル

    他にゴール近くで、もしくはシュートモーション中の選手に対してGKが反則により攻撃を妨害した場合(守備側の選手がペナルティとなった場合にも)、ペナルティーショット (PS) になることがある。PSは攻撃側は任意の1選手(キャプテンが指名)、守備側はGK(反則退場していても代理のGKがいない場合は出場可)を残して全員がベンチに引き上げる。センターフェイスオフスポットにパックを置き審判のホイッスルにより攻撃側の選手がゴールにパックを運びシュートを行う。打てるのは1回だけでGKがはじいたパックを打ち直すことは不可。またシュートを打たないままゴールラインを割ったときも失敗となる。ゴールを成功した場合は1点が追加される。試合途中の場合成否に関係なくセンターフェイスオフスポットでのフェイスオフとなる。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た自殺点

    ゴールは常に1点、基本的にスティックを使ってパックをゴールに入れることが必要とされるが、自殺点はこれ以外でも認められることもある。パックを直接ゴールに入れるのでなければ、手を使って空中にあるパックを叩き落とすことや、スケート靴でパックを蹴ることも認められている。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た日本学生氷上競技選手権大会

    大学日本一を決定する大会は1926年より開始された日本学生氷上競技選手権大会である。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たスピナマラダ!

    スピナマラダ! (野田サトル、『週刊ヤングジャンプ』2011年 - 、連載中、既刊4巻)アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た週刊少年マガジン

    鉄腕ブレイク (篠原知宏、『週刊少年マガジン』2008年、全2巻)アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たMETAL FINISH

    METAL FINISH (鶴岡伸寿、『週刊少年ジャンプ』1990年 - 1991年、全2巻)アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たフォワード (アイスホッケー)

    6人の選手のポジションの構成は、攻撃陣に左右2人のフォワードと守備陣にディフェンス2人、攻撃と守備の両方を行うセンター1名と、重装備に身を固めたゴールキーパー1人という配置が一般的であり、チームが反則を犯すと人数が減り攻撃の可能性が低くなるため、フォワードのポジションを1名ずつ欠いて守備重視にして行く布陣をとる場合が多い。ただし、ゴールキーパーをベンチに下げて、代わりに攻撃用の選手を投入する、エンプティ(6人による攻撃)もルール上認められており、ゲーム終盤に得点で負けているチームが、追撃の可能性を高めるために行うことが多い。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たサドンデス

    延長戦は基本的に5分間、先に得点を入れたほうが勝ちとなるサドンデス(いわゆるゴールデンゴール(Vゴール)方式)を採用する。アジアリーグのレギュラーリーグではオーバータイムではゴールキーパーを除き4人対4人(俗に言う 4on4 )の状態で行う。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た行け!!南国アイスホッケー部

    行け!!南国アイスホッケー部 (久米田康治、『週刊少年サンデー』1991年 - 1996年)(全23巻だがアイスホッケーを行うのは単行本第4巻程度まで)アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た氷の国の王子様

    氷の国の王子様 (小野ハルカ、『週刊少年サンデーS』、2012年 - 、連載中、既刊1巻)アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

143件中 61 - 70件表示

「アイスホッケー」のニューストピックワード