314件中 71 - 80件表示
  • リンク式サスペンション

    リンク式サスペンションから見たアウディアウディ

    1980年代中盤からマルチリンク式サスペンションが高級乗用車やスポーツカーに用いられるようになり、アウディやメルセデス・ベンツでは4リンク式などと表現しているが、ここで説明するのは固定車軸式である。リンク式サスペンション フレッシュアイペディアより)

  • 地産

    地産から見たアウディアウディ

    地産の創業社長で地産グループの総帥であった竹井博友は、地産倒産後の2003年(平成15年)7月に死去している。また、渋谷区神宮前6丁目の明治通り沿いにあった地産の本社ビルは解体されたが、跡地には香港の不動産投資会社・ヴェロックスによる商業ビルが2006年(平成18年)に完成、現在はアウディの旗艦店「アウディフォーラム東京」などが入居している。地産 フレッシュアイペディアより)

  • サード・ガール

    サード・ガールから見たアウディアウディ

    広瀬和正:歯科医。かつて美也と不倫関係にあった。のちに美也と偶然再会し、デートをするが、美也から提案された「美也とホテルに行くか、美也にアウディをプレゼントするか」の阿弥陀くじに敗れ、アウディの代わりに大量の缶ビールを贈った。サード・ガール フレッシュアイペディアより)

  • シムテック

    シムテックから見たアウディアウディ

    1992年にコローニの後を受けてF1に参戦したアンドレア・モーダの依頼を受け、同チームのマシン「S921」を製作(足回りはスクーデリア・イタリアの中古品を使用)。しかしながら、マネージメント・エンジニアリングともに極めて脆弱なチームで、マシンをまともに走行させることもできず、決勝進出はわずか1回のみという惨状を晒したうえ、チームオーナーのアンドレア・サセッティが逮捕されるなどのトラブルなどもあって、1年を待たずしてチームは追放処分を受け解散。また、アウディがF1参戦する際のシャーシ設計にも関わったが、参戦計画自体が頓挫した。シムテック フレッシュアイペディアより)

  • アウディカップ

    アウディカップから見たアウディアウディ

    自動車メーカー・アウディの創業100周年を記念して、2009年に創設。優勝カップはアウディのデザインチームが手がけている。ホストチームはアウディがスポンサーとなっているバイエルン・ミュンヘン。アウディカップ フレッシュアイペディアより)

  • 川島直樹

    川島直樹から見たアウディアウディ

    「貧乏ひまだらけ」と言っているが金持ちの時代もあり、audiに乗り、デザイナーズマンションに住んでいたこともある。川島直樹 フレッシュアイペディアより)

  • エリック・シュピーカーマン

    エリック・シュピーカーマンから見たアウディアウディ

    MetaDesignではいわゆるドイツ的清潔さを押し出したインフォメーション・デザインを複雑なコーポーレート・デザインに応用するアプローチで、BVG(ベルリン交通)やデュッセルドルフ空港、アウディ、フォルクスワーゲン、ハイデルベルク・プリンティングなどをクライアントに仕事を行った。エリック・シュピーカーマン フレッシュアイペディアより)

  • FFミッドシップ

    FFミッドシップから見たアウディアウディ

    さらに、同様にオイルパン貫通式のドライブシャフトを持つアウディやスバルでは、高速時の直進安定性(重量物を車体端に置く)やトラクション(前軸荷重を稼ぐ)の確保に有利となるよう、ホンダとは逆にエンジンをフロントオーバーハングに寄せている。しかし、近年ではアウディが初代A5や4代目A4において、トランスミッションのデフとクラッチ(トルコン)の位置を入れ替えて従来よりも前車軸を前方に移動させたレイアウトを採用し、フロントオーバーハングを減らしたスタイルと前後重量配分とを実現している。FFミッドシップ フレッシュアイペディアより)

  • キャデラック・カテラ

    キャデラック・カテラから見たアウディアウディ

    しかし、カテラはかつてのシマロンよりも遥かにリファインされた製品で、世評も悪くなかった、それでもシマロン同様、販売目標を達成することが出来なかった。伝統的な需要層にはカテラのボディサイズは小さく、物足りなく感じられたし、欧州車の購買層にはBMW、アウディ、メルセデス・ベンツほどのブランド力が無いオペルベースで、さらにアメリカ風のセッティングを施されていたカテラは魅力不足であった。また、タイヤの異常磨耗やエンジン不調でのリコールなど、信頼性の不足も指摘された。アメリカの消費者レビュー雑誌には1999年モデル以降のカテラの信頼性は著しく向上していたと指摘されているが、一旦失われた人気は回復しなかった。キャデラック・カテラ フレッシュアイペディアより)

  • ミニチャンプス

    ミニチャンプスから見たアウディアウディ

    最初に展開されたのは、1990年のDTMに参戦していたレーシングカーで、スケールは1/43。アウディV8、メルセデス・ベンツ 190E Evolution1、BMW M3などが製品化された。車種だけでなくチーム、そしてドライバーによるカラーリングやマーキングの違いを再現し、多くのバリエーションを用意したことも特徴である。ミニチャンプス フレッシュアイペディアより)

314件中 71 - 80件表示

「アウディ」のニューストピックワード