83件中 71 - 80件表示
  • ハードディスクドライブ

    ハードディスクドライブから見たアイオーデータアイ・オー・データ機器

    5インチ、3.5インチのディスクで、様々な容量の製品が発売されていて、代表的なものにSyQuestのSQ327、EZ135、EzFlyer, SparQ、SyJetや、アイオメガのJaz、Peerless、CASTLEWOOD社のORB等があった。一時はSyQuestやNomai社を中心に、PDC (Power Disk Cartridge) というメディアの統一規格策定の動きもあったが、普及する前にリムーバブル・ハードディスク自体の人気が下火になり、消失した。現在ではアイオメガから2.5インチというMDほどの大きさのREVが、アイオーデータや日立マクセルからiVDR(日立マクセルではiVという商品名を付けている)などが発売されている。ハードディスクドライブ フレッシュアイペディアより)

  • ユニバーサル・シリアル・バス

    ユニバーサル・シリアル・バスから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    HDDなどを接続するとHigh SpeedモードでもMass Storageクラス準拠では転送速度がボトルネックとなる場合があるため、転送方法の工夫で実効速度を向上させる製品を出荷しているところがある。バッファローの「TurboUSB」とアイ・オー・データ機器の「マッハUSB」がそれで、20% - 30%高速化すると謳っている。ソフトウェアで処理するため接続するパソコンの性能に依存し、両社ともWindowsとMac OSのみの対応となっている。ユニバーサル・シリアル・バス フレッシュアイペディアより)

  • ビデオカード

    ビデオカードから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    国内メーカーではアイ・オー・データ機器(挑戦者ブランドも展開)・バッファロー(玄人志向ブランドを含む)などの周辺機器メーカーがビデオカードの販売を手がけている。特にカノープスはリファレンスデザインと異なる独自開発の基板およびドライバを採用したビデオカードの製造・販売を行い、マニア層を中心にかつて人気を博していたが、現在はビデオカード事業から撤退している。ビデオカード フレッシュアイペディアより)

  • バンク切り換え

    バンク切り換えから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    NECのPC-9801(とその後継)においては、16ビットマイクロプロセッサであるIntel 8086(とその上位互換CPU)が採用されたが、アドレス空間が1メガバイトしかなかったので、アプリケーション等のメモリ要求量の増大にともない、後述のEMSの国内での普及に先行して、バンク切り換え用メモリとしてのバンクメモリが開発された。各周辺機器メーカーからそれぞれ独自規格のバンク切り換え用メモリが発売され、対応アプリケーションやゲーム等も一部でそれぞれ発売された。その後、アイ・オー・データ機器が提唱した「I/Oバンク方式」によるバンク切り換えメモリ管理BMS(Bank Memory Specification) が制定され、複数のアプリケーション間の競合を避けるメモリ管理も行われた。バンクメモリだけでなくハードウェアEMS/プロテクトメモリにも兼用できる製品もあった。バンク切り換え フレッシュアイペディアより)

  • VIA Technologies

    VIA Technologiesから見たアイオーデータ機器アイ・オー・データ機器

    LANチップをはじめ、USBホストコントローラーチップ、IEEE 1394コントローラーチップを自社で製造している。1000BASE-T対応のVT6122は、安価でありながら低発熱・安定性に優れている。VT86C100やVT6105、VT6212などは有名周辺機器メーカーに採用され、日本ではバッファロー、玄人志向、アイオーデータ機器、サンワサプライ、プラネックスコミュニケーションズ、ロジテックといったPCパーツベンダーにて広く採用されている。USBコントローラーチップは日本電気 (NEC) と並んで採用数は非常に多い。VIA Technologies フレッシュアイペディアより)

  • 金沢市

    金沢市から見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    近年では、パソコン周辺機器に関する企業群が急速に成長している。市内で創業したパソコン周辺機器大手のアイ・オー・データ機器は、当地の小規模な繊維工場では手が届かなかったメインフレームではなく、マイコンを利用した工場制御用の周辺機器開発からスタートした企業であり、コンピュータ関連の大手企業が手がけなかった需要に応えて成長の軌道に乗った。また、織物用の柄を修正するディスプレイ装置の開発といった細かな需要の発掘でも、繊維工業が周辺産業へ影響を与えたことがうかがえる。金沢市 フレッシュアイペディアより)

  • CLANNAD (ゲーム)

    CLANNAD (ゲーム)から見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    アイ・オー・データ機器からパソコン用ワンセグチューナー「SEG CLIP」の「CLANNAD」バージョンとしてGV-SC300(CL)が数量限定で販売されていた。メニュー画面やパッケージにCLANNADのキャラクターがあしらわれている。CLANNAD (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • AirMac

    AirMacから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    世界的には「AirPort」の名称で発売されているが、日本では関西電機によりすでに「AirPort」の名称が商標登録されていたことから、日本では「AirMac」の名称で発売されている。なお関西電機との提携により、アイ・オー・データ機器が「AirPort」というブランド名で、無線LAN製品を販売している。AirMac フレッシュアイペディアより)

  • クリエイティブテクノロジー

    クリエイティブテクノロジーから見たアイ・オー・データ機器アイ・オー・データ機器

    クリエイティブテクノロジー(Creative Technology, Ltd.)は、シンガポールに本社を置くマルチメディア機器製造企業である。日本法人はクリエイティブメディア株式会社で、アイ・オー・データ機器との合弁会社である。クリエイティブテクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • Blu-ray Disc

    Blu-ray Discから見たアイ・オー・データアイ・オー・データ機器

    松下電器産業は6月10日にBD-ROMのSL/DL(1層/2層)の再生、BD-R、REのSL/DLの記録再生、及び各種CD/DVDメディアの記録再生に対応する内蔵ハーフハイトタイプのBDドライブ「LF-MB121JD」を発売した。アイ・オー・データ等から発売された単体ドライブや富士通・ソニー等のパソコンは松下電器(パナソニック・コミュニケーションズ)製ドライブを採用している。Blu-ray Disc フレッシュアイペディアより)

83件中 71 - 80件表示

「アイ・オー・データ機器」のニューストピックワード

  • DVDミレル(DVRP−W8AI)

  • メモリーカードストアリニューアルセール開催中、SANDISKが全品200FF

  • RockDisk for Audio