820件中 21 - 30件表示
  • フンベシスターズ

    フンベシスターズから見たアイヌアイヌ

    フンベシスターズ(HUNPE SISTERS)は、日本のアイヌ女性トリオによるアイヌ音楽グループである。芸能活動はフリーランスで行なう。フンベシスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 函館港

    函館港から見たアイヌアイヌ

    函館湾内の箱館一帯はかつて宇須岸(うすけし)と呼ばれ、15世紀には河野氏がいた。アイヌの攻撃を受けて一時後退したが16世紀初頭には宇須岸には若狭国から毎年3回商船が来航し、海岸には問屋が並んでいた。宇須岸は天然の良港で「纜知らずの湊」とも呼ばれて交易が盛んになったが1512年(永正9年)にはアイヌに攻撃され、その後は和人は松前と上ノ国に集まり宇須岸は衰退したという函館港 フレッシュアイペディアより)

  • 向井豊昭

    向井豊昭から見たアイヌアイヌ

    玉川大学文学部通信教育課程で教員免許を取得し、アイヌ・モシリの小学校で25年間働いた後、東京へ「逃亡」する。向井豊昭 フレッシュアイペディアより)

  • 安東氏

    安東氏から見たアイヌアイヌ

    また、『日蓮聖人遺文』の「種種御振舞御書」には建治元年(1275年)のこととして「安藤五郎は因果の道理を弁へて堂塔多く造りし善人也。いかにとして頸をばゑぞにとられぬるぞ。」との記載がある。これを、真言宗に改宗したためアイヌに殺害されたとする意見もあるが、この頃元が樺太アイヌを攻撃したことが元史に記録されており(モンゴルの樺太侵攻参照)、ここでいう「ゑぞ」をアイヌではなく広く北方の異民族と解し、安藤氏がアイヌを率いて元に討たれたのではないかと推察する説もある。安東氏 フレッシュアイペディアより)

  • アイヌの歴史

    アイヌの歴史から見たアイヌアイヌ

    アイヌの歴史(アイヌのれきし)とは、アイヌ語で言うところのアイヌモシリ(日本列島の北海道島・千島列島および樺太島)の先住民族の一つであるアイヌの歴史である。アイヌの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本帝国

    大日本帝国から見たアイヌアイヌ

    日持上人が訪れるなど、古くは鎌倉時代から日本との関わりがあり、江戸時代は松前藩の陣屋やアイヌなどとの交易場所なども設けられていたが、樺太島仮規則などの不平等条約でロシアとの雑居地とされた後、1875年、千島樺太交換条約によりロシアに譲渡。1905年、日露戦争(樺太作戦)で占領し、同年のポーツマス条約(日露講和条約、明治38年勅令号外)により北緯50度以南を割譲させ回復。1943年内地に編入した(昭和18年法律第85号)。樺太庁を参照。大日本帝国 フレッシュアイペディアより)

  • 樺太

    樺太から見たアイヌアイヌ

    樺太の先住民には、アイヌ、ウィルタ、ニヴフといった北方少数民族がいる。このうちアイヌに関しては、南樺太に居住し日本国籍を与えられていたために、ソ連による樺太占領後は残留意思を持った者を除き北海道に送還されている(現在の樺太住民の中にはアイヌを名乗る者が若干名存在するものの、統計が取られていないために詳細は不明)。樺太 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸時代

    江戸時代から見たアイヌアイヌ

    田沼は、それまでの農業依存体質を改め、重商主義政策を実行に移した。商品生産・流通を掌握し、物価を引き下げるため手工業者の仲間組織を株仲間として公認、奨励して、そこに運上・冥加などを課税した。銅座・朝鮮人参座・真鍮座などの座を設け、専売制を実施した。町人資本による印旛沼・手賀沼の干拓事業、さらに長崎貿易を推奨し、特に俵物など輸出商品の開発を通じて金銀の流出を抑えようとした。また、蘭学を奨励し、工藤平助らの提案によって最上徳内を蝦夷地に派遣し、新田開発や鉱山開発さらにアイヌを通じた対ロシア交易の可能性を調査させた。江戸時代 フレッシュアイペディアより)

  • 縄文人

    縄文人から見たアイヌアイヌ

    ミトコンドリアDNA(母系)の分析による縄文人のルーツ解明が父系以前から試みられている。宝来聡によると、東南アジアの少数民族と現代のアイヌおよび琉球弧人が共通の因子を持つとされ、形質人類学においてこの両者と縄文人が特に近いとされることから、縄文人のルーツの一つに東南アジアの旧石器時代人が存在したとの見方が可能である。縄文人 フレッシュアイペディアより)

  • 叙事詩

    叙事詩から見たアイヌアイヌ

    現存する最古の文学作品と呼ばれる『ギルガメシュ叙事詩』もその名の示すとおり叙事詩である。西欧文学の古典で叙事詩と言われるものには、古代において『イリアス』や『オデュッセイア』『労働と日々』、中世において『ベオウルフ』、『ニーベルンゲンの歌』、『ローランの歌』などがある。アジアでは『マハーバーラタ』、『ラーマーヤナ』など。民族叙事詩として有名なものには、『シャー・ナーメ』(イラン)、『ウズ・ルジアダス』(ポルトガル)、『カレワラ』(フィンランド)、『ユーカラ』(アイヌ)などがある。文献学者のエーリヒ・アウエルバッハは古代の叙事詩文体として、ホメーロスの『オデュッセイア』と旧約聖書のイサクの燔祭の2つをあげて比較した。叙事詩 フレッシュアイペディアより)

820件中 21 - 30件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード