820件中 31 - 40件表示
  • 洞爺湖

    洞爺湖から見たアイヌアイヌ

    の名にした。アイヌの人々は洞爺湖のことを「キムント(キム・ウン・ト)」(山の湖)と呼んでいた。地元では「どうや」と呼ばれることもある。洞爺湖 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の民族問題

    日本の民族問題から見たアイヌ民族アイヌ

    各集団が抱える問題は、当該記事を参照のこと。なお、日本政府が国際人権規約に基づく国際連合への報告書に、同規約第27条に該当する少数民族として記載しているのはアイヌ民族のみである。日本の民族問題 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道

    北海道から見たアイヌアイヌ

    この島の先住民であるアイヌの言葉(アイヌ語)では「」(、「人間の住む土地」の意)と呼ばれる。日本人(和人)は近代に至るまでアイヌを蝦夷(えぞ)、その土地を蝦夷地(えぞち)もしくは北州、十州島などと呼んでいたが、明治政府は開拓使の設置に伴い名称の変更を検討し、蝦夷地探査やアイヌとの交流を続けていた松浦武四郎は政府に建白書を提出、「北加伊(きたかい)道」「海北道」「海東道」「日高見(ひたかみ)道」「東北道」「千島道」の6案を提示した。結局「北加伊道」を基本として採用し、海北道との折衷案として、また、律令制時代の五畿七道の東海道、南海道、西海道の呼称に倣う形として「北海道」と命名された。なお、松浦は建白書において「北加伊道」案はアイヌが自らを「カイ」と呼んでいることから考案したと説明しているが、言語学者の金田一京助は、当時のそのような事実を示す証拠は見つかっていないと唱えている。北海道 フレッシュアイペディアより)

  • 入れ墨

    入れ墨から見たアイヌ民族アイヌ

    日本の縄文時代に作成された土偶の表面に見られる文様は、世界的に見ても古い時代の入れ墨を表現したものと考えられており、縄文人と文化的関係が深いとされる蝦夷やアイヌ民族の間に入れ墨文化が存在(後述)したため、これも傍証とされる。入れ墨 フレッシュアイペディアより)

  • 少数民族

    少数民族から見たアイヌアイヌ

    少数民族と、多数派および国民国家との関係は多種多様である。クルド人のように、特定地域では多数派を占めているにもかかわらず民族国家を持たないために独立を求めて争いを起こす場合もあるが、そうでない場合は多数派民族の影響下で共存していくことになる。日本におけるアイヌ、中国における満州族などのように、多数派民族の圧倒的影響力によって、その独自性を徐々に失いつつある民族もある一方、ユダヤ人のように多数派の民族に同化されず独自性を保ち、少数派であっても強い社会的影響力を持ってきた少数民族もある。少数民族 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史地震

    歴史地震から見たアイヌアイヌ

    江戸時代以降は町人らの記録も見受けられるようになり全国各地の豊富な被害記録が残されている。しかし、依然、巨大地震の数が多いと考えられる北海道における記録は乏しい。これは、先住民のアイヌが文字を持たなかったため、記録は口伝に頼る他が無かったことによる。また、文字を持っていた和人も江戸時代、北海道の僻地までは住んでおらず、またアイヌと和人の両者は、敵対的な関係であった時代も長かったため、情報が和人の元に集まらなかった事も影響していると思われる。この時代には、慰霊のため、地震の被害者を供養した寺社などの施設がいくつも建てられ、今に残っているものも少なくない。歴史地震 フレッシュアイペディアより)

  • アファーマティブ・アクション

    アファーマティブ・アクションから見たアイヌアイヌ

    補助措置といえるが、明治時代の1899年に、松前藩によって弱者となっていた北海道の先住民であるアイヌを救済し保護するとの名目で、北海道旧土人保護法が制定された。これは和人とアイヌとの間の格差を是正し、「同じ日本人」となるような同化政策を行っていくために制定された法律であった。1997年にアイヌ文化振興法の成立に伴い廃止となった。アファーマティブ・アクション フレッシュアイペディアより)

  • ニヴフ

    ニヴフから見たアイヌアイヌ

    ニヴフ、Nivkh(ロシア語での複数形はニヴヒ、Nivkhi)は、樺太中部以北及び対岸のアムール川下流域に住む少数民族。古くはギリヤーク、Gilyak(ロシア語での複数形はGilyaki)と呼ばれた。アイヌやウィルタと隣り合って居住していたが、ウィルタ語の属するツングース諸語ともアイヌ語とも系統を異にする固有の言語ニヴフ語を持つ。アムール川流域のニヴフ語と樺太のニヴフ語は大きく異なる。ニヴフ フレッシュアイペディアより)

  • 羅処和島

    羅処和島から見たアイヌアイヌ

    1805年(文化2年)9月?1806年(文化3年)2月18日、継右衛門ら慶祥丸の漂流民6名がアイヌやロシア人ズヴェズドチョトフと共に滞在。羅処和島 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽の王子 ホルスの大冒険

    太陽の王子 ホルスの大冒険から見たアイヌアイヌ

    アイヌの伝承をモチーフにした深沢一夫の戯曲(人形劇)『チキサニの太陽』を基とし、舞台を「さむい北国のとおいむかし」として製作された。太陽の王子 ホルスの大冒険 フレッシュアイペディアより)

820件中 31 - 40件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード