前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
820件中 1 - 10件表示
  • 大和民族

    大和民族から見たアイヌアイヌ

    大和民族の形成当初は九州地方の隼人や、東北地方の蝦夷が異民族とされていたが、彼らは中世以前に大和民族と完全に同化している。アイヌも、大和民族との混血や文化的同化が進んだ結果、(民族的)日本人と大和民族の範囲はほぼ一致するようになり、ことさらに大和民族という呼称が使われることは稀になっている。大和民族 フレッシュアイペディアより)

  • 蠣崎氏

    蠣崎氏から見たアイヌアイヌ

    当時道南には、和人が独立した道南十二館を築き、そこを拠点にアイヌと北方貿易を行っていた。花沢館主蠣崎季繁もその一人にすぎなかった。長禄元年(1457年)、和人とのトラブルを契機としてアイヌのコシャマインを中心とする和人への武装闘争(コシャマインの戦い)が発生すると、12館の内10の館がアイヌに落とされた。激戦の末、蠣崎季繁の客将であった信広が鎮圧したという。これにより、蝦夷地の和人社会において蠣崎氏が優勢となり、支配を確固たるものとした。また、武田信広は蠣崎季繁の婿養子となり、蠣崎氏を継承して蠣崎信広を名乗り、拠点を勝山館に移した。文明7年(1475年)には、樺太アイヌの首長から貢物を献上され、樺太にも影響力を及ぼした。蠣崎氏 フレッシュアイペディアより)

  • 遠軽町

    遠軽町から見たアイヌアイヌ

    町のシンボルで地上からの高さは約80m。頂上には天文台、休憩所がある。また町のあらゆる所から望むことができる。かつて湧別アイヌと十勝アイヌが覇権を争ったといわれる古戦場伝説が残る。昭和50年代から瞰望岩周辺に太陽の丘えんがる公園が整備された。遠軽町 フレッシュアイペディアより)

  • 蝦夷

    蝦夷から見たアイヌアイヌ

    蝦夷(えみし、えびす、えぞ)は、日本列島の東方、北方に住み、大和朝廷から続く中央政権によって異族視されていた人々に対する呼称である。時代によりその範囲が変化している。近世の蝦夷(えぞ)はアイヌ人を指す。蝦夷 フレッシュアイペディアより)

  • 清野謙次

    清野謙次から見たアイヌ人アイヌ

    1921年に医学部教授となり、生体染色法の応用によって組織球性細胞系を発見して病理学の世界的第一人者となった。その業績により、1922年に帝国学士院賞を受賞した。1926年に「津雲石器時代人はアイヌ人なりや」という論説を発表し、原日本人論争において以後主流の説を確立するまでに至る。清野謙次 フレッシュアイペディアより)

  • 姫田忠義

    姫田忠義から見たアイヌアイヌ

    1968年にはアイヌ文化研究者の萱野茂と出会い、アイヌの深い精神文化を教えられて感銘を受ける。その後、萱野の著書執筆への協力活動や、萱野のアイヌ文化復興活動を映像におさめるなど、生涯にわたる交流を続けることになる。姫田忠義 フレッシュアイペディアより)

  • 小谷部全一郎

    小谷部全一郎から見たアイヌアイヌ

    小谷部 全一郎(おやべ ぜんいちろう、1868年1月17日(慶応3年12月23日) - 1941年(昭和16年)3月12日)は、日本の牧師、教師、アイヌ研究家、また義経=ジンギスカン説と日猶同祖論の提唱者。北海道アイヌ虻田学園創始者、勲六等旭日章を授与。小谷部全一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 音威子府村

    音威子府村から見たアイヌアイヌ

    1857年(安政4年)に松浦武四郎が天塩川流域を訪れ、現在の音威子府村筬島(おさしま)付近でアイヌの長老の元に宿泊、それによりアイヌによる北海道(蝦夷地)の通称「カイナー」の意味を知る。「カイ」はこの国に生まれた者、「ナー」は尊称であった。アイヌと深い交流のあった松浦武四郎は、蝦夷地を命名する際に「アイヌの国」を意味する「カイ」を取り入れ「北加伊道」という名を提案、これがのちに「北海道」となった。しかし近代から現代のアイヌ語研究では「カイ」に「この国に生まれた者」という意味は見出せず、この記述は謎の一つとなっている。音威子府村 フレッシュアイペディアより)

  • 宇梶剛士

    宇梶剛士から見たアイヌアイヌ

    母親の宇梶静江はアイヌの詩人・古布絵作家で、民族運動家でもある。この事情から母は家庭不在のことが多く、青年期まで確執があったことや、高校での部活や学校の実態に対する反発が不良になった原因であると著書やメディアで自ら述べている。浦川治造は叔父に当たる。宇梶剛士 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥居龍蔵

    鳥居龍蔵から見たアイヌアイヌ

    1895年(明治28年)、鳥居が遼東半島へ調査に行くチャンスを得たのは、まったくの偶然だった。東京理科大学の地質学の教員・神保小虎がアイヌの知人を助手として遼東半島へ地質学調査に赴く予定だったが、事情によりその知人が同地に行けなくなった。そのため、代理として鳥居が遼東半島に行くこととなったのである。この遼東半島での調査で、鳥居は析木城付近にドルメンを発見した。この発見は、まさに鳥居が海外調査を精力的に行うにいたる契機となった。鳥居龍蔵 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
820件中 1 - 10件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード