1 2 3 4 5 6 次へ
57件中 51 - 57件表示
  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たアセンション島

    模式標本の産地(模式産地)はアセンション島(イギリス)。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た西インド諸島

    ワシントン条約が締結される以前から、西インド諸島のケイマンタートル・ファームなどの養殖業者が本種を養殖場に囲っていた。最盛期には出荷を待つアオウミガメを常時約100,000個体も抱えていたのだが、条約締結により市場が閉鎖され、かなりの数の業者が破産に追い込まれた。現在は個体数を大幅に減らして常時約11,000個体とし、目的も食用から観光へと切り換えたうえで運営されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た愛知県

    大規模な産卵地としてはイエメン、インドネシア、オーストラリア北西部、オマーン、コスタリカ、ソマリアが確認されている。日本では小笠原諸島や南西諸島を主な産卵場としているが、1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸で、2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た鹿児島県

    大規模な産卵地としてはイエメン、インドネシア、オーストラリア北西部、オマーン、コスタリカ、ソマリアが確認されている。日本では小笠原諸島や南西諸島を主な産卵場としているが、1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸で、2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た先進国

    現在捕獲禁止の思想が名実ともに行き渡っている先進国においても、ウミガメは船乗りが船上で唯一補給可能な保存食ではない獣肉であったため、大航海時代から盛んに捕獲され食用にされた。ウミガメに満ち溢れていたカリブ海では、早くも19世紀初頭に個体群の絶滅がはじまっている。また特にウミガメの食習慣がある太平洋の離島の多くを自国の植民地下においたイギリスやフランスにもその習慣が輸入され、不思議の国のアリスにも描かれたようにウミガメのスープが超高級料理としてもてはやされた。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た片浜十三里

    大規模な産卵地としてはイエメン、インドネシア、オーストラリア北西部、オマーン、コスタリカ、ソマリアが確認されている。日本では小笠原諸島や南西諸島を主な産卵場としているが、1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸で、2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たヒンドゥー教徒

    多数のウミガメが産卵に訪れるインドネシアの国教、イスラム教の法典シャリーアにおいてカメ肉は不浄とされているが、ヒンドゥー教徒の多いバリ島では、カメ肉が宗教儀式を盛り上げるために供される食材として消費されている。バリ島民にはウミガメの卵を食べる習慣がなく、カメ卵は儀式の余りものという名目で国内のイスラム教徒に売却され、結果としてウミガメの卵が珍味としてインドネシア国内で広く食べられるようになった。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
57件中 51 - 57件表示