83件中 11 - 20件表示
  • I・Oデータ

    I・Oデータから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    I・Oデータ フレッシュアイペディアより)

  • アイオーデータ機器

    アイオーデータ機器から見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    アイオーデータ機器 フレッシュアイペディアより)

  • 牧誠

    牧誠から見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    2010年(平成22年)2月1日には、メルコホールディングスとアイ・オー・データ機器およびデジオンの3社で設立した一般社団法人デジタルライフ推進協会の代表理事に就任している。牧誠 フレッシュアイペディアより)

  • MySync

    MySyncから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    同様にCDMA 1X/cdmaOne端末の一部では「USBケーブルA」(税別12,600円)が利用できるが、こちらは既に販売が終了していることに加えMySync専用ケーブルよりも高額であるため、新規に購入する意味は薄い。このほか、機種によりアイ・オー・データ機器「USB-cdma」(税別6,000円)・「USB-cdmaR」(税別5,800円)やTDK「UCB1464」(税別7980円)などを使用できるものもある。これらの他社製ケーブルはいずれもメーカーによる販売が終了している旧製品である。USBケーブルへの公式対応が行われる前は、専用RS-232Cケーブルと他社製のUSB・RS-232C変換アダプタの組み合わせ使用をアナウンスしていたこともある。MySync フレッシュアイペディアより)

  • IODATA

    IODATAから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    IODATA フレッシュアイペディアより)

  • IO DATA

    IO DATAから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    IO DATA フレッシュアイペディアより)

  • I-O DATA

    I-O DATAから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    I-O DATA フレッシュアイペディアより)

  • RamPhantom

    RamPhantomから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    RamPhantom(ラムファントム)はアイ・オー・データ機器より発売されているRAMディスクを構築できるソフトウェアである。最新版は、RamPhantom7。RamPhantom フレッシュアイペディアより)

  • XVD

    XVDから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    2003年6月アイ・オー・データ機器からPC用のXVD対応ビデオキャプチャーカードGV-XVD/PCIを発売(2005年7月生産終了)。XVD フレッシュアイペディアより)

  • GLAN Tank

    GLAN Tankから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    ハードウェアとしては、親ブランドである株式会社アイ・オー・データ機器のGigaLANDISKの二台HDDを内蔵できるタイプの製品がベースになっているが、樹脂パーツが着色されていない事や、エンブレムの違い程度で、他は同一である。GLAN Tank フレッシュアイペディアより)

83件中 11 - 20件表示

「アイ・オー・データ機器」のニューストピックワード