820件中 61 - 70件表示
  • 箱館通宝

    箱館通宝から見たアイヌアイヌ

    蝦夷地は長い間、松前藩領であったが、文化4年(1807年)、海防の強化のため天領となった。これ以後、幕府発行の寛永通寳鉄銭が広く使用されるようになり、アイヌとの交易がさかんとなった。しかし文政4年(1821年)、松前藩領に復帰し鉄銭の使用が禁止され、アイヌとの交易で物々交換において不正が行われるようになり、アイヌから銭貨の使用を求む要望が強まった。その後、アメリカ合衆国と結んだ日米和親条約により箱館港が安政元年(1854年)に開港されることになり、翌年の安政2年(1855年)、再び天領となり箱館奉行がおかれ、交易の便宜のため、鉄銭の鋳造を幕府に上申し安政4年(1857年)閏5月に許可されることになった。箱館通宝 フレッシュアイペディアより)

  • 富原孝

    富原孝から見たアイヌアイヌ

    若い頃からヴァレリーやリルケに傾倒。金子光晴に師事し、新聞記者のかたわら、河邨文一郎らと同人を結成し、詩を次々に発表。特に、アイヌ・コシャマインの戦いを題材にした長篇叙事詩『クオンタインとシクフ』は傑作とされる。「野性」「至上律」「ポエム」「核」同人。1957年に、「赤い呼び屋」と称された神彰のアート・フレンド・アソシエーション(AFA)に参画。制作部長として、木原啓允、工藤精一郎らとともに神彰を支え、数々の国際プロモーションを行う。富原孝 フレッシュアイペディアより)

  • 熊牛原野

    熊牛原野から見たアイヌアイヌ

    更科源蔵(1904?1985) - 詩人、アイヌ文化研究家。弟子屈町字熊牛原野の生まれ。熊牛原野 フレッシュアイペディアより)

  • 岡村吉右衛門

    岡村吉右衛門から見たアイヌアイヌ

    編著 『日本の染織16 アイヌの衣裳』 京都書院美術双書、1993年岡村吉右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • アイヌカイセイ

    アイヌカイセイから見たアイヌアイヌ

    アイヌカイセイは、アイヌ民話に伝わる妖怪。アイヌカイセイ フレッシュアイペディアより)

  • 夷千島王遐叉

    夷千島王遐叉から見たアイヌアイヌ

    夷千島王遐叉の正体を巡っては、高橋公明が1981年、アイヌの部族長説を唱えたことを契機に活発に新説が発表され、現在は海保嶺夫、遠藤巌の安東氏説、村井章介、高橋公明らによる安東氏の存在を前提とした偽使説、長節子による対馬島人による偽使説が並立している。夷千島王遐叉 フレッシュアイペディアより)

  • 旧土人給与地

    旧土人給与地から見たアイヌアイヌ

    旧土人給与地(きゅうどじんきゅうよち)とは、1899年(明治32年)公布された北海道旧土人保護法第一条「北海道旧土人ニシテ農業ニ従事セムト欲スル者ニハ一戸ニ付土地一万五千坪以内ヲ限リ無償下付スルコトヲ得」の規定にもとづきアイヌ民族に給与された土地のことをいう。旧土人給与地 フレッシュアイペディアより)

  • オタス

    オタスから見たアイヌアイヌ

    1930年(昭和5年)7月にはそこでオタス土人教育所が建設され、1936年(昭和11年)にはオタス神社が竣成された。原住民に対しては日本語教育等が行われたが、アイヌ以外の先住民族には日本国籍が与えられなかった。オタス フレッシュアイペディアより)

  • 静か餅

    静か餅から見たアイヌアイヌ

    アイヌにも似た伝承があり、炉辺で寝ているとき、地中から粟をつく音が聞こえると、その年は豊作になるといい、臼に綿を入れて搗くようなことが聞こえても豊作、何も入っていない臼を搗くような音なら冷害で不作になるという。静か餅 フレッシュアイペディアより)

  • パヨカカムイ

    パヨカカムイから見たアイヌアイヌ

    パヨカカムイまたはパイカイカムイは、アイヌに伝わる疫病の神。パヨカカムイ フレッシュアイペディアより)

820件中 61 - 70件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード