1065件中 121 - 130件表示
  • パヨカカムイ

    パヨカカムイから見たアイヌアイヌ

    パヨカカムイまたはパイカイカムイは、アイヌに伝わる疫病の神。パヨカカムイ フレッシュアイペディアより)

  • ウィルタ協会

    ウィルタ協会から見たアイヌアイヌ

    ウィルタ協会(ウィルタきょうかい)はウィルタ(オロッコ)のみでなく、ニヴフ(ギリヤーク)、アイヌなどの北方少数民族の復権・文化保全運動を行うための日本の団体。ウィルタ協会 フレッシュアイペディアより)

  • 土俗的三連画

    土俗的三連画から見たアイヌアイヌ

    JIMKUUはアイヌが自分たちの音楽のリズム・パターンを指して言う言葉であり、甚句との関連は不明。厚岸の女達の逞しさを表した音楽。土俗的三連画 フレッシュアイペディアより)

  • 余市川

    余市川から見たアイヌアイヌ

    アイヌ語のイ・オチ(それ・ある)から。この場合の「それ」とは蛇のことで、蛇を忌み嫌うアイヌが憚って「それ」と呼んだことによる。余市川 フレッシュアイペディアより)

  • どらン猫小鉄

    どらン猫小鉄から見たアイヌアイヌ

    他のヤクザ猫達を指揮する立場にあり、西鉄親分の息子であるカズヒサとフトシをボン(坊っちゃんの意)と呼ぶ。西鉄親分に「おまえの好きな火祭り」「おまえの国民歌謡をきかせてくれ」と言われるシーンがあるが、これは名前の由来である歌謡曲「イヨマンテの夜」のこと。実際のアイヌ人の祭「イヨマンテ」では火祭りはあまり行わなれない。どらン猫小鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 上武佐駅

    上武佐駅から見たアイヌ民族アイヌ

    アイヌ語でイラクサを意味する「ムサ」に由来。アイヌ民族はイラクサの皮から繊維を取り出し、「レタルペ」(白いもの、の意)という着物を作っていた。上武佐駅 フレッシュアイペディアより)

  • 天夢森流彩

    天夢森流彩から見たアイヌ民族アイヌ

    主に「巫女」やアイヌ民族をテーマとした創作で活動しており、コミケでは最大級の「シャッターサークルサークル」の一つである。天夢森流彩 フレッシュアイペディアより)

  • 塚田タカヤ

    塚田タカヤから見たアイヌアイヌ

    アイヌ、在日、被差別部落民などのマイノリティにも友人を多く持ち、関係するイベントに数多く出演している。塚田タカヤ フレッシュアイペディアより)

  • 栄浜村

    栄浜村から見たアイヌアイヌ

    1902年にブロニスワフ・ピウスツキが同地のアイヌの集落アイ(日本名:相原)に住み、現地女性と結婚。日露戦争勃発後の1904年まで滞在していた。栄浜村 フレッシュアイペディアより)

  • クッシー

    クッシーから見たアイヌアイヌ

    アイヌの伝説にも湖に住む巨大なヘビの話(『鹿がこのヘビに丸呑みされた』など)や湖に住む巨大なアメマスやヒラメの伝承があり、これらに関連があるのではないかとも指摘されている。また、明治に本土からこの地へとやってきた開拓民も、現地のアイヌから湖の主のことを聞かされ、「湖を見ても誰にも話してはならない。話すと災いが起こる」と言われたという。そのため、開拓民も屈斜路湖で『主』を目撃しても、見て見ぬふりをしてきたとされ、地震が起こる度に湖の主の祟りと恐れたという話がある。このため、湖の怪物の存在はあまり外部に広まらなかったとされる。勿論、これがクッシーのことを指しているとは限らない。クッシー フレッシュアイペディアより)

1065件中 121 - 130件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード