62件中 11 - 20件表示
  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たカメ目

    アオウミガメ(Chelonia mydas)は、爬虫綱カメ目ウミガメ科アオウミガメ属に分類されるカメ。本種のみでアオウミガメ属を構成する。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たインドネシア

    模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はアセンション島。大規模な産卵地としてインドネシア、オーストラリア、オマーン、ギニアビサウ、コスタリカ、コモロ、サウジアラビア、スリナム、セーシェル、ブラジル、マレーシア、ミャンマー、アセンション島、ガラパゴス諸島、フロリダ州が確認されている。日本では主に小笠原諸島で産卵し、南西諸島でも産卵する。1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸。2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た海草

    食性はほぼ植物食で、アマモ・ウミヒルモ・リュウキュウスガモなどの海草を食べるが、キクヒオドシ・ツノマタなどの藻類も食べる。クラゲ、サルパ、海綿動物、魚卵などの動物質を食べることもある。日本では九州以北では藻類、南西諸島では海草と海藻を食べる。一方で飼育下では魚類やイカなどの動物質や配合飼料を食べることも多く、主に植物質を食べるのは遊泳している獲物を捕食するのが難しいためと考えられている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たブラジル

    模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はアセンション島。大規模な産卵地としてインドネシア、オーストラリア、オマーン、ギニアビサウ、コスタリカ、コモロ、サウジアラビア、スリナム、セーシェル、ブラジル、マレーシア、ミャンマー、アセンション島、ガラパゴス諸島、フロリダ州が確認されている。日本では主に小笠原諸島で産卵し、南西諸島でも産卵する。1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸。2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律

    国際希少野生動植物種 - 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た珍味

    卵も含めて食用とされることもある。腹甲はスープの原料とされた。大航海時代には保存食とされ、ヨーロッパにも大量の個体が持ち込まれた。ウミガメの中ではもっとも美味とされ、なかでも特に腹甲の裏に付いた腹肉(カリピーと呼ばれる)が珍重されるが、味は鶏肉と遜色なく、どちらかといえば珍味の類である。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た南九州市

    模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はアセンション島。大規模な産卵地としてインドネシア、オーストラリア、オマーン、ギニアビサウ、コスタリカ、コモロ、サウジアラビア、スリナム、セーシェル、ブラジル、マレーシア、ミャンマー、アセンション島、ガラパゴス諸島、フロリダ州が確認されている。日本では主に小笠原諸島で産卵し、南西諸島でも産卵する。1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸。2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た頴娃町

    模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はアセンション島。大規模な産卵地としてインドネシア、オーストラリア、オマーン、ギニアビサウ、コスタリカ、コモロ、サウジアラビア、スリナム、セーシェル、ブラジル、マレーシア、ミャンマー、アセンション島、ガラパゴス諸島、フロリダ州が確認されている。日本では主に小笠原諸島で産卵し、南西諸島でも産卵する。1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸。2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た爬虫類

    アオウミガメ(Chelonia mydas)は、爬虫綱カメ目ウミガメ科アオウミガメ属に分類されるカメ。本種のみでアオウミガメ属を構成する。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たギニアビサウ

    模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はアセンション島。大規模な産卵地としてインドネシア、オーストラリア、オマーン、ギニアビサウ、コスタリカ、コモロ、サウジアラビア、スリナム、セーシェル、ブラジル、マレーシア、ミャンマー、アセンション島、ガラパゴス諸島、フロリダ州が確認されている。日本では主に小笠原諸島で産卵し、南西諸島でも産卵する。1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸。2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示

「アオウミガメ」のニューストピックワード