87件中 21 - 30件表示
  • アイヌ

    アイヌから見た白老町

    北海道においては、アイヌ居留地などは存在しないが、平取町二風谷に多数が居住するほか、白老や阿寒湖温泉では観光名所としてコタンが存在する。2006年の調査によると、北海道内に23,782人となっており、支庁別にみた場合、胆振・日高支庁に多い。しかしながら、調査に応じた人口のみのため、実際には調査結果よりもはるかに多くのアイヌ人口が見積られる。1971年当時で道内に77,000人という調査結果もある。北海道外に在住するアイヌも多いが、ほとんど実態調査は行われておらず、1988年の調査において東京在住のアイヌ推計人口が2,700人と見積もられているものが唯一かつ最も新しい公式の調査である。アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見た蝦夷

    これが異民族に対する「自民族の呼称」として意識的に使われだしたのは、和人(シサム・シャモ)とアイヌとの交易量が増えてきた17世紀末から18世紀初めにかけてだとされている。理由はアイヌが、「蝦夷(えぞ/えみし)」と呼ばれるのを嫌い、「アイノ」と呼ぶように求めたとされているが、呼称そのものが普遍化したのは明治以降になってからのことである。アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見た同化政策

    このような認識はまた、日本政府の様々な政策(同化政策、ロシア国境地帯からの強制移住など)にも色濃く反映された。アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見たイオマンテ

    ファイル:Brooklyn Museum - Local Customs of the Ainu.jpg|イオマンテを描いたアイヌ絵アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見たアップリケ

    画像:AinuSan.jpg|アイヌの伝統衣装。「ルウンペ」と呼ばれる形状で、木綿の生地に四角く切りぬいた布でアップリケを施す点が特徴的である。北海道南部、噴火湾沿岸地方で着用されていた。アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見たソ連対日参戦

    1945年にソビエト連邦が日本に参戦し、南樺太と千島列島を占拠、現地に居住していたアイヌは残留の意志を示したものを除き本国である日本に送還された。アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見たモンゴロイド

    しかし明治以来、アイヌは他のモンゴロイドに比べて、彫りが深い、体毛が濃い、四肢が発達しているなどの身体的特徴を根拠として、人種論的な観点からコーカソイドに近いという説が広く行き渡っていた時期があった。20世紀のアイヌ語研究者の代表とも言える金田一京助も、この説の影響を少なからず受けてアイヌ論を展開した。アイヌ=縄文人近似説が主流になるまで、アイヌ=ヨーロッパ人近似説には日本の学会において強い影響力があった。アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見たツングース系民族

    擦文時代以降の民族形成については、オホーツク文化人(ツングース系ともニヴフとも推定されている。)の熊送りなどに代表される北方文化の影響と、渡島半島南部への和人の定着に伴う交易等の文物の影響が考えられている。アイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見た千島列島

    ファイル:Kuril Ainu dwelling.jpg|千島列島のアイヌアイヌ フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ

    アイヌから見た色丹島

    1875年の樺太千島交換条約後、千島のアイヌはそのほとんどが当地を領有した日本政府によって色丹島へ強制移住させられた。アイヌ フレッシュアイペディアより)

87件中 21 - 30件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード