285件中 61 - 70件表示
  • うすき少年自然の家

    うすき少年自然の家から見た野外活動アウトドア

    日豊海岸国定公園の北部、佐賀関半島の臼杵湾側の付け根付近の台地上に、1975年(昭和50年)10月に設置された。施設の周囲は自然が豊かで、カヌーや海水浴といった野外活動が楽しめる。宿泊定員は、205人。うすき少年自然の家 フレッシュアイペディアより)

  • セント・バードゥードル

    セント・バードゥードルから見たアウトドアアウトドア

    本種の介助犬として働くための問題点の一つは、超大型犬種ではありがちな股関節形成不全症にかかりやすいという事である。これによって歩行が困難になる危険性が危惧されていて、又、激しい運動が出来ないためアウトドア派の人の介助を行う際には欠点となりうる。もう一つは食事量が多いため、食費が毎月馬鹿にならないと言う事である。食事量が多い事によって介助者の家計を圧迫し、負担となりうるという点が2つ目の欠点である。セント・バードゥードル フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤政喜

    斉藤政喜から見たアウトドアアウトドア

    1977年、生地の長野県で暮らしていたとき斉藤の父は仕事で失敗をおかし、斉藤家は一家離散した。斉藤はそのとき高校卒業間近であったが、東京で早くも自活することになった。大学時代はアルバイトに精を出し、旅をよくした。1986年、大学を卒業した。大学4年生のときの長江(揚子江)での旅のことを原稿にし、小学館のアウトドア雑誌「ビーパル(BE-PAL)」に掲載した。このあとも、主に自らの旅を主題に書くフリーライターとして生きていくことになる。この年にはネパールなどへの旅もし、そのこともあってシェルパ斉藤というペンネームがつけられた。 BE-PALの通巻100号記念企画として始まった東海自然歩道全踏破の連載は踏破完了後も「いきあたりばっ旅」とリニューアルして継続。様々な旅のスタイルを模索する長期連載となった。斉藤政喜 フレッシュアイペディアより)

  • クーラーボックス

    クーラーボックスから見たアウトドアアウトドア

    クーラーボックスとは、携帯用のバッグ型保温箱のこと。英語では単に"cooler"などという。プラスチックケースの周囲に断熱材が張り巡らせてあることから、温度を一定に保つことができる。主に釣り具用品として、釣った魚を保管、運搬する道具として1980年代頃から普及し、以後、アウトドアレジャーなどで、食品や飲料などを入れて運搬する道具として使われるようになった。クーラーボックス フレッシュアイペディアより)

  • 先割れスプーン

    先割れスプーンから見たアウトドアアウトドア

    先割れスプーン(特に軽いタイプの)は、フォークとスプーンより場所を取らずより軽いために、バックパッカーの間で人気が高い。ことチタンのものはアウトドア用品の店で、折り畳み式など「登山などの荷物の軽量化」を目指した製品が見られる。先割れスプーン フレッシュアイペディアより)

  • オスカー=ハインリヒ・ベール

    オスカー=ハインリヒ・ベールから見たアウトドアアウトドア

    ベールは1913年 5月25日にライプツィヒ近郊のゾマーフェルト(Sommerfeld)で生まれた。両親は農民でありベールは全てがアウトドアに関連した生活と森に惹かれていたため最初は樵になることを望んでいたが、ユンカース社製の輸送機を初めて見たことで心変わりがして自分はパイロットになるべきだと確信した。10代の頃にベールはグライダーのパイロットとなり、将来はルフトハンザ航空で働く旅客機のパイロットになる希望を持っていた。ベールが"プリッツル"("Pritzl")という綽名を貰ったのは彼の好物がプリッツルのキャンディバーであったことによる。オスカー=ハインリヒ・ベール フレッシュアイペディアより)

  • 達淳一

    達淳一から見たアウトドアアウトドア

    釣り(釣った魚も下ろす)・料理・アウトドア・城・金魚・ビール・歌・お花・お茶達淳一 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーシート

    ブルーシートから見たアウトドアアウトドア

    こういった特徴から、工事用以外にもアウトドアキャンプ用や花見用などで地面に座るためのござの代用品、あるいはそのござの下に敷いて地面からの湿気を防ぐために一般家庭用としても広まった。また手軽で安価、耐候性の高いことから路上生活者の仮設住居の材料として常用されている。ブルーシート フレッシュアイペディアより)

  • 蚊遣器

    蚊遣器から見たアウトドアアウトドア

    駆除を手段とした蚊よけが蚊取り線香のみであった時代には重要な役割を果たしていたが、電気蚊取の普及以降、蚊取り線香と共に一般家庭における役割を縮小している。しかし電気が使えない夏のキャンプなどアウトドアにおける活動には未だに重宝される他、蚊取り線香を好む消費者も多い。また実用品としての利用が少なくなったとはいえ、夏の風物詩としての価値はなくなっておらず、鑑賞用として現在でも蚊遣豚など、様々な蚊遣器が作成、使用されている。蚊遣器 フレッシュアイペディアより)

  • 小林晴夫

    小林晴夫から見たアウトドアアウトドア

    園芸・絵画鑑賞・ゴルフ・アウトドアスポーツなど多趣味で知られ、学生時代はアイスホッケーの選手だった。小林晴夫 フレッシュアイペディアより)

285件中 61 - 70件表示

「アウトドアスポーツ」のニューストピックワード