83件中 51 - 60件表示
  • デジオン

    デジオンから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    アイ・オー・データ機器とは資本関係があり、同社製品のファームウェアや、バンドルソフトの提供などが行われている。デジオン フレッシュアイペディアより)

  • LANDISK

    LANDISKから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    LANDISK(ランディスク)は、アイ・オー・データ機器のNAS製品のブランドである。主に一般家庭からSOHO程度の規模をターゲットとしている。LANDISK フレッシュアイペディアより)

  • 瀬名快伸

    瀬名快伸から見たアイオーデータアイ・オー・データ機器

    (株)アイオーデータ 小型DVカメラモーションピクスCM/監督瀬名快伸 フレッシュアイペディアより)

  • 自作パソコン

    自作パソコンから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    パソコンパーツの販社からは「玄人志向」(CFD販売)や「挑戦者」(アイ・オー・データ機器)などといった、ユーザーサポートや日本向けローカライズを最小限度に切り詰めた低価格自作パーツブランドが登場した。自作パソコン フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    Rec-POT(アイ・オー・データ機器) - TS出力が可能なiLink端子を備えた機器(デジタルチューナー・W-VHSデッキ・セットトップボックスなど)と接続し、接続機器から出力されるデジタルテレビ放送を録画する。W-VHSデッキ・ディーガなど一部のDVDレコーダー,BDレコーダー・他のRec-POT機器間と録画番組をムーブすることが可能。2008年頃に生産終了した。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ビエラリンク

    ビエラリンクから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    パナソニックショップはじめ多くの電器店では地デジ&衛星アンテナとその周辺部品(マスト・ブースター・ケーブル類)を仕入れる際、必ずしもパナソニック純正品のみになるとは限らず、パナソニックショップであっても(マスプロ電工・日本アンテナ・DXアンテナ・マックステル等の)他社製品を仕入れる店舗も多い。またパナソニックは単体デジタルチューナー(TU-MHD500/600)生産を2007年限りで終了。現在パナソニックショップへ供給される(アナログTV受像機で引き続きデジタル放送を視聴するための)単体デジタルチューナーは他社製品(マスプロ電工・バッファロー・アイ・オー・データ機器等)に変わっている。ビエラリンク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータグラフィックス

    コンピュータグラフィックスから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    1980年代は様々な企業がデザインへの応用を目的としたCGシステムを発表している。服飾メーカーのJUNは4D-BOX(512×512画素、16,777,216色中256色同時表示)を開発、今ではパソコン周辺機器メーカーとして知られるアイ・オー・データ機器も、ほぼ同様なスペックの西陣織デザインシステムを開発した。また日本ビクターではCGアニメーション専用システムを発売、ヤマハもYISシリーズがデザイナーから注目を浴びた。コンピュータグラフィックス フレッシュアイペディアより)

  • Intel 80286

    Intel 80286から見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    最終的にメルコやアイ・オー・データ機器から発売されていたIBM 486SLC2を用いた80286向け製品では最大4倍速(約50MHz)で動作するまでに至り、特に後者は1999年ごろまでカタログに載る、息の長い製品となった。Intel 80286 フレッシュアイペディアより)

  • セガサターン

    セガサターンから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    1997年にアイ・オー・データ機器より、セガサターン用コントローラをPC用のゲームパッドとして使える拡張ボード「IF-SEGAシリーズ」が発売された。セガサターン フレッシュアイペディアより)

  • 光磁気ディスク

    光磁気ディスクから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    現在MOディスクドライブの生産・販売はロジテック以外は終了している。コニカミノルタは2010年9月に販売を終了、富士通・バッファローも生産を終了、オリンパスも2005年後半に生産を中止して2006年3月にMO事業から完全撤退した。記録メディアについては、日立マクセルは2009年9月末に、三菱化学メディアは2009年12月末にMOディスクの販売を終了している。アイ・オー・データ機器も在庫限りの販売になっており、これで日本国内でディスクを製造しているのはソニーのみになった。光磁気ディスク フレッシュアイペディアより)

83件中 51 - 60件表示

「アイ・オー・データ機器」のニューストピックワード