62件中 51 - 60件表示
  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たウミガメ科

    アオウミガメ(Chelonia mydas)は、爬虫綱カメ目ウミガメ科アオウミガメ属に分類されるカメ。本種のみでアオウミガメ属を構成する。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たセーシェル

    模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はアセンション島。大規模な産卵地としてインドネシア、オーストラリア、オマーン、ギニアビサウ、コスタリカ、コモロ、サウジアラビア、スリナム、セーシェル、ブラジル、マレーシア、ミャンマー、アセンション島、ガラパゴス諸島、フロリダ州が確認されている。日本では主に小笠原諸島で産卵し、南西諸島でも産卵する。1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸。2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たハワイ諸島

    しかし現在のように建前だけでも捕獲禁止が認識されるようになるまで、ウミガメは特に大洋上の離島において唯一利用可能な獣肉であり、工芸材料であった歴史がある。バヌアツやツバル、クック諸島といった太平洋に散在する島嶼から成り立つ国家がその典型で、現在もその習慣から抜けきれないでいる。ハワイ諸島でも食用に捕獲され、革は干されてハンドバッグに加工された。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たフロリダ州

    模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はアセンション島。大規模な産卵地としてインドネシア、オーストラリア、オマーン、ギニアビサウ、コスタリカ、コモロ、サウジアラビア、スリナム、セーシェル、ブラジル、マレーシア、ミャンマー、アセンション島、ガラパゴス諸島、フロリダ州が確認されている。日本では主に小笠原諸島で産卵し、南西諸島でも産卵する。1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸。2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見たアセンション島

    模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はアセンション島。大規模な産卵地としてインドネシア、オーストラリア、オマーン、ギニアビサウ、コスタリカ、コモロ、サウジアラビア、スリナム、セーシェル、ブラジル、マレーシア、ミャンマー、アセンション島、ガラパゴス諸島、フロリダ州が確認されている。日本では主に小笠原諸島で産卵し、南西諸島でも産卵する。1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸。2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た西インド諸島

    ワシントン条約が締結される以前から、西インド諸島のケイマンタートル・ファームなどの養殖業者が本種を養殖場に囲っていた。最盛期には出荷を待つアオウミガメを常時約100,000個体も抱えていたのだが、条約締結により市場が閉鎖され、かなりの数の業者が破産に追い込まれた。現在は個体数を大幅に減らして常時約11,000個体とし、目的も食用から観光へと切り換えたうえで運営されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た愛知県

    模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はアセンション島。大規模な産卵地としてインドネシア、オーストラリア、オマーン、ギニアビサウ、コスタリカ、コモロ、サウジアラビア、スリナム、セーシェル、ブラジル、マレーシア、ミャンマー、アセンション島、ガラパゴス諸島、フロリダ州が確認されている。日本では主に小笠原諸島で産卵し、南西諸島でも産卵する。1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸。2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た鹿児島県

    模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はアセンション島。大規模な産卵地としてインドネシア、オーストラリア、オマーン、ギニアビサウ、コスタリカ、コモロ、サウジアラビア、スリナム、セーシェル、ブラジル、マレーシア、ミャンマー、アセンション島、ガラパゴス諸島、フロリダ州が確認されている。日本では主に小笠原諸島で産卵し、南西諸島でも産卵する。1999年に鹿児島県頴娃町(現南九州市)の海岸。2008年10月に愛知県豊橋市の表浜海岸(片浜十三里)でも産卵が確認されている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た磯焼け

    小笠原諸島や慶良間諸島・八重山諸島での上陸回数や産卵巣の数、四国から八重山諸島にかけてのダイバーによる目撃例は共に増加傾向にあり、個体群は回復傾向にあると考えられている。一方で採食域である本州・四国・九州の浅海域での磯焼けによる食物の減少、秋季から冬季に行われるイセエビ漁での刺し網による混獲、産卵地である南西諸島では開発や海洋構造物建築による砂の流出による影響が懸念されている。小笠原諸島では1876年に日本領になってから年あたり3,000頭以上を捕獲したと推定され、1880年には1,852頭が捕獲、1910年には捕獲数が数百頭になるまで激減した。1973年に小笠原諸島が日本に返還されてからは東京都知事の許可のもとに漁が行われ、漁獲量は年あたり100 - 200頭前後だが1990年に60頭、1992年に55頭と急落した時期もある。南西諸島では昭和40 - 50年代に剥製が流行し、それに伴い食用の流通も急増した。1910年から明治政府によって小笠原諸島で保護・増殖が進められた。第二次世界大戦後に小笠原諸島が日本に返還されてからは東京都や小笠原村によって調査が再開され、小笠原海洋センターによる調査が継続し漂着した死骸の調査など市民活動による調査も続けられている。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アオウミガメ

    アオウミガメから見た先進国

    現在捕獲禁止の思想が名実ともに行き渡っている先進国においても、ウミガメは船乗りが船上で唯一補給可能な保存食ではない獣肉であったため、大航海時代から盛んに捕獲され食用にされた。ウミガメに満ち溢れていたカリブ海では、早くも19世紀初頭に個体群の絶滅がはじまっている。また特にウミガメの食習慣がある太平洋の離島の多くを自国の植民地下においたイギリスやフランスにもその習慣が輸入され、不思議の国のアリスにも描かれたようにウミガメのスープが超高級料理としてもてはやされた。アオウミガメ フレッシュアイペディアより)

62件中 51 - 60件表示

「アオウミガメ」のニューストピックワード