83件中 61 - 70件表示
  • アクトビラ

    アクトビラから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    外付けの機器としてはアクトビラ・ビデオ対応のBDレコーダーをソニー・パナソニック・三菱電機・シャープが製品化しているほか、三洋電機・日立マクセルのiVDRレコーダー、ソニー・バッファロー・I/O DATAが発売する「ネットワークテレビボックス」などもアクトビラ・ビデオに対応している。アクトビラ フレッシュアイペディアより)

  • PowerVR

    PowerVRから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    アイ・オー・データ機器 GA-PVR3D4/PCI - PowerVR(PCX1)搭載、3D専用ビデオカード。PowerVR フレッシュアイペディアより)

  • 三宅裕子

    三宅裕子から見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    アイ・オー・データ機器 【ボルカノフロー 】三宅裕子 フレッシュアイペディアより)

  • PC-8800シリーズ

    PC-8800シリーズから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    同年暮れには、SRをマイナーチェンジしたPC-8801mkIIFR/MRが発売された。FRはSRの廉価版という位置づけであったが、MRにおいては当時上位機種だったPC-9800シリーズの一部でも未搭載の機能が搭載された。2HDと2Dの読み書きに両対応したFDD、JIS第2水準の文字まで含んだ漢字ROMを搭載するなど、当時としては非常に先進的な部分もあった(ただし、2Dと2HD/2DDではヘッドのトラック幅の違いがあることから、2HD/2D兼用ドライブで書き込んだ2Dディスクが2D専用ドライブで読めない場合があったり、コピープロテクト対策や極限ともいえる容量までディスクを使用することが多かったゲームソフトの中には動作しないものがあるなど、互換性に若干問題があった)。128KBの拡張メモリ(バンク切り換え式)が標準装備されたラインナップもMRが初であり、オプションとしては存在したものの、内蔵デバイスになったことで、対応するアプリケーションも増加した。純正では、128KBのボードが売られており、I/O空間へのデコードの状態から、最大512KiBの空間を管理できるようになっており、未定義部分も利用した1MB、2MBボードが、アイ・オー・データ機器から発売されているが、バンクメモリへ対応したソフトウェアであっても、標準搭載された128KBのみしか確認、利用しないものも数多くある。また、このFR/MRあたりの機種からコストダウンのための機能削除が目立つようになった。PC-8800シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation Portableのシステムソフトウェア

    PlayStation Portableのシステムソフトウェアから見たアイ・オー・データアイ・オー・データ機器

    VAIOモバイルTV Ver.5.0で録画したワンセグ放送を再生できるようになった。非公式だがSEG CLIP (アイ・オー・データ製ワンセグチューナー)・ちょいテレ(バッファロー製ワンセグチューナー)・DiALIVE Wセグ(ロジテック製ワンセグチューナー)で録画した物も再生できるようである。PlayStation Portableのシステムソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • デジタルオーディオプレーヤー

    デジタルオーディオプレーヤーから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    CD-Rレコーダーが普及すると、2000年頃からこれにMP3ファイルを焼きつけてプレーヤーで再生する製品が発売される様になった。当時のフラッシュメモリのMP3プレーヤー製品は、内蔵メモリーの容量として64MB?128MBの物が多く、また外部インターフェースを持つ製品では、当時の低容量かつ高価なメモリーカードを買い足す事で増量が可能という製品が多かった。したがって安価なCD-Rメディアで640MB?700MBという容量は概ね十時間超の音楽を録音できる計算となり、フラッシュメモリ製品に対して十分なアドバンテージを持っていた。メディアのサイズによってプレーヤーの大きさが決められてしまうため、フラッシュメモリ製品のような小型化や省電力化はできないが、大容量と携帯CDプレーヤーとしても使用できる点をアピールして、I・Oデータ、ケンウッド、アイワ、Rioなど、各社から製品が発売され、のちにパナソニックやソニーなどポータブルオーディオの大所からも発売された。デジタルオーディオプレーヤー フレッシュアイペディアより)

  • コピーガード

    コピーガードから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    ただし、あくまでレコーダー側のみの機能に依存するため、相応の動作をしないレコーダーだったり、レコーダーとの間でその信号が除去、あるいは改竄されてしまう様な事があれば、事実上無力になる弱さを持つ。アナログ記録方式の家電レコーダー(従来から存在するアナログVHS(ノーマルVHS・S-VHS・W-VHS)、8ミリビデオ、ベータマックスなど)については、が、アナログ入力(S端子、RCA端子)のPC用キャプチャ・デバイス機器(例:アイ・オー・データ機器製 GV-MVPシリーズ等)やアナログ入力PDA用キャプチャー機器(シャープ製 MPEG-4ビデオレコーダー CE-VR1)では当該信号を検知次第、録画動作が自動停止される仕組みが採り入れられている。コピーガード フレッシュアイペディアより)

  • USBメモリ

    USBメモリから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    一方でWindows 95ではUSBを扱えるOSR2以降のバージョンであっても、Windows 98と違い、専用ドライバが用意されることはまず無かった。USBをサポートしない初期バージョンを含むWindows 95や、Windows NT、もしくはUSBインターフェースを持たないPDA等の環境においてUSBメモリにアクセスするには、ネットワーク共有を介す方法や、かつて挑戦者から発売されていたUSBマスストレージデバイスをコンパクトフラッシュとして変換するアダプタを使ってPCカードATAデバイスとして認識させる方法があった。またアイ・オー・データ機器では一部の同社製USBインターフェースについて特殊なSCSIドライバを用意していた時期があり、Windows 95やNT4.0からでも一部のUSBマスストレージ機器(ただし同社製のみ)を扱えるようにしていた。USBメモリ フレッシュアイペディアより)

  • Flash SSD

    Flash SSDから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    また、発売元が提供する各種ソフト(例えばバッファローのターボSSDやI-O DATAのマッハドライブなど)や、マイクロソフトが提供するEnhanced Write Filterなどを導入することにより、ある程度軽減することができる。Flash SSD フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスクドライブ

    ハードディスクドライブから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    ハードディスク分野では2001年頃から台頭してきたが、過去には、製品として1992年頃にIDEのHDDを出荷していたことがあった。ヘッドやプラッタなどの基幹部品を外部からの購入に依存していた。3.5インチ型と2.5インチ型の製品価格が安く、ウェスタン・デジタル等のローエンド製品と競合していた。トータルのシェアは高くなかったが、外付けHDD製品では比較的多く使われており、日本ではアイ・オー・データ機器やバッファローなどで採用されていた。また、エプソンダイレクトなど一部のノートPC等で採用されていた。2011年4月19日、サムスン電子はHDD事業をシーゲイト・テクノロジーに売却することで合意したことを発表し、同年12月19日に売却完了し事業撤退。ハードディスクドライブ フレッシュアイペディアより)

83件中 61 - 70件表示

「アイ・オー・データ機器」のニューストピックワード

  • DVDミレル DVRP−W8AI

  • DVDミレル(DVRP−W8AI)

  • メモリーカードストアリニューアルセール開催中、SANDISKが全品200FF