62件中 31 - 40件表示
  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たオマーン

    模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はアセンション島。大規模な産卵地としてインドネシア、オーストラリア、オマーン、ギニアビサウ、コスタリカ、コモロ、サウジアラビア、スリナム、セーシェル、ブラジル、マレーシア、ミャンマー、アセンション島、ガラパゴス諸島、フロリダ州が確認されている。日本では主に小笠原諸島で産卵し、南西諸島でも産卵する。1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸。2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たツバル

    しかし現在のように建前だけでも捕獲禁止が認識されるようになるまで、ウミガメは特に大洋上の離島において唯一利用可能な獣肉であり、工芸材料であった歴史がある。バヌアツやツバル、クック諸島といった太平洋に散在する島嶼から成り立つ国家がその典型で、現在もその習慣から抜けきれないでいる。ハワイ諸島でも食用に捕獲され、革は干されてハンドバッグに加工された。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た大航海時代

    現在捕獲禁止の思想が名実ともに行き渡っている先進国においても、ウミガメは船乗りが船上で唯一補給可能な保存食ではない獣肉であったため、大航海時代から盛んに捕獲され食用にされた。ウミガメに満ち溢れていたカリブ海では、早くも19世紀初頭に個体群の絶滅がはじまっている。また特にウミガメの食習慣がある太平洋の離島の多くを自国の植民地下においたイギリスやフランスにもその習慣が輸入され、不思議の国のアリスにも描かれたようにウミガメのスープが超高級料理としてもてはやされた。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た食習慣

    現在捕獲禁止の思想が名実ともに行き渡っている先進国においても、ウミガメは船乗りが船上で唯一補給可能な保存食ではない獣肉であったため、大航海時代から盛んに捕獲され食用にされた。ウミガメに満ち溢れていたカリブ海では、早くも19世紀初頭に個体群の絶滅がはじまっている。また特にウミガメの食習慣がある太平洋の離島の多くを自国の植民地下においたイギリスやフランスにもその習慣が輸入され、不思議の国のアリスにも描かれたようにウミガメのスープが超高級料理としてもてはやされた。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たシャリーア

    多数のウミガメが産卵に訪れるインドネシアの国教、イスラム教の法典シャリーアにおいてカメ肉は不浄とされているが、ヒンドゥー教徒の多いバリ島では、カメ肉が宗教儀式を盛り上げるために供される食材として消費されている。バリ島民にはウミガメの卵を食べる習慣がなく、カメ卵は儀式の余りものという名目で国内のイスラム教徒に売却され、結果としてウミガメの卵が珍味としてインドネシア国内で広く食べられるようになった。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たアダン

    繁殖様式は卵生。産卵地の近くにある海洋で交尾を行う。熱帯域では周年産卵するが、緯度が上がると産卵は主に初夏の3か月に限定される。マレーシアでは周年繁殖(主に8 - 10月)、ハワイ諸島では4月中旬から6月上旬、小笠原諸島では4月下旬から8月中旬(主に6月中旬から7月中旬)、屋久島では5月中旬から8月下旬に産卵する。夜間に主に砂浜にあるアダンやモンパノキなどの低木の下に穴を掘り、日本では5 - 8月に1回に80 - 150個の卵を数回(小笠原では平均4回)に分けて産む。産卵巣はまず前肢で姿勢安定用に全身が隠れるほどの深い窪み(ボディーピット、ピット)を掘る。その中に後肢を使って深い穴を掘る。卵は45 - 70日で孵化する。生後20 - 25年で性成熟すると考えられているが、飼育下では栄養価の高い配合飼料を用いたためか生後8年で産卵を行った個体もいる。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たカリブ海

    現在捕獲禁止の思想が名実ともに行き渡っている先進国においても、ウミガメは船乗りが船上で唯一補給可能な保存食ではない獣肉であったため、大航海時代から盛んに捕獲され食用にされた。ウミガメに満ち溢れていたカリブ海では、早くも19世紀初頭に個体群の絶滅がはじまっている。また特にウミガメの食習慣がある太平洋の離島の多くを自国の植民地下においたイギリスやフランスにもその習慣が輸入され、不思議の国のアリスにも描かれたようにウミガメのスープが超高級料理としてもてはやされた。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たサウジアラビア

    模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はアセンション島。大規模な産卵地としてインドネシア、オーストラリア、オマーン、ギニアビサウ、コスタリカ、コモロ、サウジアラビア、スリナム、セーシェル、ブラジル、マレーシア、ミャンマー、アセンション島、ガラパゴス諸島、フロリダ州が確認されている。日本では主に小笠原諸島で産卵し、南西諸島でも産卵する。1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸。2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たオーストラリア

    模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はアセンション島。大規模な産卵地としてインドネシア、オーストラリア、オマーン、ギニアビサウ、コスタリカ、コモロ、サウジアラビア、スリナム、セーシェル、ブラジル、マレーシア、ミャンマー、アセンション島、ガラパゴス諸島、フロリダ州が確認されている。日本では主に小笠原諸島で産卵し、南西諸島でも産卵する。1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸。2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た父島

    日本でも小笠原諸島の父島および母島において食用目的のウミガメ漁が認められており、年に135頭の捕獲制限が設けられている。近年人工孵化と稚ガメの放流が行われており、生息数は安定している。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示

「アオウミガメ」のニューストピックワード