1065件中 31 - 40件表示
  • 夏子の冒険

    夏子の冒険から見たアイヌアイヌ

    夏子の母、伯母、祖母が付き添って北海道の函館へと旅立った。ふと夏子は上野駅で、猟銃を背負い、目の輝きが他の人と違う青年を見かけた。彼は夏子と同じ青森から出帆した青函連絡船にも乗っていた。2人は甲板で言葉を交わし、次の日、函館で会う流れになった。彼・井田毅は一昨年、千歳に近いアイヌ部落・蘭越コタンで知り合った16歳の和人の少女・秋子と結婚を誓い帰京したが、その直後、秋子は無残にも熊に手足をバラバラにされ殺されてしまったのだった。毅はその4本指の人喰い熊を仇討ちするために、休暇をとって再び北海道に来たのだった。夏子は毅の話を聞いて、自分も熊退治について行くと言い出した。最初は何とか夏子をまこうとした毅だったが、決心のゆらがない夏子に根負けし、お供させることとなった。夏子の冒険 フレッシュアイペディアより)

  • アイヌの歴史

    アイヌの歴史から見たアイヌアイヌ

    アイヌの歴史(アイヌのれきし)とは、アイヌ語で言うところのアイヌモシリ(日本列島の北海道島・千島列島および樺太島とカムチャツカ半島)の先住民族の一つであるアイヌの歴史である。アイヌの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマタイカ

    ヤマタイカから見たアイヌアイヌ

    火の民族は、その動乱に揺れる沖縄から遂に「ヤマタイカ」を開始した。相次ぐ火山の噴火による混乱と戦艦「ヤマト」の無敵の活躍は、火の民族に眠っていた魂を揺さぶり、彼らは次々と「ヤマタイカ」へと合流していく。沖縄からはじまった「ヤマタイカ」は九州から本州を北上。また火の民族は、同胞であるアイヌ、蝦夷の民がいる北海道、東北からも、関東へと南下する「ヤマタイカ」を開始せんとする。ヤマタイカ フレッシュアイペディアより)

  • 松前藩

    松前藩から見たアイヌアイヌ

    江戸時代初期の領地は、現在の北海道南西部。渡島半島の和人地に限られた。残る北海道にあたる蝦夷地は、しだいに松前藩が支配を強めて藩領化した。藩と藩士の財政基盤は蝦夷地のアイヌとの交易独占にあり、農業を基盤にした幕藩体制の統治原則にあてはまらない例外的な存在であった。江戸時代後期からはしばしば幕府に蝦夷地支配をとりあげられた。松前藩 フレッシュアイペディアより)

  • 国後島

    国後島から見たアイヌ人アイヌ

    1600年以前、アイヌ人が、居住していたのは確実である。なお、アイヌ人の居住以前に「オホーツク系」とされている民族が先住していたとされている。チャシが建設されていた。さらに、「オホーツク系」とされている民族の前には、縄文文化を持った縄文人が先史時代から居住した。なお「オホーツク系」とされている民族が暮らしていた時代は、考古学上、比較的短期間である。国後島 フレッシュアイペディアより)

  • 国後島

    国後島から見たアイヌアイヌ

    島の名前の由来は、アイヌ語の「クンネ・シリ(黒い・島→黒い島)」または「キナ・シリ/キナ・シル(草の・島→草の島)」からであるが、どちらが本当の由来かははっきりとしていない。この島に先住していたアイヌ人はアイヌ語で「クナシル」と呼んでおり、日本語名もロシア語名も国際標記もこれに起源を持つ。国後島 フレッシュアイペディアより)

  • フンベシスターズ

    フンベシスターズから見たアイヌアイヌ

    フンベシスターズ(HUNPE SISTERS)は、日本のアイヌ女性トリオによるアイヌ音楽グループである。芸能活動はフリーランスで行なう。フンベシスターズ フレッシュアイペディアより)

  • ショヤコウジ兄弟の戦い

    ショヤコウジ兄弟の戦いから見たアイヌアイヌ

    ショヤコウジ兄弟の戦い(-きょうだいのたたかい)は、1515年または1519年に北海道南部で発生した、アイヌ首長・ショヤコウジ(庶野訇峙)兄弟と蠣崎光広との戦いである。ショヤコウジ兄弟の戦い フレッシュアイペディアより)

  • オホーツク文化

    オホーツク文化から見たアイヌアイヌ

    オホーツク文化は、後期に擦文文化の要素を取り入れるようになった。トビニタイ文化の時代に擦文文化の要素はさらに強くなり、両方の文化要素の混在が見られるようになった。また、後のアイヌ文化の中には、熊の崇拝のようなオホーツク文化にあって擦文文化にない要素がある。そのため、この方面のオホーツク人は、擦文文化の担い手とともにアイヌ文化を形成したと考えられている。オホーツク文化 フレッシュアイペディアより)

  • 口琴

    口琴から見たアイヌアイヌ

    日本においては近世後半の蝦夷地(現在の北海道)や東北の一部(津軽、磐城など)でアイヌ民族が好んで用い、近世中期には奥州磐城の岩城八幡神社(現在のいわき市飯野八幡)の夏祭りに売られていたという享保期以前の記録(内藤義英『露沾俳句集』引用文。『磐城誌料歳時風俗記』所収)がある。また、文政7?8年(1824?1825)には江戸市中で「ビヤボン」「琵琶笛(びやぼん、びわぼん)」という鉄製口琴が大流行し、金権政治に対する風刺的な口唱歌(くちしょうが)や落首の存在もあってお上から禁止となった記録もある。近代以降はメジャーな楽器ではなかったものの、そのビヨ?ンという独特の音色は、飛び跳ねる動き等を表す効果音としてラジオや映画、テレビ、音楽等でしばしば使われ、多くの人が耳にしている。口琴 フレッシュアイペディアより)

1065件中 31 - 40件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード