前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示
  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た千石正一

    千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、313頁。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た講談社

    小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ6 アフリカ』、講談社、2000年、112-113、228-230頁。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たクック諸島

    しかし現在のように建前だけでも捕獲禁止が認識されるようになるまで、ウミガメは特に大洋上の離島において唯一利用可能な獣肉であり、工芸材料であった歴史がある。バヌアツやツバル、クック諸島といった太平洋に散在する島嶼から成り立つ国家がその典型で、現在もその習慣から抜けきれないでいる。ハワイ諸島でも食用に捕獲され、革は干されてハンドバッグに加工された。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た中国

    こうした島嶼に限らず、大陸国家においてもカメは消費されており、ことに古来より「亀は万年」とその長寿を讃えた中国では、その霊力を体内へ取り込む意味もあってウミガメを含めたカメが珍味として賞味され、中でも本種はその肉が美味なこともあって珍重された。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たジャワ島

    バリ島はインドネシアの中心であるジャワ島から遠く離れた小さな島で、同地ではウミガメ資源の枯渇を防ぐため、1950年代から儀式に使うウミガメを輸入している。こうしたこともあって、インドネシア国内における食用カメ卵はさほど重要視されてなかったが、結果としてこれがカメ卵流通にお墨付きを与えた形になっており、貧しい人々が海浜を勝手に掘り返してカメ卵を採集し、悪徳商人らがそうして違法に採集したカメ卵を市場に大量に流すようになった。僻地のちっぽけな島で、宗教儀式に際し捕殺されるカメなどごくわずかであり、資源の枯渇など招くことはないと考えられていたが、それにかこつけてウミガメ資源が蕩尽されているのが実態であり、近年ではこの宗教儀式がウミガメ資源の持続に世界一悪影響を与えていると説明されるまでに至っている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た脂肪

    和名「アオウミガメ」や英名"Green Sea Turtle"は体脂肪が緑色であることに直接の由来がある。これは餌の色素が体組織を染めることによる。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たバリ島

    多数のウミガメが産卵に訪れるインドネシアの国教、イスラム教の法典シャリーアにおいてカメ肉は不浄とされているが、ヒンドゥー教徒の多いバリ島では、カメ肉が宗教儀式を盛り上げるために供される食材として消費されている。バリ島民にはウミガメの卵を食べる習慣がなく、カメ卵は儀式の余りものという名目で国内のイスラム教徒に売却され、結果としてウミガメの卵が珍味としてインドネシア国内で広く食べられるようになった。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た動物

    アオウミガメ(青海亀、黿、正覚坊、Chelonia mydas)は、動物界脊索動物門爬虫綱カメ目ウミガメ科に分類されるカメ。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た南西諸島

    大規模な産卵地としてはイエメン、インドネシア、オーストラリア北西部、オマーン、コスタリカ、ソマリアが確認されている。日本では小笠原諸島や南西諸島を主な産卵場としているが、1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸で、2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た藻類

    食性は植物食傾向の強い雑食で、主に海草(アマモ、ウミヒルモ、リュウキュウスガモなど)を食べるが藻類(キクヒオドシ、ツノマタなど)なども食べる。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示

「アオウミガメ」のニューストピックワード