68件中 31 - 40件表示
  • サンガネーブ海洋国立公園とドンゴナーブ湾=ムカッワー島海洋国立公園

    サンガネーブ海洋国立公園とドンゴナーブ湾=ムカッワー島海洋国立公園から見たアオウミガメアオウミガメ

    魚類は1990年代の報告で251種が特定されており、実際には300種以上が棲息しているものと推測されている。棲息が確認されているのは、サメ(アカシュモクザメ、オグロメジロザメ、ツマジロ、ツマグロ、ネムリブカ)、エイ(オニイトマキエイ、マダラトビエイ、)、メガネモチノウオなどのベラ科31種のほか、スズメダイ科(24種)、ハゼ科(18種)、ハタ科(13種)、チョウチョウウオ科(12種)、テンジクダイ科(12種)、ニザダイ科(10種)、ブダイ科(9種)、イソギンポ科(9種)、フエダイ科(8種)の魚などである。また、海洋哺乳類としては、オキゴンドウ、ゴンドウクジラ、ザトウクジラ、ハンドウイルカなどが挙げられる。爬虫類では、確定的なものではないが、タイマイの餌場になっている可能性やアオウミガメを目撃しうる時期のあることが指摘されている。サンガネーブ海洋国立公園とドンゴナーブ湾=ムカッワー島海洋国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • アリソン (亀)

    アリソン (亀)から見たアオウミガメアオウミガメ

    アリソン(英語:Allison)とは、アメリカ合衆国テキサス州の(南パドレ島)のウミガメ研究保護センター (Sea Turtle Rescue Center) に飼育されるアオウミガメの名である。身体に負った障害を緩和するために、カメでは世界で初めて補助具(人工ヒレの一つ)を装着した個体として知られる。アリソン (亀) フレッシュアイペディアより)

  • アウマクア

    アウマクアから見たアオウミガメアオウミガメ

    ホヌ (honu): アオウミガメ (:en:Green sea turtle)アウマクア フレッシュアイペディアより)

  • コンダオ諸島

    コンダオ諸島から見たアオウミガメアオウミガメ

    1984年、諸島のうちの多くの島々がとして保護下に置かれた。この環境保全地域は1998年にはさらに拡大された。域内で保護対象として扱われる動物にはタイマイ、アオウミガメ, イルカ、ジュゴンが含まれる。保護対象となる生態系には海草藻場、マングローブ、サンゴ礁が含まれている。コンダオ諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥羽水族館

    鳥羽水族館から見たアオウミガメアオウミガメ

    人魚の海 : 日本で唯一ジュゴンを展示。ジュゴンのセレナは1987年にフィリピン政府から贈られた。アオウミガメの「カメ吉」も展示している。鳥羽水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 伊師浜海岸

    伊師浜海岸から見たアオウミガメアオウミガメ

    伊師浜海岸(いしはまかいがん)は、茨城県日立市(旧十王町)にある海岸。伊師浜海水浴場。国民休養地。環境省による快水浴場百選のほか、日本の水浴場88選、日本の白砂青松百選に選ばれている。。コアジサシやハマチドリの営巣地、アオウミガメの産卵地となっている。国の天然記念物のイブキ樹叢(いぶき山イブキ樹叢)がある。伊師浜海岸 フレッシュアイペディアより)

  • すさみ町立エビとカニの水族館

    すさみ町立エビとカニの水族館から見たアオウミガメアオウミガメ

    ウミガメプール : 水族館で人工孵化させたアオウミガメを飼育。すさみ町立エビとカニの水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たアオウミガメアオウミガメ

    タイマイ、アオウミガメ、アカウミガメ、クロウミガメ、ヒメウミガメの5種類のウミガメを飼育・展示している。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • バルトロメ島

    バルトロメ島から見たアオウミガメアオウミガメ

    ガラパゴスペンギンがよく見られ、ピナクル・ロックの背後にある小洞窟の集団繁殖地に営巣する。季節により、バルトロメ島はアオウミガメの繁殖および営巣地となる。サギ類は、穏やかな浜を利用している。ガラパゴスのが、新しい溶岩台地に生えている。バルトロメ島 フレッシュアイペディアより)

  • フレンチフリゲート瀬

    フレンチフリゲート瀬から見たアオウミガメアオウミガメ

    現在は環礁全体が自然保護区の中にあるため、立ち入りは研究者に限られている。ハワイ諸島のアオウミガメ(ホヌ)はここで繁殖する。フレンチフリゲート瀬 フレッシュアイペディアより)

68件中 31 - 40件表示

「アオウミガメ」のニューストピックワード