1065件中 11 - 20件表示
  • 日本の貿易史

    日本の貿易史から見たアイヌアイヌ

    江戸幕府のもとで貿易が制限されて、四つの口と呼ばれた長崎、対馬藩、薩摩藩、松前藩が貿易を独占した。貿易の相手はオランダ東インド会社や、中国の明・清の商人、李氏朝鮮、琉球王国、アイヌだった。輸出品は貴金属の金、銀、銅が中心で、輸入品の支払いにあてられた。輸入品には生糸、砂糖、漢方薬、高麗人参などがあった。貿易によって国内の貴金属が減少すると、通貨の貴金属含有率を下げる改鋳が行われた。幕府は貴金属流出の対策として貿易量を制限し、現在は輸入代替と呼ばれる政策をとった。日本の貿易史 フレッシュアイペディアより)

  • 月 (暦)

    月 (暦)から見たアイヌアイヌ

    北海道のアイヌが用いた暦が、1892年刊行の『あいぬ風俗略志』(村尾元長 著)に記録された。旧暦の3月から始まる一年に不定期の閏月を設けていた点から、素朴な太陰太陽暦と考えられる。自然現象や生活行動に基づく各月の名や、日照時間が長くなり始める月から一年が始まる特徴は、アメリカのイロコイ族が用いた暦にも共通する。月 (暦) フレッシュアイペディアより)

  • 古モンゴロイド

    古モンゴロイドから見たアイヌアイヌ

    古モンゴロイドは、新モンゴロイドと比較して低めの身長、彫の深い顔、二重瞼、体毛が多いこと、湿った耳垢、波状の頭髪などの形質を持つと考えられている。古モンゴロイドに属すアイヌは、彫が深い、毛深いなど和人とは異質の特徴から、かつてはコーカソイドと考えられたこともあったが、これはコーカソイド特有の形質ではなく、新モンゴロイド以外の多くの人種に共通する形質である。古モンゴロイド フレッシュアイペディアより)

  • 市民外交センター

    市民外交センターから見たアイヌ民族アイヌ

    ?アイヌ民族と琉球民族(沖縄)への国際連合参加支援市民外交センター フレッシュアイペディアより)

  • 音威子府村

    音威子府村から見たアイヌアイヌ

    1857年(安政4年)に松浦武四郎が天塩川流域を訪れ、現在の音威子府村筬島(おさしま)付近でアイヌの長老の元に宿泊、それによりアイヌによる北海道(蝦夷地)の通称「カイナー」の意味を知る。「カイ」はこの国に生まれた者、「ナー」は尊称であった。アイヌと深い交流のあった松浦武四郎は、蝦夷地を命名する際に「アイヌの国」を意味する「カイ」を取り入れ「北加伊道」という名を提案、これがのちに「北海道」となった。しかし近代から現代のアイヌ語研究では「カイ」に「この国に生まれた者」という意味は見出せず、この記述は謎の一つとなっている。(北海道も参照。)音威子府村 フレッシュアイペディアより)

  • ハプログループD1b (Y染色体)

    ハプログループD1b (Y染色体)から見たアイヌアイヌ

    ハプログループD1b(D-M64.1)は、日本列島で観察される。日本人の約32%~39%にみられ、アイヌの80%以上もこれに属する。沖縄や奄美大島や日本全土で大多数を占める。ハプログループD1bは、日本で誕生してから3.8-3.7万年ほど経過していると考えられている。ハプログループD1b (Y染色体) フレッシュアイペディアより)

  • 宇梶剛士

    宇梶剛士から見たアイヌアイヌ

    母親の宇梶静江はアイヌの詩人・古布絵作家で、民族運動家でもある。この事情から母は家庭不在のことが多く、青年期まで確執があったことや、高校での部活や学校の実態に対する反発が不良になった原因であると著書やメディアで自ら述べている。浦川治造は叔父に当たる。宇梶剛士 フレッシュアイペディアより)

  • 河野常吉

    河野常吉から見たアイヌアイヌ

    河野 常吉(こうの つねきち、1863年1月11日(文久2年11月22日) - 1930年(昭和5年)9月3日)は、明治大正期の北海道史研究者。アイヌ研究者として名高い河野広道は子、河野本道は孫に当たる。河野常吉 フレッシュアイペディアより)

  • 安東ウメ子

    安東ウメ子から見たアイヌアイヌ

    安東 ウメ子(あんどう うめこ、1932年11月20日 ‐ 2004年7月15日)は、北海道帯広市フシココタン出身のアイヌの音楽家。安東ウメ子 フレッシュアイペディアより)

  • 青森市歴史民俗展示館 稽古館

    青森市歴史民俗展示館 稽古館から見たアイヌアイヌ

    雪国の暮らし、生活用具、仕事用具、津軽のこぎんざし、南部菱刺、津軽塗、民間信仰、アイヌの文様・工芸などに特徴がある。民具、民芸に関する展示は全国的に見ても充実している部類に入っており、アイヌのタマサイなどのコレクションは北海道以外では最も優れた質量を誇っていた。稽古館にかかわりのある人物のひとりで、館長を務めた在野の民具研究家田中忠三郎は柳宗悦らの民藝運動の流れを汲んでいる。また、三内丸山遺跡出土品をはじめとする青森市の埋蔵文化財の展示室、そして青森空襲と戦後の復興についての展示室もあるなど、約1万6000点の資料が収蔵されていたが、2006年1月31日を以て閉館された。青森市歴史民俗展示館 稽古館 フレッシュアイペディアより)

1065件中 11 - 20件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード