156件中 61 - 70件表示
  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たアイスクロス

    アイスホッケーを行うためには、さまざまな用具が必要となる。なおアイスホッケー用のスケート靴・防具類はアイスクロスでも使用される。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た格闘技

    アイスホッケー()は、天然または人工氷のスケートリンク上で、スケート靴を履いて行う団体スポーツ競技である。陸上で行われるホッケーの形式を氷上に持ち込んだものである。2チームが長方形(楕円形)をしたリンクの中で、スティック(長い柄の先端部分に角度をつけ湾曲させた杖状の用具)を用いて硬質ゴムでできた扁平な円柱状の パックを打ち合い、相手方のゴールに入れることでその得点を競うゲームである。『氷上の格闘技』とも呼ばれている。漢字を当てて氷球(ひょうきゅう)と表記される。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たラグビー

    1877年には、マギル大学の学生であった、ジェームス・クライトン、ヘンリー・ジョセフ、リチャード・F・スミス、W.F.ロバートソン、W.L.マリー、フランク・パトリック、レスター・パトリックらが、乱雑であった試合に意味を持たせるためラグビーなどのルールを参考にして7つのルールを整備し、地方紙上で発表した1。ルール整備によってゲームが洗練されると、アイスホッケーの人気は高まり1883年にはモントリオールの冬祭り(Winter Carnival)の行事に組み込まれるようになった。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たラクロス

    1763年にフランスからカナダ領土を勝ち取ったイギリス人兵士達は、フィールドホッケーの経験と、ノヴァスコシアの原住民が行っていた競技、ラクロスを組み合わせ、凍結した河川、湖、池などでカナダの長い冬の慰みとしたと伝えられる。フィールドホッケーのボールは余りにも飛びすぎて危険だったため、ボールを小さめにして飛ばないように工夫をされたという。またサッカーやフィールドホッケーと同じくゴールの代わりとして氷柱を代用したり、また両チームが均等な人数ならば試合が可能とされていた時代もあった。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たポロ

    16世紀のオランダの絵画(例えば、Romeyn de Hooghe や Hendrick Avercamp の作品)には凍結した運河の上で、市民がホッケーに似たようなスポーツを行っている光景が描かれている。もっとも、これらの絵画で描かれているスポーツは、ホッケーというよりはむしろゴルフやポロに近いとする説もある。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た自殺点

    ゴールは常に1点、基本的にスティックを使ってパックをゴールに入れることが必要とされるが、自殺点はこれ以外でも認められることもある。パックを直接ゴールに入れるのでなければ、手を使って空中にあるパックを叩き落とすことや、スケート靴でパックを蹴ることも認められている。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た日本学生氷上競技選手権大会

    大学日本一を決定する大会は1926年より開始された日本学生氷上競技選手権大会である。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た週刊少年マガジン

    鉄腕ブレイク (篠原知宏、『週刊少年マガジン』2008年、全2巻)アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たMETAL FINISH

    METAL FINISH (鶴岡伸寿、『週刊少年ジャンプ』1990年 - 1991年、全2巻)アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た氷球姫×常磐木監督の過剰な愛情

    氷球姫×常磐木監督の過剰な愛情 (小野ハルカ、『週刊少年サンデー』、2013年‐連載中)アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

156件中 61 - 70件表示

「アイスホッケー」のニューストピックワード