前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
434件中 1 - 10件表示
  • インゴルシュタット

    インゴルシュタットから見たアウディアウディ

    また、高級自動車メーカー、アウディの本社・工場があることでも知られる。30年戦争で活躍した、バイエルン公国の武将であるティリーが戦没した場所でもある。SF小説『フランケンシュタイン』の人造人間製造の舞台(主人公がここの大学に留学していた設定)でもある。インゴルシュタット フレッシュアイペディアより)

  • 高級車

    高級車から見たアウディアウディ

    何が高級車ブランドか、そしてその中の高級車かというひとつの基準として、500万円(日本円換算)以上を指す場合や各ブランドのフラッグシップモデルのみを指す傾向もある。一例としてジャガー=XJ、メルセデス・ベンツ=Sクラス、BMW=7シリーズ、アウディ=A8、日産=シーマ、レクサス=LSなどである。高級車 フレッシュアイペディアより)

  • ホルヒ

    ホルヒから見たアウディアウディ

    ホルヒは創業者の名だが、ドイツ語の「耳を傾けて聞く」と言う意味の"horchen"でもある。現代の自動車ブランド「アウディ」はこれをラテン語に訳したもの。ホルヒ フレッシュアイペディアより)

  • ヴォルフガング・エッガー

    ヴォルフガング・エッガーから見たアウディアウディ

    ヴォルフガング・ヨーゼフ・エッガー(Wolfgang Josef Egger 、1963年2月13日 - )はドイツ、オーベルストドルフ出身のカーデザイナーで、現在はアウディグループのチーフデザイナーを務める。ヴォルフガング・エッガー フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のル・マン24時間レース

    2014年のル・マン24時間レースから見たアウディアウディ

    レースは、LMP1-Hクラスのアウディ・スポーツチーム・ヨーストのアウディ・R18 e-tron クアトロ2号車に乗るスイス人ドライバーのマルセル・フェスラー、ドイツ人ドライバーのアンドレ・ロッテラー、フランス人ドライバーのブノワ・トレルイエら2011年・2012年の優勝メンバー3人組が3度目の総合優勝を果たした。アウディは1999年のル・マン参戦以来15年間で通算13度目となる優勝の栄冠を手にした。レース開始後の14時間まで全レース走行距離の半分ものリードし前半のレースを支配していたトヨタ・レーシングのトヨタ・TS040 HYBRID7号車がリタイアを喫してからは、アウディ勢がトップに立つ。その後アウディ車2台ともターボ・エンジンの交換作業を強いられる事態に追い込まれ、その間のポルシェ14号車の激しい追撃も受けた。アウディ2号車に3ラップ遅れてアウディ1号車が2位に入り、更に2周遅れた3位には、レース開始1時間後のアクシデントで後方に落ちた展開をリカバリーしたトヨタ8号車が入っている。LMP-1Lクラスでは、クラス唯一の完走を果たしたレベリオン・レーシングの12号車(シャシー-エンジン = レベリオン・R-One-トヨタ)に乗るニック・ハイドフェルド/マティアス・ベシェ/ニコラ・プロスト組が勝利した。LMP2クラスでは、JOTAスポーツのザイテック-ニッサンに乗るサイモン・ドゥーラン/オリヴァー・ターヴェイ/ハリー・ティンクネル組がクラス優勝した。LMGTE Proクラスでは、AFコルセのフェラーリ・458イタリア・GT2に乗るジャンマリア・ブルーニ/ジャンカルロ・フィジケラ/トニ・ヴィランデル組がクラス優勝した。LMGTE Amクラスでは、アストンマーティン・レーシングのアストンマーティン・ヴァンテージ・GT2に乗るデイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン/クリスティアン・ポウルセン/ニッキー・トゥヒーム組がクラス優勝した。1989年以来最多の観客動員数となるおよそ26万3千人の観客が観戦したとされる。2014年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • 松島正昭

    松島正昭から見たアウディアウディ

    現在、メルセデス・ベンツ、スマート、BMW、MINI、アウディ、フォルクスワーゲン、マセラティ、マツダ、スズキ、ポルシェの10ブランドを取り扱っている。2017年、アウディマレーシアとディーラー契約締結、日本企業がアジアで初めてドイツ車ディーラー権獲得することとなった。マレーシアクアラルンプール近郊、セティアアラムにて地上3 階建てで延べ床面積が約 2,000 坪のアジア最大のアウディショールームを開業予定。。松島正昭 フレッシュアイペディアより)

  • アウディ・R18

    アウディ・R18から見たアウディアウディ

    アウディ・R18(Audi R18)とは、アウディがR15 TDIの後継として2011年に開発したプロトタイプレーシングカーである。アウディ・R18 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のFIA 世界耐久選手権

    2014年のFIA 世界耐久選手権から見たアウディアウディ

    アウディは排気量を前年の3.7Lから4.0Lにアップさせたディーゼルハイブリッド車のアウディ・R18 e-tron クワトロでシーズンに臨んだ。カーナンバー1号車にはトム・クリステンセンとロイック・デュバルの2人の前年度タイトル保持者に新たに加入したルーカス・ディ・グラッシが乗り、2号車には2012年のチャンピオンのブノワ・トレルイエ、マルセル・フェスラー、アンドレ・ロッテラーが乗り、第2戦のスパ・フランコルシャン6時間レースと第3戦のル・マン24時間レースのみ3号車を走らせた。トヨタは全く新しいトヨタ・TS040 HYBRIDを投入したが、前2シーズンと同じドライバーで参戦している。TS040 HYBRIDも前年までの車の排気量3.4Lより3.7Lにアップさせている。ポルシェは、参戦中のLMGTE Proの選手権だけでなくトップカテゴリのLMP1-Hにも本シーズンよりポルシェ・919ハイブリッドで参戦することになった。ガソリンハイブリッド車であることはトヨタ・TS040 HYBRIDと同じだが、TS040がNAエンジンなのに対し、919はターボ付きエンジンである違いがある。また、919のみ熱エネルギー回生システム(ERS-H)が付いている。ポルシェのドライバー陣は、これまでポルシェのLMGTE Proクラスで活躍していたワークスドライバーにレベリオン・レーシングから移籍したニール・ジャニといったWEC参戦継続組に前シーズンまでF1ドライバーだったマーク・ウェバーとGP2に参戦していたブレンドン・ハートリーを加えたものになっている。2014年のFIA 世界耐久選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たアウディアウディ

    第二次世界大戦中は一時自動車輸入事業を停止していたが、その後二代目の梁瀬次郎会長に経営が引き継がれるとともにGMの各ブランドやメルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン(傘下のアウディも含む)と取り扱い車種を増やした。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • プロトタイプレーシングカー

    プロトタイプレーシングカーから見たアウディアウディ

    2010年、ACOはLMS(シルバーストン)、ALMS(プチ・ル・マン)、そして珠海1000kmレースの3戦から成る「インターコンチネンタル・ル・マン・カップ(ILMC)」をスタートさせた。世界選手権復活への第一歩と言えた。ILMC翌2011年はル・マン24時間レースを含む全7戦のシリーズとなり、アウディ、プジョー、アストンマーティンのワークス参戦で、事実上の世界選手権の復活と言えた。そして2011年6月3日、FIAとACOは2012年よりFIA 世界耐久選手権(WEC)を開催することを発表した。1992年SWC崩壊以来、20年ぶりのスポーツカーの耐久世界選手権の復活である。また同年にヨーロピアン・ル・マン・シリーズも復活している。プロトタイプレーシングカー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
434件中 1 - 10件表示

「アウディ」のニューストピックワード