前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • アイヌ

    アイヌから見たブロニスワフ・ピウスツキ

    1989年の東京在住ウタリ実態調査報告書では、東京周辺だけでも北海道在住アイヌの1割を超えると推測されており、現在首都圏在住のアイヌは1万人を超えるとされる。日本全国に住むアイヌは総計20万人に上るという調査もある。また、日本・ロシア国内以外にも、ポーランドには千島アイヌの末裔がいるとされる。一方、アイヌ研究の第一人者であったポーランドの人類学者ブロニスワフ・ピウスツキがアイヌ女性チュフサンマと結婚して生まれた子供たちの末裔はみな日本にいる。アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見たAINU REBELS

    長い間、アイヌであることを肯定的に捉える人は少なく、和人への同化とともに出自を隠す傾向が強かった。しかし、近年はAINU REBELSのような若者を中心として積極的にアイヌ語とアイヌ文化の保持を主張し、自らがアイヌであることを肯定的にとらえる傾向も、徐々にみられるようになってきた。各地でアイヌ民族フェスティバルなどが開かれ、北海道以外に住むアイヌ民族の活動も盛んになってきており、世界中の先住民族との交流も行われている。アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見た萱野茂

    『アイヌの碑』朝日文庫 萱野茂 1990年 ISBN4-02-260622-3アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見た新谷行

    『増補 アイヌ民族抵抗史 アイヌ共和国への胎動』三一新書 新谷行 1977年 ISBN4-380-72011-Xアイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見た金田一京助

    しかし明治以来、アイヌは他のモンゴロイドに比べて、彫りが深い、体毛が濃い、四肢が発達しているなどの身体的特徴を根拠として、人種論的な観点からコーカソイドに近いという説が広く行き渡っていた時期があった。20世紀のアイヌ語研究者の代表とも言える金田一京助も、この説の影響を少なからず受けてアイヌ論を展開した。アイヌ=縄文人近似説が主流になるまで、アイヌ=ヨーロッパ人近似説には日本の学会において強い影響力があった。アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見た乳井貢

    1756年に津軽藩勘定奉行であった乳井貢が、津軽半島で漁業に従事していたアイヌに対し同化政策を実施。以後、本州からアイヌ文化が急速に失われる。アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見たイザベラ・バード

    ファイル:PSM V33 D514 Ainu houses.jpg|イザベラ・バードのスケッチによる、チセ(アイヌの伝統的な家屋)の外観アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見た本多勝一

    『先住民アイヌの現在』朝日文庫 本多勝一 1993年 ISBN4-02-260776-9アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見た浦川治造

    しかしながらアイヌと和人の両方の血を引く人々の中にも、著名なエカシ(長老)の一人である浦川治造のように、アイヌ文化の保存と発展に尽力する者は少なくない。また、浦河町のエカシである細川一人は、和人の両親から生まれた人物であるが、幼少時に父親と死別し、その後14歳の時に母親がアイヌの男性と再婚したためにアイヌ文化を身につけたという珍しい存在である。アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見た埴原和郎

    従来アイヌは、南方系の縄文人、北方系の弥生人という埴原和郎の「二重構造説」の図式のもとに、在来系の縄文人の末裔であるとみなされてきたが、この考えには近年いくつかの留保が必要とされるが、遺伝子的にアイヌに近いのが琉球人であることが明らかになり、基本的には、アイヌは、弥生人の渡来により南北に追いやられた縄文人の末えいであることが明らかになりつつある。アイヌ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード