前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示
  • 藍藻

    藍藻から見たアオコアオコ

    夏場に淡水で発生するアオコのなかには藍色細菌が大量に発生した結果引き起こされるものもある。この中には悪臭の原因になったり毒性を持つ種も含まれる。海水に広く分布し、地球の光合成生産に大きな貢献をしている。海洋性のシネココッカス やプロクロロコッカス は、とくに暖かい海に多い。1988年に発見されたプロクロロコッカスは地球上でもっとも多い光合成生物といわれている。赤潮を起こす種類( など)もある。藍藻 フレッシュアイペディアより)

  • シアノトキシン

    シアノトキシンから見たアオコアオコ

    シアノトキシン(cyanotoxin、藍藻毒)は、藍藻(シアノバクテリア)が生産する毒素の総称。水の華、アオコを形成するシアノバクテリアに毒素を生産するものが多い。汚染された水を飲んた家畜や人が死亡した例も多い。毒素を生産する酵素の遺伝子はまとまったオペロンを形成して、水平移動や脱落をくり返すため、近縁種でも生産する株としない株がいる。魚や貝に蓄積され、貝毒の原因などにもなる。シアノトキシン フレッシュアイペディアより)

  • 水さび

    水さびから見たアオコアオコ

    水さび フレッシュアイペディアより)

  • 青粉

    青粉から見たアオコアオコ

    青粉 フレッシュアイペディアより)

  • 栄養塩

    栄養塩から見たアオコアオコ

    植物プランクトンに必要な栄養は、窒素・リン・珪素(珪藻および珪質鞭毛虫が要求)および微量金属類である。この場合、窒素はアンモニア、硝酸あるいは亜硝酸として、リンは燐酸として、珪素は珪酸としての形態のものが中心であり、通常これらの塩を総称して栄養塩、または微量金属類と特に区別して多量栄養塩(Macronutrients)と呼ぶ。水産業においては、海苔やワカメといった海藻の生育や、赤潮やアオコの発生などに深く関係しており、非常に重要な条件の一つとなっている。なお農業における栄養塩とは異なり、カリウムは含まれない。これは海水中にはイオンとして多量に存在しており、不足する心配がないからである。栄養塩 フレッシュアイペディアより)

  • アナベナ

    アナベナから見たアオコアオコ

    アナベナには空気中の窒素を同化する窒素固定能があり、アカウキクサなど一部の植物と相利共生している。またアナベナは神経毒を生成する藍藻の一種で、野生動物をはじめ家畜やペットなどに害を与えることもある。夏期には大量発生してアオコを形成することもある。アナベナ フレッシュアイペディアより)

  • 呉立紅

    呉立紅から見たアオコアオコ

    2007年5月29日、太湖にアオコが異常発生し、無錫市でひどい悪臭で水を飲むことが出来ない事態が発生した。それと同時に、市街にある大型スーパーのミネラルウォーターが一斉に売り切れた。人々は先を争ってそれ以外の飲料や食糧を買い漁ったとメディアは報じた。呉立紅 フレッシュアイペディアより)

  • 荒子川

    荒子川から見たアオコアオコ

    戦後、流域の都市化が進んだことから流量が減少。さらに昭和30年代以降、流域での地下水汲み上げによる地盤沈下が進んで自然排水困難となったこともあって水の滞留を原因とするアオコなど植物プランクトンの大量増殖による水質汚染が度々発生した。昭和40年代以降は下水道の整備に伴って護岸の改善などが進められ、河口へのポンプ所設置や、荒子川公園の整備(1984年供用開始)も行なわれるなどしている。荒子川 フレッシュアイペディアより)

  • ハクレン

    ハクレンから見たアオコアオコ

    日本にも当初は食用目的で移入されたが、他に選択肢の多い日本では普及しなかった。湖沼富栄養化の原因のひとつでもあるアオコも食べるため、かつてはアオコ除去の目的で日本各地に放流された。一般的にはあまり釣りの対象とはならないが、その魚体の大きさゆえに、ゲームフィッシングの対象とする釣り人もいる。ハクレン フレッシュアイペディアより)

  • アオウオ

    アオウオから見たアオコアオコ

    2011年1月24日に戸田競艇場にて体長153cm、体重50kgのものが死んで浮いているのが見つかった。同所では1960〜1970年に大量発生したアオコを除去するため放流した記録があるという。アオウオ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示

「アオコ」のニューストピックワード