434件中 21 - 30件表示
  • 友國麻衣子

    友國麻衣子から見たアウディアウディ

    セールスの経験から、アウディ、レクサス、HONDAなどでセールス研修、新人研修、新店舗オープン前スタッフコミュニケーション研修などを担当する。友國麻衣子 フレッシュアイペディアより)

  • アウトウニオン

    アウトウニオンから見たアウディアウディ

    アウトウニオン(Auto Union)は1930年代から1980年代に存在したドイツの民族系資本の自動車メーカー。今日のアウディの前身となった。アウトウニオン フレッシュアイペディアより)

  • アウディスポーツ

    アウディスポーツから見たアウディアウディ

    アウディスポーツ (Audi Sport) とは、アウディが展開しているスポーツカーブランドである。海外ではアウディの子会社「Audi Sport GmbH」として展開している。アウディスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のル・マン24時間レース

    2015年のル・マン24時間レースから見たアウディアウディ

    予選でタイムレコードを出したニール・ジャニのドライブにより、ポルシェ・919ハイブリッドの18号車に乗るジャニ、ロマン・デュマ、マルク・リープ組が、ポールポジションを獲得した。決勝レースでは、ポルシェ・919ハイブリッドの19号車に乗るニック・タンディに、ル・マン24時間レースに初参戦したアール・バンバーとニコ・ヒュルケンベルグで構成された3人組が、2位のポルシェ17号車に乗るマーク・ウェバー、ブレンドン・ハートリー、ティモ・ベルンハルト組に1ラップ差をつけて優勝した。ポルシェは、1998年以来となる通算17度目の総合優勝を果たした。2位のポルシェの1周後方の3位に、前年の優勝者であったブノワ・トレルイエ、マルセル・フェスラー、アンドレ・ロッテラーら3人がドライブするアウディ7号車が、アウディ勢の最先着車として入っている。2015年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • ニード・フォー・スピード プロストリート

    ニード・フォー・スピード プロストリートから見たアウディアウディ

    Audi R8 (2007年)/Extender Pack Premium Car Bundleニード・フォー・スピード プロストリート フレッシュアイペディアより)

  • ネッツトヨタ愛媛

    ネッツトヨタ愛媛から見たアウディアウディ

    トヨタ車(ネッツ、レクサス)だけでなく、フォルクスワーゲンやアウディの販売も行っており、後2者は販売店を松山市・J.Spot松山インターに併設している。ネッツトヨタ愛媛 フレッシュアイペディアより)

  • ミツワ自動車

    ミツワ自動車から見たアウディアウディ

    ポルシェを初めて日本に輸入したことで知られるほか、かつてはパッカード、ランボルギーニ、サーブなどの輸入販売や、アウディのディーラー経営なども行なっていた。ミツワ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・ヴィンターコルン

    マルティン・ヴィンターコルンから見たアウディアウディ

    マルティン・ヴィンターコルン(、1947年5月24日 - )は、フォルクスワーゲングループの親会社フォルクスワーゲンAGの前取締役会議長(、前最高経営責任者(CEO))、前アウディ監査役会会長、監査役会会長。マルティン・ヴィンターコルン フレッシュアイペディアより)

  • ペスカロロ・01

    ペスカロロ・01から見たアウディアウディ

    前年2006年のレースで2位に入っていることからル・マン24時間レースの自動招待枠を獲得しているペスカカロ・スポールは、ペスカロロ・01を投入して参戦している。ル・マン・シリーズに参戦中の4台のペスカロロ・01は全て参戦し、3台が完走を果たした。エマニュエル・コラール/ジャン=クリストフ・ブイヨン/ロマン・デュマら3人がドライブするペスカカロ・スポール16号車は、優勝したアウディに11周差の3位に入っている。更に11周後方の4位にロールセンターのレースカーが入っている。スカカロ・スポール17号車は完走して13位に入ったが、クルーゼのレースカーはメカニカルトラブルでレースの前半にリタイアに追い込まれている。ペスカロロ・01 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のル・マン24時間レース

    2011年のル・マン24時間レースから見たアウディアウディ

    アウディ・スポーツチーム ヨーストのアウディ2号車に乗るブノワ・トレルイエが、アウディが2006年以来長らく獲得できなかった2度目のポールポジションをチームにもたらし、アウディ1号車とともに最前列(フロント・ロー)を独占した。レース序盤での事故により3台エントリーしていたアウディ車の内2台はレースの舞台から退場することになったが、残った唯一のアウディ・R18 TDIに乗るトレルイエ、マルセル・フェスラー、アンドレ・ロッテラーら3人が、3台のプジョー・908の追撃をかわし、13.8秒のリードで優勝を果たした。LMP2クラスでは、グリーブス・モータースポーツのザイテック-日産が優勝し、 GTE Proクラスでは、コルベット・レーシング が優勝を果たし、GTE Amクラスでは、ラルブル・コンペティションチームが(参戦するレース・カー2台のメーカーはそれぞれ異なるが、)コルベットの50号車とポルシェの70号車による1-2フィニッシュによってタイトルを獲得している。2011年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

434件中 21 - 30件表示

「アウディ」のニューストピックワード