1065件中 21 - 30件表示
  • 向井豊昭

    向井豊昭から見たアイヌアイヌ

    玉川大学文学部通信教育課程で教員免許を取得し、「アイヌ・モシリ」(初任は静内町)の小学校で25年間働いた後、東京へ「逃亡」する。向井豊昭 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢屏山

    平沢屏山から見たアイヌアイヌ

    [[ファイル:AinuBearSacrificeCirca1870.jpg|『蝦夷島奇観』模写(大英博物館蔵、原本は村上島之允(秦檍麿)画)の一部。イオマンテの場面。|350px|thumb]]平沢 屏山(ひらさわ びょうざん(へいざん)、文政5年8月10日(1822年)9月24日) - 明治8年(1876年)8月2日は、江戸時代末期から明治にかけて日本の絵師。本名は国太郎、または助作。屏山は号。アイヌの生活をモチーフに数々の作品を描き、アイヌ絵を代表する絵師とされている。平沢屏山 フレッシュアイペディアより)

  • イケマ

    イケマから見たアイヌアイヌ

    毒草であるが、昔から生薬として用いられ、アイヌたちにとっては護身用として大切にされた。地下には長く太い根茎があり、アルカロイドを含み毒性がある。イケマ フレッシュアイペディアより)

  • 金成マツ

    金成マツから見たアイヌアイヌ

    金成 マツ(かんなり まつ、1875年11月10日 - 1961年4月6日)は北海道幌別郡(現:登別市千歳町)出身のアイヌ女性。正しい和名は金成 广知(まち)。アイヌ名は'または、'。の伝承者として高名である。金成マツ フレッシュアイペディアより)

  • 姫田忠義

    姫田忠義から見たアイヌアイヌ

    1968年にはアイヌ文化研究者の萱野茂と出会い、アイヌの深い精神文化を教えられて感銘を受ける。その後、萱野の著書執筆への協力活動や、萱野のアイヌ文化復興活動を映像におさめるなど、生涯にわたる交流を続けることになる。姫田忠義 フレッシュアイペディアより)

  • 星・星座に関する方言

    星・星座に関する方言から見たアイヌアイヌ

    なお、アイヌ民族が用いるアイヌ語は日本語の方言ではなく別の言語であるが、特別にこの項目で取り扱うものとする。星・星座に関する方言 フレッシュアイペディアより)

  • ポー川 (日本)

    ポー川 (日本)から見たアイヌアイヌ

    河口付近には、広さ542haの標津町ポー川史跡自然公園があり、公園には天然記念物の標津湿原と国の史跡伊茶仁カリカリウス遺跡(いちゃに-)などがある。この遺跡は縄文時代、北海道で栄えた続縄文文化や擦文文化、北方民族による文化といわれるオホーツク文化、アイヌ文化の遺跡である。現在、1500以上の竪穴住居跡、集落跡、アイヌの砦(チャシ)跡などが保存、一部再現されている。ポー川 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ革命論

    アイヌ革命論から見たアイヌアイヌ

    アイヌ革命論(アイヌかくめいろん)とは、日本の新左翼の政治思想の一つである。70年安保が終わった直後に勃興した窮民革命論の亜種で、アイヌに焦点を当てたもの。特に左翼思想家太田竜の1973年刊の著書と行動によってその名前は有名になった。アイヌ革命論 フレッシュアイペディアより)

  • 春苅島

    春苅島から見たアイヌアイヌ

    江戸時代には、樹木が無いが飲水は有り、アイヌは「夷船」で春苅島へ渡っていたと記されている。春苅島 フレッシュアイペディアより)

  • 多楽島

    多楽島から見たアイヌアイヌ

    江戸時代には「周囲は5里14丁ほどで、平らだが中程は少し高い。柏の小木があるという。海岸は岩がちで、海産物が豊富なためアイヌが小屋を建てて、遅い時期までニシンを採っている」との記録がある。多楽島 フレッシュアイペディアより)

1065件中 21 - 30件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード