前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示
  • 挑戦者

    挑戦者から見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    挑戦者(ちょうせんしゃ)は、株式会社アイ・オー・データ機器が展開しているPC周辺機器ブランド。挑戦者 フレッシュアイペディアより)

  • ビデオカード

    ビデオカードから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    日本国内メーカーではアイ・オー・データ機器(挑戦者ブランドも展開)・バッファロー(玄人志向ブランドを含む)などの周辺機器メーカーがビデオカードの販売を手がけている。商品では、「グラフィックアクセラレータ」の名称が用いられた。アイ・オー・データ機器の製品は、設計こそリファレンスに準じたものになっていたものの、かつてはドライバが独自にチューニングされており、一定の評価を得ていた。その後、OEM供給を受けたATI、nVidia製品をラインナップしていたが、2010年12月発売のGA-RH5450を最後に、一旦取り扱いを終了していた。2014年には、4K UHD対応のビデオカードGA-GTX750TIを改めて取り扱うようになっているほか、2007年からDisplayLink社製のチップを用いたUSB接続の製品の販売を続けている。これら国内の取り扱い製品の中で特にカノープスはリファレンスデザインと異なる独自開発の基板およびドライバを採用したビデオカードの製造・販売を行い、マニア層を中心にかつて人気を博していたが、2002年に独自設計のビデオカードのリリースは終了し、2006年2月のMTVGA X1300Lのリリースを最後にビデオカード事業から撤退している。ビデオカード フレッシュアイペディアより)

  • LAN Tank

    LAN Tankから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    当初、親ブランドである株式会社アイ・オー・データ機器の販売するLANDISKのハードウェアを用いた玄箱相当のシングルドライブNASキットとして一旦発表が行われたが、基板上のROMには、内蔵HDDからのブートプログラムしか書かれておらず、インストーラの開発が出来なかった事により、お蔵入りになりかけた。LAN Tank フレッシュアイペディアより)

  • ロケーションフリー

    ロケーションフリーから見たアイ・オー・データアイ・オー・データ機器

    Slingbox Classic - 米Sling Media社が生産し、アイ・オー・データと伊藤忠商事が国内販売していた、ロケフリに類似した機器(生産終了)。ロケーションフリー フレッシュアイペディアより)

  • 玄人志向

    玄人志向から見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    ただし、例えばグラフィックボードの様にインターネットを通じて入手できるリファレンスドライバが日本語対応しているなど、ユーザー側の知識量次第でそれなりに対応できる製品も多く、「素人瞬殺」を販社自身が標榜しているとはいえ、それが真の意味で当てはまる製品は「キワモノシリーズ」が大半で、それ以外の多くの製品はパーツとしては一般的で、単にローカライズやパッケージが省略された仕様であり、後に競合関係となったアイ・オー・データ機器の『挑戦者』ブランド初期の製品と比較しても、素直に取り扱える製品の方が数としては多くラインナップされているのが実際である。だが、その様な製品の性質故に商品スペックの記載相違などが発生し、問題となったケースもある。玄人志向 フレッシュアイペディアより)

  • 近距離無線通信

    近距離無線通信から見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    日本では、トッパン・フォームズ、 アイ・オー・データ機器が対応製品を開発製造している。近距離無線通信 フレッシュアイペディアより)

  • 細野昭雄 (実業家)

    細野昭雄 (実業家)から見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    細野 昭雄(ほその あきお、1944年3月18日 - )アイ・オー・データ機器代表取締役会長。細野昭雄 (実業家) フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスクドライブ

    ハードディスクドライブから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    5インチ、3.5インチのディスクで、様々な容量の製品が発売されていて、代表的なものにSyQuestのSQ327、EZ135、EzFlyer, SparQ、SyJetや、アイオメガのJaz、Peerless、CASTLEWOOD社のORBなどがあった。一時はSyQuestやNomai社を中心に、PDC (Power Disk Cartridge) というメディアの統一規格策定の動きもあったが、普及する前にリムーバブル・ハードディスク自体の人気が下火になり、消失した。現在ではアイオメガから2.5インチというMDほどの大きさのREVが、アイ・オー・データ機器や日立マクセルからiVDR(日立マクセルではiVという商品名を付けている)などが発売されている。ハードディスクドライブ フレッシュアイペディアより)

  • Slingbox

    Slingboxから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    日本国内では輸入代理店を伊藤忠商事、販売元をアイ・オー・データ機器として、現在の「Slingbox Classic」にあたる製品を販売していた。その後、日本では後継機種が販売されずアメリカから非正規輸入で販売を行う業者が存在するのみであったが、2011年2月11日に「Slingbox PRO-HD」がイーフロンティアより発売された(尚、アイ・オー・データ機器はその後2011年に直販Webサイト「アイオープラザ」で類似商品の「VULKANO FLOW」の取り扱いを始めた)。その後、小型化された「SLINGBOX 350」が2013年3月より販売開始(Slingbox PRO-HDはその後販売終了)。Slingbox フレッシュアイペディアより)

  • 三菱ケミカルメディア

    三菱ケミカルメディアから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    なお2013年4月以降、光ディスクやメモリーカード類などについてはアイ・オー・データ機器を日本における総代理店と定め、販売の一切を委託している。商品供給については引き続き責任を負う。三菱ケミカルメディア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示

「アイ・オー・データ機器」のニューストピックワード