68件中 21 - 30件表示
  • 海草

    海草から見たアオウミガメアオウミガメ

    海藻の群落である(海藻)藻場と同じく沿岸域に分布するが、海草藻場が成立するのは、一般的には砂地であり、海藻は固着できない。海草藻場に海中の浮遊物や海草自体が由来となる有機物の蓄積し、ゴカイ等の底生生物や魚類などの生息・繁殖の場となる。また、小型の稚仔魚等の隠れ場としての機能も有する。ジュゴンやアオウミガメ等のように直接海草類を食べる動物もいる。また、分解者の活動も活発であり、水質浄化の機能も有している。海草 フレッシュアイペディアより)

  • 混獲

    混獲から見たアオウミガメアオウミガメ

    絶滅の危機に瀕しているウミガメは、これまでにも多くの個体がエビのトロール漁によって命を落としている。ウミガメは、トロール網から逃げ出せることもあるが、メキシコ湾と、アメリカ沖大西洋では、毎年数千ものケンプヒメウミガメ、アカウミガメ、アオウミガメ、オサガメが混獲されている 。混獲 フレッシュアイペディアより)

  • ウミガメ科

    ウミガメ科から見たアオウミガメアオウミガメ

    Chelonia mydas アオウミガメ Green turtleウミガメ科 フレッシュアイペディアより)

  • 京都水族館

    京都水族館から見たアオウミガメアオウミガメ

    日本海を表現した水量500tの大水槽は、高さ6m、1〜2階吹き抜けで、厚み240mmのアクリルガラス製。1mを超すマダラトビエイを始め、ホシエイ、クエ、アオウミガメなど50種が展示されており、泳ぎ回る大きな魚群を観察できる。2012年(平成24年)4月23日、ナポレオンフィッシュが新たに加えられた。京都水族館 フレッシュアイペディアより)

  • レディーエリオット島

    レディーエリオット島から見たアオウミガメアオウミガメ

    グレート・バリア・リーフはウミガメ類の生息地として世界でも重要な地域であり、中でもレディーエリオット島はその中心的な生息地となっている。毎年11月から3月の間には、 アオウミガメやアカウミガメが、自らが50年前に生まれたのと同じ浜辺に上陸する。このようなレディーエリオット島でのウミガメの産卵は、1期間中に9回にも上ることもあり、1匹のウミガメは1回に80 個から120 個の卵を産卵する。産卵の8?12週後に子供が孵り、産卵場所から海へ向かう(1月?4月の間)。レディーエリオット島 フレッシュアイペディアより)

  • 北西ハワイ諸島

    北西ハワイ諸島から見たアオウミガメアオウミガメ

    北西ハワイ諸島は野生生物の宝庫でクロアシアホウドリ、ハワイモンクアザラシ、レイサンマガモ、アオウミガメなどの貴重な野生生物が生息している。1909年にミッドウェー諸島とクレ環礁を除くアメリカ合衆国内務省の魚類野生生物局が管轄する国立自然保護区に指定された。魚類野生生物局の調査員が時折、訪れる以外は一般人が許可なく立ち入る事は禁止されており、上陸するにしても冷凍殺菌した新しい服装に着替えなければ北西ハワイ諸島に上陸する事が出来ない。唯一、フレンチ・フリゲート環礁のターン島に魚類野生生物局の基地が設置してあり、リシアンスキー島には研究者のテントが設置してある。北西ハワイ諸島 フレッシュアイペディアより)

  • バン・ダルガン国立公園

    バン・ダルガン国立公園から見たアオウミガメアオウミガメ

    また、絶滅が危惧されているウミガメも多く、絶滅危惧種のアオウミガメとアカウミガメ、絶滅寸前のオサガメとタイマイ、危急種のヒメウミガメの繁殖も確認されている。魚類にも稀少な種はいくつもおり、絶滅危惧種のノコギリエイの仲間、危急種のシロシュモクザメなどが生息している。バン・ダルガン国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • ニューカレドニア・バリア・リーフ

    ニューカレドニア・バリア・リーフから見たアオウミガメアオウミガメ

    リーフは生物種が多様で、その中に固有種が非常に多く含まれている。また、絶滅が危惧されているジュゴンの棲息地であり、アオウミガメの重要な営巣地にもなっている。ニューカレドニア・バリア・リーフ フレッシュアイペディアより)

  • パパハナウモクアケア海洋ナショナル・モニュメント

    パパハナウモクアケア海洋ナショナル・モニュメントから見たホヌアオウミガメ

    2010年7月には、東端のニホア島から西端のクレ環礁(ハワイ語名:ホーラニクー)までの全域が世界遺産(複合遺産)入りを果たしている(世界遺産としての名称は「パパハナウモクアケア」。理由は後述)。 レイサン島(カモレ)には世界中にいる1300頭のハワイモンクアザラシのうち250頭が生息し、フレンチフリゲート瀬(ラロ)ではハワイのアオウミガメ(ホヌ)はここで繁殖するなど、ハワイ人におなじみの貴重な自然が息づいている。パパハナウモクアケア海洋ナショナル・モニュメント フレッシュアイペディアより)

  • パパハナウモクアケア海洋ナショナル・モニュメント

    パパハナウモクアケア海洋ナショナル・モニュメントから見たアオウミガメアオウミガメ

    2010年7月には、東端のニホア島から西端のクレ環礁(ハワイ語名:ホーラニクー)までの全域が世界遺産(複合遺産)入りを果たしている(世界遺産としての名称は「パパハナウモクアケア」。理由は後述)。 レイサン島(カモレ)には世界中にいる1300頭のハワイモンクアザラシのうち250頭が生息し、フレンチフリゲート瀬(ラロ)ではハワイのアオウミガメ(ホヌ)はここで繁殖するなど、ハワイ人におなじみの貴重な自然が息づいている。パパハナウモクアケア海洋ナショナル・モニュメント フレッシュアイペディアより)

68件中 21 - 30件表示

「アオウミガメ」のニューストピックワード