820件中 11 - 20件表示
  • 河野常吉

    河野常吉から見たアイヌアイヌ

    河野 常吉(こうの つねきち、1863年1月11日 - 1930年9月3日)は、明治大正期の北海道史研究者。アイヌ研究者として名高い河野広道は子、河野本道は孫に当たる。河野常吉 フレッシュアイペディアより)

  • 擦文時代

    擦文時代から見たアイヌアイヌ

    擦文文化からアイヌ文化への移行についてははっきりしたことがわかっていない。これは、確認された遺跡の数の少なさのせいでもあるが、土器が消滅して編年が困難になったせいでもある。11世紀から13世紀(平安時代後期から鎌倉時代後半)に終末を迎えたようである。擦文時代 フレッシュアイペディアより)

  • 青森市歴史民俗展示館 稽古館

    青森市歴史民俗展示館 稽古館から見たアイヌアイヌ

    雪国の暮らし、生活用具、仕事用具、津軽のこぎんざし、南部菱刺、津軽塗、民間信仰、アイヌの文様・工芸などに特徴がある。民具、民芸に関する展示は全国的に見ても充実している部類に入っており、アイヌのタマサイなどのコレクションは北海道以外では最も優れた質量を誇っていた。稽古館にかかわりのある人物のひとりで、館長を務めた在野の民具研究家田中忠三郎は柳宗悦らの民藝運動の流れを汲んでいる。また、三内丸山遺跡出土品をはじめとする青森市の埋蔵文化財の展示室、そして青森空襲と戦後の復興についての展示室もある。2006年を以て閉館された。青森市歴史民俗展示館 稽古館 フレッシュアイペディアより)

  • 春苅島

    春苅島から見たアイヌアイヌ

    江戸時代には、樹木が無いが飲水は有り、アイヌは「夷船」で春苅島へ渡っていたと記されている。春苅島 フレッシュアイペディアより)

  • 多楽島

    多楽島から見たアイヌアイヌ

    江戸時代には「周囲は5里14丁ほどで、平らだが中程は少し高い。柏の小木があるという。海岸は岩がちで、海産物が豊富なためアイヌが小屋を建てて、遅い時期までニシンを採っている」との記録がある。多楽島 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木守

    佐々木守から見たアイヌ民族アイヌ

    日米安保条約成立後の1960年に日本共産党に入党、数ヶ月で離党した経験から、政治思想的には左翼のスタンスであり、後年のインタビューなどでも「今でも機動隊のバスを見かけると怒りがこみ上げて体が熱くなってくるんですよ」「なぜ今の若者は国に怒りを持たないのだろう」等と述懐しているほか、「今の日本の諸悪の根元は天皇制にあります」などと反天皇制思想を明確に表明していた。実際佐々木の代表作『お荷物小荷物』、『アイアンキング』には佐々木の反天皇制思想が垣間見える(前者は琉球王国やアイヌ民族による逆襲、後者は熊襲の子孫による逆襲)。佐々木守 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴルの樺太侵攻

    モンゴルの樺太侵攻から見たアイヌアイヌ

    モンゴルの樺太侵攻(-からふとしんこう)とは、13世紀半ばから14世紀初頭にかけて断続的に行われたモンゴル帝国(元朝)による樺太(サハリン)アイヌ(骨嵬)への攻撃を指す。史料が少ないこともあり、その実体には不明な点が多い。同時期にモンゴルによって日本の九州北部に対して行われた元寇(文永の役・弘安の役)と比較されて「北からの蒙古襲来」「もうひとつの蒙古襲来」「北の元寇」などと呼ばれるが、両者の間に関連性があるかどうかは疑わしい(後述)。モンゴルの樺太侵攻 フレッシュアイペディアより)

  • ソウル・フラワー・ユニオン

    ソウル・フラワー・ユニオンから見たアイヌアイヌ

    以降、日本列島周辺の民謡(ヤマト、沖縄、朝鮮、アイヌ等)や大衆歌謡(壮士演歌、労働歌、革命歌等)、アイリッシュ・トラッドやロマ音楽などのマージナル・ミュージックを、ロックンロール、リズム・アンド・ブルース、スウィング・ジャズ、サイケデリック・ロック、カントリー、レゲエ、パンク・ロックなどと融合させ、現場主義に立脚した、唯一無二の個性的な活動を続けている。ソウル・フラワー・ユニオン フレッシュアイペディアより)

  • 神居古潭

    神居古潭から見たアイヌアイヌ

    石狩川が上川盆地を抜け、石狩平野へと流れていく途中の渓谷にあり、川の流れは細くかつ急になっている。川の最深部は水深70mにも達すると言われている。水上交通に依存していたアイヌにとっては最大の難所であり、しばしば犠牲者が出たこと、あるいは無事な通過を神に祈ることから、カムイコタンという地名になったとする説がある。神居古潭 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマタイカ

    ヤマタイカから見たアイヌアイヌ

    火の民族は、その動乱に揺れる沖縄から遂に「ヤマタイカ」を開始した。相次ぐ火山の噴火による混乱と戦艦「ヤマト」の無敵の活躍は、火の民族に眠っていた魂を揺さぶり、彼らは次々と「ヤマタイカ」へと合流していく。沖縄からはじまった「ヤマタイカ」は九州から本州を北上。また火の民族は、同胞であるアイヌ、蝦夷の民がいる北海道、東北からも、関東へと南下する「ヤマタイカ」を開始せんとする。ヤマタイカ フレッシュアイペディアより)

820件中 11 - 20件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード