前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たクック諸島

    しかし現在のように建前だけでも捕獲禁止が認識されるようになるまで、ウミガメは特に大洋上の離島において唯一利用可能な獣肉であり、工芸材料であった歴史がある。バヌアツやツバル、クック諸島といった太平洋に散在する島嶼から成り立つ国家がその典型で、現在もその習慣から抜けきれないでいる。ハワイ諸島でも食用に捕獲され、革は干されてハンドバッグに加工された。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た中国

    こうした島嶼に限らず、大陸国家においてもカメは消費されており、ことに古来より「亀は万年」とその長寿を讃えた中国では、その霊力を体内へ取り込む意味もあってウミガメを含めたカメが珍味として賞味され、中でも本種はその肉が美味なこともあって珍重された。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たイセエビ

    小笠原諸島や慶良間諸島・八重山諸島での上陸回数や産卵巣の数、四国から八重山諸島にかけてのダイバーによる目撃例は共に増加傾向にあり、個体群は回復傾向にあると考えられている。一方で採食域である本州・四国・九州の浅海域での磯焼けによる食物の減少、秋季から冬季に行われるイセエビ漁での刺し網による混獲、産卵地である南西諸島では開発や海洋構造物建築による砂の流出による影響が懸念されている。小笠原諸島では1876年に日本領になってから年あたり3,000頭以上を捕獲したと推定され、1880年には1,852頭が捕獲、1910年には捕獲数が数百頭になるまで激減した。1973年に小笠原諸島が日本に返還されてからは東京都知事の許可のもとに漁が行われ、漁獲量は年あたり100 - 200頭前後だが1990年に60頭、1992年に55頭と急落した時期もある。南西諸島では昭和40 - 50年代に剥製が流行し、それに伴い食用の流通も急増した。1910年から明治政府によって小笠原諸島で保護・増殖が進められた。第二次世界大戦後に小笠原諸島が日本に返還されてからは東京都や小笠原村によって調査が再開され、小笠原海洋センターによる調査が継続し漂着した死骸の調査など市民活動による調査も続けられている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たジャワ島

    バリ島はインドネシアの中心であるジャワ島から遠く離れた小さな島で、同地ではウミガメ資源の枯渇を防ぐため、1950年代から儀式に使うウミガメを輸入している。こうしたこともあって、インドネシア国内における食用カメ卵はさほど重要視されていなかったが、結果としてこれがカメ卵流通にお墨付きを与えた形になっており、貧しい人々が海浜を勝手に掘り返してカメ卵を採集し、悪徳商人らがそうして違法に採集したカメ卵を市場に大量に流すようになった。僻地のちっぽけな島で、宗教儀式に際し捕殺されるカメなどごくわずかであり、資源の枯渇など招くことはないと考えられていたが、それにかこつけてウミガメ資源が蕩尽されているのが実態であり、近年ではこの宗教儀式がウミガメ資源の持続に世界一悪影響を与えていると説明されるまでに至っている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た

    熱帯から亜熱帯にかけての海洋に生息し、主に水深の浅い沿岸域に生息する。これは主な食物である海草や海藻が生育可能であることによる。幼体は外洋の表層に浮遊する藻類などに隠れて生活し、甲長30センチメートルまで成長すると沿岸域へ侵入しそこで生活するようになると考えられている。水温が一時的に20℃まで低下する程度であればある程度の低温にも耐性があると考えられ、日本では冬季でも伊豆半島沖で採食を行っている。一方でフロリダでは1977 - 1986年に海水温が8℃まで低下した年が5回あり、342頭の衰弱個体や死亡個体が出た例もある。陸上では左右の前肢・左右の後肢を揃えて移動するが、斜面や危険を感じた時は前肢と後肢を交互(右前肢と左後肢、左前肢と右後肢)に動かして移動することもある。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たバリ島

    多数のウミガメが産卵に訪れるインドネシアの国教、イスラム教の法典シャリーアにおいてカメ肉は不浄とされているが、ヒンドゥー教徒の多いバリ島では、カメ肉が宗教儀式を盛り上げるために供される食材として消費されている。バリ島民にはウミガメの卵を食べる習慣がなく、カメ卵は儀式の余りものという名目で国内のイスラム教徒に売却され、結果としてウミガメの卵が珍味としてインドネシア国内で広く食べられるようになった。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た南西諸島

    模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はアセンション島。大規模な産卵地としてインドネシア、オーストラリア、オマーン、ギニアビサウ、コスタリカ、コモロ、サウジアラビア、スリナム、セーシェル、ブラジル、マレーシア、ミャンマー、アセンション島、ガラパゴス諸島、フロリダ州が確認されている。日本では主に小笠原諸島で産卵し、南西諸島でも産卵する。1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸。2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た藻類

    食性はほぼ植物食で、アマモ・ウミヒルモ・リュウキュウスガモなどの海草を食べるが、キクヒオドシ・ツノマタなどの藻類も食べる。クラゲ、サルパ、海綿動物、魚卵などの動物質を食べることもある。日本では九州以北では藻類、南西諸島では海草と海藻を食べる。一方で飼育下では魚類やイカなどの動物質や配合飼料を食べることも多く、主に植物質を食べるのは遊泳している獲物を捕食するのが難しいためと考えられている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約

    ワシントン条約附属書?に記載されているため、国際取引は全面禁止され、ほぼどの国でも法令でその捕獲禁止がうたわれているが、現在もなおかなりの数が世界中で捕獲され続けている。特にニカラグアなどの発展途上国の海浜に面した貧しい村落では、入手可能な獣肉はウミガメだけというところが多く、こうした国々の政府も捕獲禁止を表向きは是としながらも、裏では国内の経済事情などを考えると無視せざるをえない状況が続いている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た小笠原諸島

    模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はアセンション島。大規模な産卵地としてインドネシア、オーストラリア、オマーン、ギニアビサウ、コスタリカ、コモロ、サウジアラビア、スリナム、セーシェル、ブラジル、マレーシア、ミャンマー、アセンション島、ガラパゴス諸島、フロリダ州が確認されている。日本では主に小笠原諸島で産卵し、南西諸島でも産卵する。1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸。2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「アオウミガメ」のニューストピックワード