68件中 11 - 20件表示
  • 姫路市立水族館

    姫路市立水族館から見たアオウミガメアオウミガメ

    アオウミガメ・アカウミガメ・ケヅメリクガメ・ワニガメ・カブトガニ・オオサンショウウオ・フンボルトペンギン・ヌートリア・ゴンズイ・クマノミ・アカシマシラヒゲエビ・トビハゼ・カタクチイワシ・アリゲーターガー・エラブウミヘビ・なまこなど姫路市立水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 九十九島パールシーリゾート

    九十九島パールシーリゾートから見たアオウミガメアオウミガメ

    アオウミガメ、タイマイ、チョウチョウウオ類など南方系の動物もいるが、佐世保近海の生物展示に重点を置く。干潟、荒波が打ち寄せる磯、タイドプール、アマモの藻場、砂泥底、海底の瀬などを模した小水槽が配置され、他にもカブトガニ、根魚、九十九島の外海に生息するウミガメや大型肉食魚タマカイなどをテーマにした水槽もある。九十九島パールシーリゾート フレッシュアイペディアより)

  • 照屋敏子

    照屋敏子から見たアオウミガメアオウミガメ

    1980年 アオウミガメ人口孵化に成功。照屋敏子 フレッシュアイペディアより)

  • ウォルフ島

    ウォルフ島から見たアオウミガメアオウミガメ

    シュモクザメ、ジンベイザメ、アオウミガメ、マンタや遠洋魚が見られる。ウォルフ島 フレッシュアイペディアより)

  • メイソンボロ島

    メイソンボロ島から見たアオウミガメアオウミガメ

    島は沼地、砂丘、干潟で構成され、大西洋側の砂浜はアカウミガメやアオウミガメの産卵地となっている。メイソンボロ島 フレッシュアイペディアより)

  • ほしうた

    ほしうたから見たアオウミガメアオウミガメ

    周防家で飼われているカメ。ななのの頭の上に乗っていることが多い。ななのはカメ次郎のことをミドリガメだと思っているが本当はアオウミガメ(絶滅危惧種)である。「ピー」という声で鳴く。「うたシリーズ」の第1作『ゆきうた』に「ウサ太郎」という名のウサギが登場したため、『ウサギとカメ』の童話になぞらえて登場することになった。ななのはカメ次郎の言葉がわかるようである。ほしうた フレッシュアイペディアより)

  • トレス海峡諸島

    トレス海峡諸島から見たアオウミガメアオウミガメ

    漁業が盛んで真珠養殖がされているほか、美しいサンゴ礁の島々はリゾート地ともなっている。海中には絶滅危惧種であるジュゴンやアオウミガメ、タイマイ、ヒラタウミガメが棲息している。トレス海峡諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ヴォストック島

    ヴォストック島から見たアオウミガメアオウミガメ

    注目すべき動物相としては、アカアシカツオドリ (Sula sula)、オオグンカンドリ (Fregata minor)、コグンカンドリ (Fregata ariel)、ヒメクロアジサシ (Anous minutus)、シロアジサシ (Gygis alba)、アオツラカツオドリ (Sula dactylatra)、カツオドリ (Sula leucogaster)、クロアジサシ (Anous stolidus)といった海鳥が挙げられる。これに加えて、ナンヨウネズミや青色の尾をもつトカゲ、ヤシガニ、アオウミガメがヴォストック島では観察される程度である。ヴォストック島 フレッシュアイペディアより)

  • マルデン島

    マルデン島から見たアオウミガメアオウミガメ

    グアノ採掘が行われていた時期には、猫、豚、羊、ハツカネズミがマルデン島に移入された。豚と羊は死に絶えてしまったが、猫とハツカネズミは現在でも島内で生息していることが確認されている。また少数のアオウミガメが海岸に巣を作り、ヤドカリが多数生息している。マルデン島 フレッシュアイペディアより)

  • パフォス地区

    パフォス地区から見たアオウミガメアオウミガメ

    の3つに分かれる。北西部のアカマス半島には自然公園が有り、青海亀の繁殖が保護されている。パフォス地区 フレッシュアイペディアより)

68件中 11 - 20件表示

「アオウミガメ」のニューストピックワード