820件中 41 - 50件表示
  • 白老町

    白老町から見たアイヌアイヌ

    この地には日本人が入植するはるか以前から、アイヌコタン(アイヌの大集落)があった。白老町 フレッシュアイペディアより)

  • 夏子の冒険

    夏子の冒険から見たアイヌアイヌ

    夏子の母、伯母、祖母が付き添って北海道の函館へと旅立った。ふと夏子は上野駅で、猟銃を背負い、目の輝きが他の人と違う青年を見かけた。彼は夏子と同じ青森から出帆した青函連絡船にも乗っていた。二人は甲板で言葉を交わし、次の日、函館で会う流れになった。彼・井田毅は一昨年、千歳に近いアイヌ部落・蘭越コタンで知り合った16歳の和人の少女・秋子と結婚を誓い帰京したが、その直後、秋子は無残にも熊に手足をバラバラにされ殺されてしまったのだった。毅はその四本指の人喰い熊を仇討ちするために、休暇をとって再び北海道に来たのだった。夏子は毅の話を聞いて、自分も熊退治について行くと言い出した。最初は何とか夏子をまこうとした毅だったが、決心のゆらがない夏子に根負けし、お供させることとなった。夏子の冒険 フレッシュアイペディアより)

  • 安東ウメ子

    安東ウメ子から見たアイヌアイヌ

    安東 ウメ子(あんどう うめこ、1932年11月20日 ‐ 2004年7月15日)は、北海道帯広市フシココタン出身のアイヌの音楽家。安東ウメ子 フレッシュアイペディアより)

  • 金成マツ

    金成マツから見たアイヌアイヌ

    金成 マツ(かんなり まつ、1875年11月10日 - 1961年4月6日)は北海道幌別郡(現:登別市千歳町)出身のアイヌ女性。正しい和名は金成 广知(まち)。アイヌ名は'または、'。の伝承者として高名である。金成マツ フレッシュアイペディアより)

  • 札幌市

    札幌市から見たアイヌアイヌ

    日本最北の政令指定都市で、全国の市で4番目の人口を有する北海道の政治・経済の中心的都市。北海道庁所在地。江戸時代、松前藩によって開かれた石狩十三場所のうち五場所が集中し、幕末ころまでは蝦夷(アイヌ)との交易が行われる土地であったが、明治時代に置かれた北海道開拓使によって、京都あるいは、アメリカ合衆国のタウンシップ制 をモデルとした碁盤目状の計画都市として本格的に開発された。1972年の札幌オリンピック開催を機に観光都市としても世界的に知られるようになった。札幌市 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市

    旭川市から見たアイヌアイヌ

    旭川の語源は諸説あるが、市の中心部に流れる忠別川をアイヌの人々がチウ・ペツ(波のある川、波立つ川)と呼んでおり、これを聞き誤ってチュッ・ペツ(日の川)したことから「旭川」という呼ばれるようになったという説もある。旭川市 フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ文化

    アイヌ文化から見たアイヌアイヌ

    アイヌ文化(アイヌぶんか)とは、アイヌが13世紀(鎌倉時代後半)ころから現在までに至る歴史の中で生み出してきた文化である。現在では、大半のアイヌは同化政策の影響もあり、日本においては日常生活は表面的には和人と大きく変わらない。しかし、アイヌであることを隠す人達もいる中、アイヌとしての意識は、その血筋の人々の間では少なからず健在である。アイヌとしての生き方はアイヌプリとして尊重されている。アイヌ独特の文様(アイヌ文様)や口承文芸(ユーカラ)は、北海道遺産として選定されている。前時代の擦文文化とアイヌ文化の違いについては、「蝦夷」の項を参照。アイヌ文化 フレッシュアイペディアより)

  • クナシリ・メナシの戦い

    クナシリ・メナシの戦いから見たアイヌアイヌ

    クナシリ・メナシの戦い(クナシリ・メナシのたたかい)(「国後・目梨の戦い」と表記されることもある)とは、1789年(寛政元年)に東蝦夷地(北海道東部、道東)で起きたアイヌと和人の衝突。事件当時は「寛政蝦夷蜂起」と呼ばれた。クナシリ・メナシの戦い フレッシュアイペディアより)

  • オホーツク文化

    オホーツク文化から見たアイヌアイヌ

    9世紀に北海道北部では擦文文化の影響が強まり、オホーツク文化は消滅した。同じ頃、北海道東部ではオホーツク文化を継承しながら擦文文化の影響を受けたトビニタイ文化が成立した。樺太ではオホーツク文化がなお続き、アイヌ文化の進出によって消えたと考えられるが、その様相ははっきりしていない。オホーツク文化 フレッシュアイペディアより)

  • ポー川 (日本)

    ポー川 (日本)から見たアイヌアイヌ

    河口付近には、広さ542haの標津町ポー川史跡自然公園があり、公園には天然記念物の標津湿原と国の史跡伊茶仁カリカリウス遺跡(いちゃに-)などがある。この遺跡は縄文時代、北海道で栄えた続縄文文化や擦文文化、北方民族による文化といわれるオホーツク文化、アイヌ文化の遺跡である。現在、1500以上の竪穴住居跡、集落跡、アイヌの砦(チャシ)跡などが保存、一部再現されている。ポー川 (日本) フレッシュアイペディアより)

820件中 41 - 50件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード