57件中 41 - 50件表示
  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たアマモ

    食性は植物食傾向の強い雑食で、主に海草(アマモ、ウミヒルモ、リュウキュウスガモなど)を食べるが藻類(キクヒオドシ、ツノマタなど)なども食べる。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たクロウミガメ

    C. m. agassizii クロウミガメアオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た不思議の国のアリス

    現在捕獲禁止の思想が名実ともに行き渡っている先進国においても、ウミガメは船乗りが船上で唯一補給可能な保存食ではない獣肉であったため、大航海時代から盛んに捕獲され食用にされた。ウミガメに満ち溢れていたカリブ海では、早くも19世紀初頭に個体群の絶滅がはじまっている。また特にウミガメの食習慣がある太平洋の離島の多くを自国の植民地下においたイギリスやフランスにもその習慣が輸入され、不思議の国のアリスにも描かれたようにウミガメのスープが超高級料理としてもてはやされた。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た太平洋

    太平洋(中央アメリカ、ガラパゴス諸島近海)アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たイエメン

    大規模な産卵地としてはイエメン、インドネシア、オーストラリア北西部、オマーン、コスタリカ、ソマリアが確認されている。日本では小笠原諸島や南西諸島を主な産卵場としているが、1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸で、2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た発展途上国

    ワシントン条約附属書?に記載されているため、国際取引は全面禁止され、ほぼどの国でも法令でその捕獲禁止がうたわれているが、現在もなおかなりの数が世界中で捕獲され続けている。特にニカラグアなどの発展途上国の海浜に面した貧しい村落では、入手可能な獣肉はウミガメだけというところが多く、こうした国々の政府も捕獲禁止を表向きは是としながらも、裏では国内の経済事情などを考えると無視せざるをえない状況が続いている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た

    和名「アオウミガメ」や英名"Green Sea Turtle"は体脂肪が色であることに直接の由来がある。これは餌の色素が体組織を染めることによる。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たコスタリカ

    大規模な産卵地としてはイエメン、インドネシア、オーストラリア北西部、オマーン、コスタリカ、ソマリアが確認されている。日本では小笠原諸島や南西諸島を主な産卵場としているが、1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸で、2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たウミガメ科

    アオウミガメ(青海亀、黿、正覚坊、Chelonia mydas)は、動物界脊索動物門爬虫綱カメ目ウミガメ科に分類されるカメ。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たハワイ諸島

    しかし現在のように建前だけでも捕獲禁止が認識されるようになるまで、ウミガメは特に大洋上の離島において唯一利用可能な獣肉であり、工芸材料であった歴史がある。バヌアツやツバル、クック諸島といった太平洋に散在する島嶼から成り立つ国家がその典型で、現在もその習慣から抜けきれないでいる。ハワイ諸島でも食用に捕獲され、革は干されてハンドバッグに加工された。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

57件中 41 - 50件表示

「アオウミガメ」のニューストピックワード