820件中 91 - 100件表示
  • アイシロシ

    アイシロシから見たアイヌアイヌ

    アイシロシ(あいしろし)とは、アイヌが用いる鏃に刻みこまれた印であり、家紋としての面も含まれた文化である。アイシロシ フレッシュアイペディアより)

  • 天慶の乱 (出羽国)

    天慶の乱 (出羽国)から見たアイヌアイヌ

    天慶2年4月17日(939年5月8日)に俘囚が反乱し、秋田城の軍と交戦したことが都に馳駅言上されたと『日本紀略』等に見える。翌日には官符が3枚発せられ、精兵の訓練と要害堅固、国内の浪人を身分の高下にかかわらず動員すること、大物忌神の山が燃えるとの占いがあるので祀り鎮めることが指示された。『貞信公記抄』によると、反乱した俘囚は秋田郡に到り官稲を奪ったとある。同書ではこのとき賊は「異類」を率いてきたとも記載されており、この「異類」を俘囚とは異なる蝦夷とする説、渡島の狄とする説や、アイヌではないかとする説がある。天慶の乱 (出羽国) フレッシュアイペディアより)

  • 民話

    民話から見たアイヌアイヌ

    民話(みんわ、)、民間説話(みんかんせつわ)は、民衆(柳田國男のいう「常民」)の生活のなかから生まれ、民衆によって口承(口伝えで伝承)されてきた説話のこと。昔話のほか、伝説、世間話その他を含める。口承文学、また民俗資料の一。民譚(みんだん)ともいう。研究する学問は民俗学。ルーツは神話にあると言われ、例えば『古事記』は語り部の稗田阿礼が口述したのを太安万侶が筆録した物である。神話の中でも特定の地名などに由来したものは伝説に含まれうる(高千穂の峯に神々が降りたという天孫降臨など)。アイヌのユーカラも内容は神話だが口承で伝えられてきた。民話 フレッシュアイペディアより)

  • ケネウィック人

    ケネウィック人から見たアイヌ民族アイヌ

    ケネウィック人がどの人類集団に属した個体であるかは結論を得ない状況が続き、ヨーロッパ人であるとの説が長らく有力であったが、ニューメキシコ大学(UNM)のジョセフ・パウエル教授(人類学)は、アイヌ民族とのより有意なる類似性を指摘し、これを研究上の結論としている。ケネウィック人 フレッシュアイペディアより)

  • トカプチュプカムイ

    トカプチュプカムイから見たアイヌアイヌ

    トカプチュプカムイ(ペケレチュプカムイ)は、アイヌにおける太陽のカムイ。トカプチュプカムイ フレッシュアイペディアより)

  • 図像資料

    図像資料から見たアイヌ民族アイヌ

    渋谷四郎著『北海道写真史-幕末・明治』(平凡社、1983年11月)は北海道開拓事業のようすや明治初年の頃のアイヌ民族の風俗などをあらわす貴重な古写真を集めている。図像資料 フレッシュアイペディアより)

  • 精進川

    精進川から見たアイヌアイヌ

    精進川沿いには、擦文時代やアイヌ時代の遺跡があり、古くから人が居住していた。1891年(明治24年)刊行の永田方正著『北海道蝦夷語地名解』にある地名「オソウシ」が、今の精進川にあたると推測されている。流域への日本人の入植は1871年で、岩手県水沢の出身者を中心とする62戸が平岸村に入った。平岸村の人々は、1873年に用水堀を作ってこの川から水を村に引いた。精進川 フレッシュアイペディアより)

  • ミンツチ

    ミンツチから見たアイヌアイヌ

    ミンツチまたはミンツチカムイは、アイヌに伝わる半人半獣の霊的存在。河童に類する妖怪ともいわれる。ミンツチ フレッシュアイペディアより)

  • 武田信広

    武田信広から見たアイヌアイヌ

    1457年にはアイヌによる和人武士の館への一斉襲撃があり、和人武士団とアイヌの間でコシャマインの戦いが始まった。開戦当初は、奇襲攻撃を受けた武士達が当時蝦夷地にあった道南十二館のうち10館が陥落するなど追い詰められていたが、季繁の元にいた信広が武士達をまとめあげて大反撃に打って出ると、アイヌ軍は次々と敗退し、とうとうアイヌ軍総大将コシャマインの首も討ち取った(弓で射殺)。この功績により信広の蝦夷地における地位は決定的となった。1462年には勝山館を築城している。武田信広 フレッシュアイペディアより)

  • イワエトゥンナイ

    イワエトゥンナイから見たアイヌアイヌ

    イワエトゥンナイ(iwaetunnay)は、北海道アイヌ民族に伝わる妖怪。別称として、モシレチクチクイワエチクチク(mosirecikcik iwaecikcik)がある。イワエトゥンナイ フレッシュアイペディアより)

820件中 91 - 100件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード