820件中 71 - 80件表示
  • エゾシカ大量死/記録文書

    エゾシカ大量死/記録文書から見たアイヌアイヌ

    1879年(明治12年)''「今年は豪雪であったため、釧路周辺では数多くの蝦夷鹿の猟獲があり、和人100人余りとアイヌにより10万頭も狩り、1人当たり600頭にもおよんだという」エゾシカ大量死/記録文書 フレッシュアイペディアより)

  • 鷲の爪輪

    鷲の爪輪から見たアイヌアイヌ

    鷲の爪輪(わしのつめわ)とは、アイヌの玩具。鷲の爪輪 フレッシュアイペディアより)

  • 北大人骨事件

    北大人骨事件から見たアイヌアイヌ

    オタスの杜とは戦前に樺太の敷香町郊外にあったウィルタ(オロッコ)やニヴフ(ギリヤーク)など原住民の指定集住地である。かつてアイヌ墓の盗掘が社会問題となったこともあり(後述)、持ち出されたという事実が知られていなかったことから、これらの人骨は無断で持ち出された疑いがある。人骨はアイヌ式の供養がなされた。北大人骨事件 フレッシュアイペディアより)

  • 開拓使仮学校附属北海道土人教育所

    開拓使仮学校附属北海道土人教育所から見たアイヌアイヌ

    北海道土人教育所(開拓使仮学校附属北海道土人教育所)とは開拓使仮学校に付設され、強制的に徴集されたアイヌ民族子弟に対して、皇民化教育を行った施設。開拓使仮学校附属北海道土人教育所 フレッシュアイペディアより)

  • 北見温泉

    北見温泉から見たアイヌアイヌ

    アイヌの人々からは「ポンユ(小さい・湯)」と呼ばれ、古くから知られていた。北見温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬川清子

    瀬川清子から見たアイヌ民族アイヌ

    昭和十八年(1943年)から大妻女子大学非常勤講師に着任 、翌年に第一東京市立中学校を退職。終戦後は同大学に勤務しながら、九学会連合の合同調査、アイヌ民族の調査などを行い、婚姻習俗や若者組などのトピックを重点的に研究するようになる。また民間伝承の会(現日本民俗学会)、女性民俗学研究会などで後進の指導に当たる。瀬川清子 フレッシュアイペディアより)

  • ニタッラサンペ

    ニタッラサンペから見たアイヌアイヌ

    ニタッラサンペまたはニッタラサンペは、アイヌに伝わる妖怪。ニタッラサンペ フレッシュアイペディアより)

  • 今岡十一郎

    今岡十一郎から見たアイヌアイヌ

    松江市生まれ。1914年、東京外国語学校ドイツ語科卒業。同年、来日中のハンガリーの民俗学者バラートシ=バログ・ベネデク(Barátosi-Balogh Benedek; 1870年?1945年)のアイヌ・ギリヤーク・オロッコ研究旅行に通訳として同行し、北海道や樺太を巡る。これが縁で、バラートシからツラン運動(:en:Turanism)の日本普及に協力するよう求められる。今岡十一郎 フレッシュアイペディアより)

  • オッケルイペ

    オッケルイペから見たアイヌアイヌ

    オッケルイペは、アイヌに伝わる妖怪。名前は「放屁する化け物」を意味し、その名の通り屁の妖怪である。オッケルイペ フレッシュアイペディアより)

  • 永田方正

    永田方正から見たアイヌ人アイヌ

    永田 方正(ながた ほうせい、天保9年3月1日(1838年3月26日) - 明治44年(1911年)8月22日)は、明治時代の教育者。後年は北海道でアイヌ人教育とアイヌ語研究に力を注いだ。永田方正 フレッシュアイペディアより)

820件中 71 - 80件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード