314件中 81 - 90件表示
  • フォルクスワーゲン・パサート

    フォルクスワーゲン・パサートから見たアウディアウディ

    1960年代後半、K70(ロータリーエンジンを搭載したNSUのRo80のレシプロエンジン版)などあったものの商業的に成功していたとは言えずフォルクスワーゲンの主力は依然ビートルであった。この状態から脱却するために生まれたのがパサートである。1973年ジウジアーロがデザインしたとされる初代パサートは、アウディ80をベースとする姉妹車であり、アウディ80がノッチバックだったのに対し、パサートはファストバック・スタイルを採用し、より若々しいキャラクターづけがされていた。2世代目も同じくアウディ80をベースとするが新たにノッチバックのサンタナがデビューし、貿易摩擦解消の意味も兼ねて、日本では日産自動車がノックダウン生産していた。3世代目では、アウディとの姉妹関係は解消され一般的な横置きエンジン・前輪駆動(4WDのシンクロも存在する)の方式に改められ、主に居住性が向上している。アウディA4とプラットフォームを共用する5代目ではW型エンジン搭載車が登場し、堅実なファミリーサルーンからフォルクスワーゲンのフラッグシップとしての格付けにシフトする(ただし2002年にVWの最高級車、フェートンが登場した)。6代目モデルでは再び横置きエンジンとなりゴルフとの姉妹関係になっていた。フォルクスワーゲン・パサート フレッシュアイペディアより)

  • スワイヤー・グループ

    スワイヤー・グループから見たアウディアウディ

    太古自動車(Taikoo Motors Offshore Limited、百慕達太古海外汽車股份有限公司)台湾でのボルボなどの商用車販売会社。その他スワイヤー・グループは台湾でフェラーリ、マセラティ、アウディ、フォルクスワーゲン、起亜などのディーラーも所有している。スワイヤー・グループ フレッシュアイペディアより)

  • 一六本舗

    一六本舗から見たアウディアウディ

    ネッツトヨタ愛媛(カーディーラー) ネッツトヨタ(旧トヨタオート)及びレクサス、フォルクスワーゲン、アウディを取り扱う。一六本舗 フレッシュアイペディアより)

  • コネホ・バレー

    コネホ・バレーから見たアウディアウディ

    ハイテクの中でも特にバイオテクノロジー分野でアムジェンとバクスター、重機械のジェネラル・ダイナミクスおよび航空宇宙産業のロックウェル・インターナショナルなど多くのハイテク会社がこの地域で栄えている。その他にもインターネット関連企業や通信系のベライゾン・コミュニケーションズとベライゾン・ワイヤレスなど技術系の会社が多い。医療系ではウェルポイント、コンサルタントのJDパワー、自動車のフォルクスワーゲンとアウディ、コンピュータゲームのTHQ、および化粧品のジャフラ・コスメティックスなどの企業もある。コネホ・バレーは白人が多数で、ヒスパニックがそれに続く地域であるが、アジア系アメリカ人が少数でも増加しつつあり、その多くが地域の会社で働いている。コネホ・バレー フレッシュアイペディアより)

  • フォード・シエラ

    フォード・シエラから見たアウディアウディ

    1985年には2段構えのリアスポイラー、通常の3ドアと異なる6ライトのサイドウインドーなど、独自の外観を持つスポーツ版、XR4iが登場、欧州市場向けにはV6・2800/2900ccエンジンを搭載していたが、アメリカにも4気筒2300ccターボ付きエンジンを搭載して輸出され、スコーピオと共に、メルクールという新ブランドで、BMWやアウディなどと対応する欧州製プレミアム小型車としてリンカーン-マーキュリーの販売網を通じて売られた。シエラの名称はGMがオールズモビルの車種名として商標登録していたので用いることができなかった。メルクールXR4iは1989年まで販売されたが、商業的には成功しなかった。フォード・シエラ フレッシュアイペディアより)

  • KTM・クロスボウ

    KTM・クロスボウから見たアウディアウディ

    KTM・クロスボウ (KTM X-Bow) は、オーストリアのオートバイメーカーであるKTMが初めて製造したスポーツカーである。ザルツブルクのキスカデザイン、ドイツのアウディ、イタリアのレーシングカーコンストラクターであるダラーラなどと共同で開発された。センターロック式のホイール、屋根もドアもない、レースを意識した純正オプションなど競技車両然としたスタイリングであるが、無改造で公道走行が可能な乗用車である。KTM・クロスボウ フレッシュアイペディアより)

  • キア・オプティマ

    キア・オプティマから見たアウディアウディ

    さらに2008年4月、ニューヨーク国際オートショーで大幅なフェイスリフトを受けたオプティマが発表された。韓国版ロッツェには「イノベーション」というサブネームが付けられている。このフェイスリフトはVW・アウディのチーフデザイナーであったペーター・シュライヤーの指揮下で行われ、「タイガーグリル」と呼ばれる新デザインのラジエターグリルが採用された。タイガーグリルはキアの新しい顔として以後順次他の車種にも採用されていくこととなる。キア・オプティマ フレッシュアイペディアより)

  • レカロ

    レカロから見たアウディアウディ

    アウディRS4やフェラーリ599GTBフィオラノ、フォード・フォーカスST、ルノーメガーヌR.S.、サターン・アイオン・レッドラインなどの高級スポーツモデルに装着される事例も多いが、一方でフォード・モンデオのようなさほどスポーツ走行を意識しない車種にも採用されている。レカロ フレッシュアイペディアより)

  • ネッツトヨタ愛媛

    ネッツトヨタ愛媛から見たアウディアウディ

    トヨタ車(ネッツ、レクサス)だけでなく、フォルクスワーゲンやアウディの販売も行っており後2者は販売店を松山市・J.Spot松山インターに併設している。ネッツトヨタ愛媛 フレッシュアイペディアより)

  • レッドブル・ザルツブルク

    レッドブル・ザルツブルクから見たアウディアウディ

    2005年よりドイツ・ブンデスリーガの名門FCバイエルン・ミュンヘンと提携関係を結んでいる。多くの元FCバイエルン・ミュンヘンの選手・スタッフがレッドブル・ザルツブルクに所属しており、いかに関係が深いものであるかを伺わせる。また、クラブのスポンサーもFCバイエルン・ミュンヘンと同じアディダスとアウディである。レッドブル・ザルツブルク フレッシュアイペディアより)

314件中 81 - 90件表示

「アウディ」のニューストピックワード