434件中 91 - 100件表示
  • バウア (コーチビルダー)

    バウア (コーチビルダー)から見たアウディアウディ

    1930年代からBMWのカブリオレを製造している他ポルシェ、アウディ、欧州フォード、オペルなどとも提携しスペシャルモデルの製造をサポートする。取り外し式オープントップに関してはパテントを持っており、BMW 3シリーズ等をベースとしたユニークなトップ・カブリオモデルの製造でもその名を知られている。バウア (コーチビルダー) フレッシュアイペディアより)

  • FIA スポーツカー選手権

    FIA スポーツカー選手権から見たアウディアウディ

    この頃、北米ではIMSAをドン・パノスが買収し、1999年新たにル・マン規定によるアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)を開始する。2000年には北米大陸を飛び出し、シルバーストン、ニュルブルクリンク、アデレードでも開催し、アウディ、BMW、GMもワークス参戦する事実上の世界選手権に発展した。しかし翌2001年には北米大陸のみの開催に戻った。欧州では別個にヨーロッパ・ル・マン・シリーズ(ELMS)が開催されることになる。これに対抗しFIAはSRWCにFIA選手権を与え、FIA スポーツカー選手権(FIA SCC)がスタートする。「世界」の名前は入らないが、1992年のSWC崩壊以来のFIAのスポーツカー選手権の復活である。このためELMSはエントリーが集まらず、わずか1年で終焉を迎えることになる。FIA スポーツカー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 新車ファイル クルマのツボ

    新車ファイル クルマのツボから見たアウディアウディ

    テレビ山口の現在の大株主は、トヨタ系のカーディーラーである。「新車情報」時代から、番組でアウディの新車が取り上げられた際は、その回限定で県内のあるトヨタディーラーが設立したアウディの販売店が番組スポンサーについていた。ほかの回は、地元の中古車販売店1社がスポンサーだった。新車ファイル クルマのツボ フレッシュアイペディアより)

  • NSU

    NSUから見たアウディアウディ

    しかしヴァンケルスパイダーやRo80は、チャターマーク(ローターハウジング内壁に波状磨耗を起こす致命的なトラブル)をはじめとするエンジンの問題を克服できず、特にRo80では多くのクレームがNSUに寄せられた。これが経営に影響し、Ro80のレシプロエンジン版である「K70」発表直前の1969年にNSUはフォルクスワーゲン(VW)傘下に入り、ほぼ同時期にVW系列に入ったアウトウニオンに吸収合併され、AUDI NSU AUTOUNION AG(現在のアウディ)となった。K70は「ビートル」のイメージからの脱却を図るVWの経営判断からVWブランドで発売され、Ro80は1977年に製造を中止し、NSUブランドの自動車は消滅した。これより先、オートバイ製造は1964年の4サイクル車「マキシ」と2サイクル車「プリマ」の製造中止をもって撤退している。NSU フレッシュアイペディアより)

  • メルセデス・ベンツ・M275エンジン

    メルセデス・ベンツ・M275エンジンから見たアウディアウディ

    旧型のM137エンジンから排気量がサイズダウンされた他、最大の違いはメルセデス・ベンツの12気筒エンジンとして初採用されたツインターボチャージャーである。最高出力と最大トルクは競合するBMWやアウディらを圧倒した。2008年当時、アウディ・A8やBMW・7シリーズに搭載されているエンジンは330 kW(450 PS)程度である。しかし2009年、BMWは同等の性能のツインターボチャージャー付きV型12気筒エンジンを発表し、7シリーズに搭載した。メルセデス・ベンツ・M275エンジン フレッシュアイペディアより)

  • メルセデス・ベンツ・190E/C1

    メルセデス・ベンツ・190E/C1から見たアウディアウディ

    メルセデスベンツは1986年から190EでDTMに本格参戦を開始。1991年に初めてマニュファクチャラータイトルを獲得し、1992年にはドライバー、マニュファクチャラーの二冠を獲得した。メルセデスは1993年シーズンからCクラスをベースとしたクラス1マシンをDTMで使用する予定でいた。しかし、1992年シーズン途中でアウディが撤退、シーズン終了後にはBMWもDTMからの撤退を決めた。主要エントラントの撤退によって1993年のDTMが開催中止になる可能性があったため、メルセデスはDTM仕様のCクラスの開発を凍結した。その後、1992年にDTMへの参戦計画を明らかにしていたアルファロメオが参戦を発表し、メルセデスも参戦継続を決めた。だが、Cクラスの開発は1993年シーズンには間に合わず、メルセデスは1992年まで使用していた190E2.5-16エボリューションIIをクラス1仕様にモディファイした190E/C1で1993年シーズンを戦うことになった。メルセデス・ベンツ・190E/C1 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のアメリカン・ル・マン・シリーズ

    2006年のアメリカン・ル・マン・シリーズから見たアウディアウディ

    2006年シーズン開幕前、アウディは新車のR10 TDIでLMP1クラスに継続して参戦することを発表、デビュー戦のセブリング12時間レースはル・マン24時間レースへの準備としての参加となる。これに続いてアウディは1台のR8をセブリングの後の数戦で走らせた後、これに代えて残りのシーズンは2台のR10 TDIを投入することを発表した。2006年のアメリカン・ル・マン・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • オレカ・01

    オレカ・01から見たアウディアウディ

    2010年のル・マン24時間レースでは、オレカは出走するレースカー2台の内1台をプジョー・908 HDi FAPとした為、オレカ・01は1台のみの出走となった。予選では3分29秒506のタイムを出して10位に着けた。決勝レースでは、ガソリンエンジン搭載組で最高位を走っていた3台のローラ・アストンマーティン B09/60が(ディーゼルエンジンを搭載した)4台のプジョー勢と同様の信頼性の問題で総崩れした。オレカ・01は、ディーゼル搭載組の3台のアウディ勢に続いて、ガソリンエンジン搭載組では最先着となる総合順位4位に入り、強烈な印象を残した。オレカ・01 フレッシュアイペディアより)

  • インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー

    インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーから見たアウディアウディ

    総合優勝にはこれまで、トヨタ、ホンダ、BMW、マツダ、フォルクスワーゲン、フィアット、フォードのエンジンが選出されている。サブカテゴリー優勝を含めると、ポルシェ、メルセデス、ゼネラルモーターズ、フェラーリ、アルファロメオ、プジョーシトロエン、スバル、クライスラー、アウディなど各国の主要自動車メーカーが受賞しているが、日産自動車にはまだ一度も受賞歴がない。インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の岡山1000km

    2009年の岡山1000kmから見たアウディアウディ

    二次エントリーに申し込んだ23チームが9月1日に発表された。最終エントリーは、ヨーロッパのル・マン・シリーズのLMP1カテゴリーをリードするペスカロロ・スポールによるエントリー名「ソラ・レーシング」の登録、2台のコレスチームのアウディ、ル・マン・シリーズのチャンピオンのアストンマーティン、1台のオレカ、2009年に新規設立されたチームのドレイソン・レーシングによるローラ、カテゴリー唯一の参加チームは、2007年のル・マン24時間レース以来の参戦となる 「Tōkai University/YGK Power (東海大学/YGKパワー)」である。LMP2カテゴリーは、ル・マン・シリーズからわずか2チームのエントリーであった。マツダ製エンジンを搭載したペスカロロ・01を走らせるオーク・レーシングと、クラージュ-AERを走らせるイバニェス・レーシング・サービスがル・マン・シリーズに与えられる招待枠により参戦した。2009年の岡山1000km フレッシュアイペディアより)

434件中 91 - 100件表示

「アウディ」のニューストピックワード