1065件中 81 - 90件表示
  • 中山成彬

    中山成彬から見たアイヌアイヌ

    訪日外国人旅行客の誘致策を問われた際、「日本はずいぶん内向きな、単一民族といいますか、世界とのあれがないものだから内向きになりがち。まず国を開くというか、日本人が心を開かなければならない」と発言した。この発言について、アイヌ民族団体の北海道ウタリ協会理事長の加藤忠より、抗議を受けた。中山成彬 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本帝国

    大日本帝国から見たアイヌアイヌ

    日持上人が訪れるなど、古くは鎌倉時代から日本との関わり(参照:蝦夷管領安東氏)があり、江戸時代は松前藩の陣屋やアイヌなどとの交易場所(参照:場所請負制)なども設けられていたが、幕末の混乱期に樺太島仮規則などの不平等条約でロシアとの雑居地とされた後、1875年、千島樺太交換条約によりロシアに譲渡。1905年、日露戦争(樺太作戦)で占領し、同年のポーツマス条約(日露講和条約、明治38年勅令号外)により北緯50度以南を割譲させ回復。1943年内地に編入した(昭和18年法律第85号)。樺太庁を参照。大日本帝国 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌市

    札幌市から見たアイヌアイヌ

    アイヌの人々が暮らしていた蝦夷地は1869年(明治2年)に北海道と改称され開拓使が置かれて札幌本府の建設がはじまった。1875年(明治8年)に最初の屯田兵が入植。札幌の建設計画は当時の開拓判官島義勇によって構想され、京都を参考にした街づくりは創成橋東側のたもとを基点に東西の基軸を創成川、南北の基軸を渡島通(現在の南1条通)として区画割を進めていった(現在の南北の基軸は大通公園となっている)。その後、周辺町村を編入・合併して市域を拡大していった。札幌市 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史地震

    歴史地震から見たアイヌアイヌ

    江戸時代以降は町人らの記録も見受けられるようになり全国各地の豊富な被害記録が残されている。しかし、依然、巨大地震の数が多いと考えられる北海道における記録は乏しい。これは、先住民のアイヌが文字を持たなかったため、記録は口伝に頼るほかなかったことによる。また、文字を持っていた和人も江戸時代、北海道の僻地までは住んでおらず、またアイヌと和人の両者は、敵対的な関係であった時代も長かったため、情報が和人の元に集まらなかったことも影響していると思われる。この時代には、慰霊のため、地震の被害者を供養した寺社などの施設がいくつも建てられ、今に残っているものも少なくない。歴史地震 フレッシュアイペディアより)

  • 日露関係史

    日露関係史から見たアイヌアイヌ

    一方、アイヌは大陸との山丹交易を行なうようになっていた。1268年、津軽の蝦夷反乱。1320年、蝦夷大乱。日露関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道

    北海道から見たアイヌアイヌ

    この島の先住民であるアイヌの言葉(アイヌ語)では、「」(、「人間の住む土地」の意)または「」(、「陸地の国土」)と呼ばれる。日本人(和人)は古代には渡嶋(わたりのしま)、近代に至るまでアイヌを蝦夷(えぞ)、その土地を蝦夷地(えぞち)もしくは北州、十州島などと呼んでいたが、明治政府は開拓使の設置に伴い名称の変更を検討し、蝦夷地探査やアイヌとの交流を続けていた松浦武四郎は政府に建白書を提出、「北加伊(きたかい)道」「海北道」「海東道」「日高見(ひたかみ)道」「東北道」「千島道」の6案を提示した。結局「北加伊道」を基本として採用し、海北道との折衷案として、また、律令制時代の五畿七道の東海道、南海道、西海道の呼称に倣う形として「北海道」と命名された。なお、松浦は建白書において「北加伊道」案はアイヌが自らを「カイ」と呼んでいることから考案したと説明しているが、言語学者の金田一京助は、当時のそのような事実を示す証拠は見つかっていないと唱えている。北海道 フレッシュアイペディアより)

  • ハプログループD (Y染色体)

    ハプログループD (Y染色体)から見たアイヌアイヌ

    アイヌにおいては「D1b」が16人に14人の割合に当たる87.5%の高頻度で見られた。アイヌに見られるD1bの内訳はD1b*(81.25%)、D1b1a(6.25%)である。ハプログループD (Y染色体) フレッシュアイペディアより)

  • 入れ墨

    入れ墨から見たアイヌ民族アイヌ

    日本の縄文時代に作成された土偶の表面に見られる文様は、世界的に見ても古い時代の入れ墨を表現したものと考えられており、縄文人と文化的関係が深いとされる蝦夷やアイヌ民族の間に入れ墨文化が存在(後述)したため、これも傍証とされる。入れ墨 フレッシュアイペディアより)

  • 羅臼町

    羅臼町から見たアイヌアイヌ

    羅臼町(らうすちょう)は、北海道根室振興局にある町。町名の由来はアイヌ語の「ラウシ」(獣の骨のある所の意)が転化したもの。この地一帯はアイヌの狩猟地であった。羅臼町 フレッシュアイペディアより)

  • 釧路市

    釧路市から見たアイヌアイヌ

    アイヌ古式舞踊 - 春採アイヌ古式舞踊釧路リムセ保存会・阿寒アイヌ民族文化保存会(阿寒湖畔でみられる)釧路市 フレッシュアイペディアより)

1065件中 81 - 90件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード