1065件中 51 - 60件表示
  • 叙事詩

    叙事詩から見たアイヌアイヌ

    現存する最古の文学作品と呼ばれる『ギルガメシュ叙事詩』もその名の示すとおり叙事詩である。西欧文学の古典で叙事詩と言われるものには、古代において『イリアス』や『オデュッセイア』『労働と日々』、中世において『ベーオウルフ』、『ニーベルンゲンの歌』、『ローランの歌』などがある。アジアでは『マハーバーラタ』、『ラーマーヤナ』など。民族叙事詩として有名なものには、『シャー・ナーメ』(イラン)、『ウズ・ルジアダス』(ポルトガル)、『カレワラ』(フィンランド)、『マナス』(キルギス)、『ユーカラ』(アイヌ)などがある。文献学者のエーリヒ・アウエルバッハは古代の叙事詩文体として、ホメーロスの『オデュッセイア』と旧約聖書のイサクの燔祭の2つをあげて比較した。叙事詩 フレッシュアイペディアより)

  • 阿寒町

    阿寒町から見たアイヌアイヌ

    アイヌ圏が形成されていく。アイヌ民族最大のコタンがある。工芸品もあり、伝統料理も食べられる。阿寒町 フレッシュアイペディアより)

  • 占守島

    占守島から見たアイヌアイヌ

    1711年及び1713年、ロシア人ダニラ・ヤコヴレヴィチ・アンツィフェーロフ()と()が占守島に上陸し、住民のアイヌからサヤーク(毛皮税)を取り立てた。占守島 フレッシュアイペディアより)

  • ニール・ゴードン・マンロー

    ニール・ゴードン・マンローから見たアイヌアイヌ

    日本人女性と結婚し、1905年(明治38年)に日本に帰化した。1932年(昭和7年)北海道沙流郡平取町二風谷に住所を移し、医療活動に従事する傍らアイヌの人類研究、民族資料収集を行った。ニール・ゴードン・マンロー フレッシュアイペディアより)

  • 砂澤陣

    砂澤陣から見たアイヌアイヌ

    砂澤 陣(すなざわ じん、1963年 - )旧名 砂澤アウタは日本の工芸家、アイヌ著述家。「後進民族アイヌ」ブログ管理人。砂澤陣 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴルの樺太侵攻

    モンゴルの樺太侵攻から見たアイヌアイヌ

    モンゴルの樺太侵攻(モンゴルのからふとしんこう)とは、13世紀半ばから14世紀初頭にかけて断続的に行われたモンゴル帝国(元朝)による樺太(サハリン)アイヌ(骨嵬)への攻撃を指す。史料が少ないこともあり、その実体には不明な点が多い。同時期にモンゴルによって日本の九州北部に対して行われた元寇(文永の役・弘安の役)と比較されて「北からの蒙古襲来」「もうひとつの蒙古襲来」「北の元寇」などと呼ばれるが、両者の間に関連性があるかどうかは疑わしい(後述)。モンゴルの樺太侵攻 フレッシュアイペディアより)

  • ソウル・フラワー・ユニオン

    ソウル・フラワー・ユニオンから見たアイヌアイヌ

    以降、日本列島周辺に住む民族の民謡(ヤマト、琉球、朝鮮、アイヌ等)や大衆歌謡(壮士演歌、労働歌、革命歌等)、アイリッシュ・トラッドやロマ音楽などのマージナル・ミュージックをロックンロール、リズム・アンド・ブルース、スウィング・ジャズ、サイケデリック・ロック、カントリー、レゲエ、パンク・ロックなどと融合させた音楽を展開する。ソウル・フラワー・ユニオン フレッシュアイペディアより)

  • 樺太

    樺太から見たアイヌアイヌ

    樺太の先住民には、南部のアイヌ、東岸中部以北のウィルタ、北部のニヴフといった北方少数民族がいる。1905年から1945年までの日本統治下の南樺太では樺太庁はアイヌを除く樺太先住民(ウィルタ、ニヴフなど)は戸籍法上は樺太土人と扱って内地人と区別されていたが、日本国籍を付与していた(樺太アイヌは当初は樺太土人として内地人と区別されていたが、1932年1月に戸籍法上は内地人と同じとなった)。樺太の先住民は南樺太に居住して日本国籍を与えられていたために、ソ連による樺太占領後は残留意思を持った者を除き北海道に送還されている。日本では終戦後の1945年にアイヌを除く樺太先住民の参政権が停止されたものの、1952年のサンフランシスコ平和条約発効の際に就籍という形で参政権を回復した。現在の樺太住民の中にはアイヌを名乗る者が若干名存在するものの、統計が取られていないために詳細は不明である。樺太 フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ民族博物館

    アイヌ民族博物館から見たアイヌアイヌ

    アイヌ民族博物館は、アイヌ民族に関する有形・無形の資料を専門に展示・保存し、調査研究、教育普及事業を総合的に行う社会教育施設として、白老町民はじめ広域の人々に利用してもらい、学術及び文化の発展に寄与することを目的としている。野外博物館の性格を持つ園内にはアイヌの住家であったチセやプ(食料庫)、ヘペレセッ(ヒグマの飼養檻)、チプ(丸木舟)などを復元・展示してコタン(集落)を再現している。博物館ではアイヌ民族の資料約5,000点、北方少数民族資料の約250点を収蔵しており、約800点を常設展示している。また、アイヌ絵や文書約150点、図書約7,500冊を所蔵している。文化伝承・保存事業としてイオマンテなどの伝統儀礼を実施ているほか、伝統工芸の機織りやキナ(ゴザ)編み、民族衣服の製作、アイヌ文様の刺繍なども常時実施・公開しており、アイヌ文化に触れることができる体験学習を行っている。アイヌ民族博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 弁天島 (稚内市)

    弁天島 (稚内市)から見たアイヌアイヌ

    周囲の岩礁や暗礁には海鳥が多くみられ、また周辺の海域はコンブやウニの産地である。島はトドの上陸地となっており、1980年代の調査では50頭ないしは60頭のトドが確認されている。その後は頭数が減少し多い時でも20頭ほどにとどまっていたが、2004年(平成16年)頃から増加し、2006年(平成18年)の調査で120頭、2017年(平成29年)には2,000頭のトドが上陸確認されて、同島と周辺海域で約6,000頭が確認されている。宗谷アイヌに伝わる民話にトドを主人公とするものがあり、話の中で「サンナイの沖の島」にいたトドは「ポノサマイクル」に銛を打たれている。弁天島 (稚内市) フレッシュアイペディアより)

1065件中 51 - 60件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード