1065件中 131 - 140件表示
  • ペンタチコロオヤシ

    ペンタチコロオヤシから見たアイヌアイヌ

    ペンタチコロオヤシは、樺太のアイヌに伝わる妖怪。ペンタチコロオヤシ フレッシュアイペディアより)

  • さっぽろ自由学校「遊」

    さっぽろ自由学校「遊」から見たアイヌ民族アイヌ

    また、アイヌ民族の文化にふれたり、自然問題や開発について学習するため、北海道ツアーを実施している。沖縄へのスタディーツアーも実施してきた。ソロモン諸島やカンボジア、韓国、台湾へのツアーも実施してきた。さっぽろ自由学校「遊」 フレッシュアイペディアより)

  • コシンプ

    コシンプから見たアイヌアイヌ

    コシンプは、樺太や北海道のアイヌ民話に伝わる精霊。地域によっては「コシンプウ」「コシンプイ」などともいう。コシンプ フレッシュアイペディアより)

  • キムナイヌ

    キムナイヌから見たアイヌアイヌ

    キムナイヌは、アイヌに伝わる妖怪。「山にいる人」を意味し、キムンアイヌとも呼ばれる。キムンクッ(山にいる神)、キモカイクッ(山においでになる神)、オケン(つるっぱげ)などの別名もある。キムナイヌ フレッシュアイペディアより)

  • 権原

    権原から見たアイヌアイヌ

    樺太は、江戸時代にはロシアと日本との国境線ははっきりとせず、明治政府はアイヌが居住していたという歴史的権原から樺太の領有をロシアに主張した。日露戦争後にポーツマス条約が締結されると、日本はこの条約を領域権原として領有した。その後、サンフランシスコ講和条約により、日本は南樺太に対する一切の権利を放棄したため、現在日本は南樺太の領域権原を有していない。他方、現在南樺太を実効支配しているロシア(ソ連)はサンフランシスコ講和条約に調印していないため、日本政府は、南樺太の帰属は不確定であるとの立場をとっている。権原 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木銃太郎

    鈴木銃太郎から見たアイヌアイヌ

    その後、依田一族による結成された北海道開拓団晩成社の幹部として、開拓地選定調査旅行に随行し、帯広の原野で越冬、現地のアイヌと親交を結んだ。1883年5月に晩成社の移民団を迎え入れた。アイヌ人の食料援助をし、妹カネの夫渡辺勝と共にアイヌの農業指導を札幌権県に進言した。鈴木銃太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 北見温泉

    北見温泉から見たアイヌアイヌ

    アイヌの人々からは「ポンユ(小さい・湯)」と呼ばれ、古くから知られていた。北見温泉 フレッシュアイペディアより)

  • チャシコツ崎

    チャシコツ崎から見たアイヌ民族アイヌ

    ウトロ温泉街の西約2km、オホーツク海に突き出した亀に見立てられる大きな岩の岬。岩全体がアイヌ民族の聖地とされている。チャシコツ崎 フレッシュアイペディアより)

  • 蟠渓温泉

    蟠渓温泉から見たアイヌアイヌ

    古くからアイヌの人々が利用する湯治場であった。温泉名はアイヌ語の温泉名「パンケ・ユ」(川下の温泉)に由来する。蟠渓温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 四十三山

    四十三山から見たアイヌアイヌ

    なお、噴火活動のさなかに虻田のアイヌの長老が5人連れ立ち、有珠山に向けてロルンベ(魔除けの儀式)を行った。四十三山 フレッシュアイペディアより)

1065件中 131 - 140件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード