434件中 41 - 50件表示
  • コスワース

    コスワースから見たアウディアウディ

    市販車ではフォード・シエラ・コスワース/フォード・エスコート・コスワース、メルセデスベンツ190Eエボ、最近ではアウディRSシリーズやジャガー・Fタイプが一般でも入手可能なコスワース製品である。またフォード車用のエンジンチューンパーツも豊富にリリースしている。日本車関連では日産・ブルーバード(U12型)のラリー向けグレードSSS-Rに搭載されたCA18DET-Rエンジンに、コスワース製の専用鍛造ピストンが採用されていたが、元々一般向けのグレードではないため、現在は極めて入手困難なモデルである。またホンダ・NSXの最新型にコスワースが関与しているとの情報もある。他にも競技用ではあるがスバルのEJ25のコンプリートエンジンを製作及び販売をしている。コスワース フレッシュアイペディアより)

  • ティモ・ベルンハルト

    ティモ・ベルンハルトから見たアウディアウディ

    ティモ・ベルンハルト(、1981年2月24日 - )は、ドイツのザールラント州ホンブルク出身のドイツ人のレーシングドライバー。スポーツカーレースに出走している。かつてはアメリカのペンスキー・レーシングに所属しており、2013年以降はポルシェチームのワークスドライバーとして活動している。2009年から2011年までアウディチームに所属して活躍している。2010年に、スポーツカー三大クラシック耐久レースのデイトナ24時間レース(2003年)・セブリング12時間レース(2008年)・ル・マン24時間レース(2010年)を制して三冠を達成した。ティモ・ベルンハルト フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のル・マン24時間レース

    2016年のル・マン24時間レースから見たアウディアウディ

    LMP1クラスでは、レース残り6分の時点まで首位を快走していたトヨタ・ガズー・レーシング5号車が突然スロー・ダウン後停止し、ポルシェチームの2号車に乗って2年連続でポールポジションを獲得したニール・ジャニ/ロマン・デュマ/マルク・リープ組がレース残り3分の時点で大逆転して総合優勝を果たした。ポルシェ勢は前年に引き続き2年連続の総合優勝であり、デュマは2010年大会以来2度目の総合優勝で、ジャニとリープは初の総合優勝を成し遂げた。トヨタ5号車は再始動させることに成功したもののラップ・タイムが11分53秒815もの時間を要し、「最終ラップは6分以内で周回しなければいけない」というル・マン24時間独自の規定を満たすことが出来ずに完走扱いとはならず、384周もの周回を重ねながら失格となった。3周差の2位には、ステファン・サラザン/マイク・コンウェイ/小林可夢偉組のトヨタ6号車が入り、更に9周差(トップから12周差)の3位には、トラブルに苦しんだルーカス・ディ・グラッシ/ロイック・デュバル/オリバー・ジャービス組のアウディ8号車が入った。2016年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • レクサス

    レクサスから見たアウディアウディ

    その後、「L-finesse」に対して「いろいろ説明をしなければ理解できないような非常にわかりにくい訴求」との反省があり、レクサスのデザインには「高級車らしい押し出し感が弱い」「特徴がなく退屈」「トヨタブランド車との違いが分かりにくい」などの評価がついて回ったことから、BMWの「キドニーグリル」やアウディの「シングルフレームグリル」のように個性的かつ一目でレクサスと分かるような全車種共通のデザインアイコンを導入する方針への転換が図られた。レクサス フレッシュアイペディアより)

  • デュアルクラッチトランスミッション

    デュアルクラッチトランスミッションから見たアウディアウディ

    2013年現在、デュアルクラッチトランスミッションはスポーツカーの代名詞的存在になっており、ポルシェ製品の大多数がPDKを搭載する他、フェラーリ、ランボルギーニといったスポーツカーブランドだけでなくアウディ、BMW、メルセデス・ベンツ、ボルボ、アルファロメオ、フォード、現代自動車、ルノーなど多数のメーカーが公道車用に採用している。デュアルクラッチトランスミッション フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェ

    ポルシェから見たアウディアウディ

    ポルシェのエンブレム(紋章)は、本社のあるシュトゥットガルト市とバーデン=ヴュルテンベルク州の紋章を組み合わせたものとなっていて、中央の跳ね馬はシュトゥットガルト市の紋章から。その外側の左上と右下にあるギザギザした模様はバーデン=ヴュルテンベルク州の紋章に描かれた鹿(の角)を、右上と左下の赤い縞は知を、全体の金色の地色は豊穣を表す麦の色にちなんでいる。なお日本ではポルシェというとメルセデス・ベンツやアウディのようにメーカー全体の車種を指すことが多い。ポルシェ フレッシュアイペディアより)

  • BMW JAPAN

    BMW JAPANから見たアウディアウディ

    モトーレングローバル(Asahikawa BMW、旭川市)旭川市のアウディ・フォルクスワーゲンディーラー「光洋自動車」より買収し設立。本社は東京都のガリバーの本社ビルにある。BMW JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • 横浜みなとみらい21

    横浜みなとみらい21から見たアウディアウディ

    アウディジャパンによる国内最大級のショールーム「Audi みなとみらい」が11-2街区に開業。横浜みなとみらい21 フレッシュアイペディアより)

  • 現代自動車

    現代自動車から見たアウディアウディ

    しかしながらこのような逆風の中でも持ち前の攻撃的なマーケティングとデザインの大幅な改善により、2007年の累計販売台数は500万台を突破するまでになり、過去最高の売上となる30兆4890億ウォン(約3兆4000億円)を記録し、営業利益は47%増加、営業利益率も3年ぶりに6%台を回復した。これにより現代-起亜自動車グループ全体の販売台数は、世界第5位、アジアの自動車メーカーではトヨタグループに次ぐ第2位の規模になった。デザイン改革においては、現代自動車グループが、生産効率よりもデザイン優先に経営方針を定め、起亜がアウディのチーフデザイナーだったペーター・シュライヤーを獲得して最高デザイン責任者に据え、現代がBMWのチーフデザイナーだったクリストファー・チャップマンを獲得してデザイン責任者に据えたことが影響している。流体の彫刻をコンセプトにしたデザインコンセプトが世界で受け、現代自動車グループの立役者となったペーター・シュライヤーは、2012年12月に起亜自動車社長 兼 現代自動車グループの最高デザイン責任者に就任した。現代自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のル・マン・シリーズ

    2008年のル・マン・シリーズから見たアウディアウディ

    アウディはマーケティングに効果があると言うことで、2008年のル・マン・シリーズへの参戦を発表した。ヨースト・レーシングが2台体制で参戦した。2008年のル・マン・シリーズ フレッシュアイペディアより)

434件中 41 - 50件表示

「アウディ」のニューストピックワード