820件中 51 - 60件表示
  • ニングル

    ニングルから見たアイヌアイヌ

    ニングルは、アイヌの伝承における小人。倉本聰のいくつかの小説に森の妖精として登場し、小説の題名ともなり、演劇化もされている。倉本の小説においては、富良野地方のアイヌの民話に登場するとされるが、民話自体が実在するものかは不明。ニングル フレッシュアイペディアより)

  • カムイ・イピリマ

    カムイ・イピリマから見たアイヌアイヌ

    アルバムのタイトルはアイヌ語で「神・自然の耳打ち」を意味する。カムイ・イピリマ フレッシュアイペディアより)

  • 本願寺道路

    本願寺道路から見たアイヌアイヌ

    後に本願寺道路が作られた経路は、従来からアイヌが通行しており、江戸時代には松浦武四郎らがアイヌの案内で通っていた。1869年(明治2年)に札幌に蝦夷地(同年北海道と改称)の本府を置くことが決まると、札幌と箱館(同年函館と改称)を連絡する道路が必要になった。このとき財政難の明治政府は、東本願寺を動かして道路開削を出願させた。本願寺道路 フレッシュアイペディアより)

  • 道南十二館

    道南十二館から見たアイヌアイヌ

    翌1457年(長禄元年)東部の首領コシャマインを中心にアイヌが団結し、和人に向け戦端を開いたコシャマインの戦いが発生すると、十二館のうち10までが落城した。翌1458年(長禄2年)に蠣崎季繁の女婿であった武田信広によってコシャマイン父子が討たれて以降も戦いは散発し、十二館は交戦時の拠点となった。道南十二館 フレッシュアイペディアより)

  • 上野山清貢

    上野山清貢から見たアイヌアイヌ

    北海道札幌郡江別村(現・江別市)生まれ。北海道師範学校図画専科(現北海道教育大学)修了。小学校代用教員として、図画のほか剣道を教える。1911年上京、太平洋画会研究所に学び、黒田清輝、岡田三郎助に教えを受ける。1915年作家・素木しづと結婚。1917年しづが死去し悲嘆に暮れる。関根正二、竹久夢二、津田青楓のほか、谷崎潤一郎、久米正雄、広津和郎ら文学者とも交友する。1924年帝展初入選、1926年より帝展特選を続ける。1929年武蔵野洋画研究所を開く。広田弘毅と親しく、北海道の風景、アイヌなどを描いた。戦後は日展に出品。老衰のため死去。上野山清貢 フレッシュアイペディアより)

  • ショヤコウジ兄弟の戦い

    ショヤコウジ兄弟の戦いから見たアイヌアイヌ

    ショヤコウジ兄弟の蠣崎氏攻撃に先立つ1496年(明応5年)、茂別館がアイヌ軍によって陥落し城主であった安東家政は蠣崎氏の拠点上ノ国へ逃れている。ショヤコウジ兄弟の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 碧川企救男

    碧川企救男から見たアイヌアイヌ

    明治35年(1902年)『小樽新聞』の論説記者になる。北海の地に横行した財閥の土地収奪や、囚人を駆り立て、鉄道線路敷設を強行して、多くの凍死者を続出させた極悪非道な、監獄部屋人夫の惨、先住アイヌの追い立ての残酷さを主題に、鋭くメスを入れ、為政者の猛省を促し、世論喚起を図った碧川企救男 フレッシュアイペディアより)

  • 八木隆一郎

    八木隆一郎から見たアイヌアイヌ

    秋田県能代市出身。本名:八木財一郎。函館商業学校卒。戦前は、プロレタリア演劇運動に身を投じ、左翼劇場、新築地劇団に所属。その後、アイヌを題材にした『熊の唄」が井上正夫の演劇道場で上演され、後に映画化される。戦時中から今井正監督とコンビを組んだ。戦後は新派や新国劇向けの脚本を書き、映画やラジオドラマの脚本を手がけた。女優の八木昌子は実子。八木隆一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 弟子屈町屈斜路コタンアイヌ民俗資料館

    弟子屈町屈斜路コタンアイヌ民俗資料館から見たアイヌアイヌ

    常設展示にはアイヌ民族の生活や歴史に関連した450点の収蔵品が展示されていて、またアイヌの歴史を紹介するビデオの上映も行われている。弟子屈町屈斜路コタンアイヌ民俗資料館 フレッシュアイペディアより)

  • コロボックル説

    コロボックル説から見たアイヌアイヌ

    坪井正五郎は、日本の石器時代、アイヌの祖先の渡来以前の日本に先住民がいたという、モースのいわゆるプレ・アイヌ説を継承し、アイヌの祖先がその先住民を北方へ駆逐したという人種交代説を唱えた。コロボックル説 フレッシュアイペディアより)

820件中 51 - 60件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード