前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • シアノトキシン

    シアノトキシンから見たアオコアオコ

    シアノトキシン(cyanotoxin、藍藻毒)は、藍藻(シアノバクテリア)が生産する毒素の総称。水の華、アオコを形成するシアノバクテリアに毒素を生産するものが多い。汚染された水を飲んた家畜や人が死亡した例も多い。毒素を生産する酵素の遺伝子はまとまったオペロンを形成して、水平移動や脱落をくり返すため、近縁種でも生産する株としない株がいる。魚や貝に蓄積され、貝毒の原因などにもなる。シアノトキシン フレッシュアイペディアより)

  • 藍藻

    藍藻から見たアオコアオコ

    夏場に淡水で発生するアオコのなかにはシアノバクテリアが大量に発生した結果引き起こされるものもある。この中には悪臭の原因になったり毒性を持つ種も含まれる。海水に広く分布し、地球の光合成生産に大きな貢献をしている。海洋性のシネココッカス やプロクロロコッカス は、とくに暖かい海に多い。1988年に発見されたプロクロロコッカスは地球上でもっとも多い光合成生物といわれている。赤潮を起こす種類( など)もある。藍藻 フレッシュアイペディアより)

  • 水さび

    水さびから見たアオコアオコ

    水さび フレッシュアイペディアより)

  • イズモナンキン

    イズモナンキンから見たアオコアオコ

    イズモナンキンは主にランチュウと同じくタタキ池で飼育される(トロ舟や水槽も可)。こまめな水換え、目先をくずさないために薄飼いやえさの与えすぎに気をつける。アオコはいらないとする本もあるが、色が薄くならないためにも必要である。基本的な飼育はランチュウと同じである。イズモナンキン フレッシュアイペディアより)

  • 青粉

    青粉から見たアオコアオコ

    青粉 フレッシュアイペディアより)

  • 呉立紅

    呉立紅から見たアオコアオコ

    2007年5月29日、太湖にアオコが異常発生し、無錫市でひどい悪臭で水を飲むことが出来ない事態が発生した。それと同時に、市街にある大型スーパーのミネラルウォーターが一斉に売り切れた。人々は先を争ってそれ以外の飲料や食糧を買い漁ったとメディアは報じた。呉立紅 フレッシュアイペディアより)

  • 栄養塩

    栄養塩から見たアオコアオコ

    植物プランクトンに必要な栄養は、窒素・リン・珪素(珪藻および珪質鞭毛虫が要求)および微量金属類である。この場合、窒素はアンモニア、硝酸あるいは亜硝酸として、リンは燐酸として、珪素は珪酸としての形態のものが中心であり、通常これらの塩を総称して栄養塩、または微量金属類と特に区別して多量栄養塩(Macronutrients)と呼ぶ。水産業においては、海苔やワカメといった海藻の生育や、赤潮やアオコの発生などに深く関係しており、非常に重要な条件の一つとなっている。なお農業における栄養塩とは異なり、カリウムは含まれない。これは海水中にはイオンとして多量に存在しており、不足する心配がないからである。栄養塩 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉信

    渡邉信から見たアオコアオコ

    渡邉 信(わたなべ まこと、Makoto M Watanabe、1948年3月5日 - )は日本の藻類学者。筑波大学大学院教授。東南アジア淡水系およびシャジクモ類の保全生態学や、アオコなど有毒藍藻の研究で知られる。近年は藻類オイル(:en:Algae fuel)の研究に携わっており、2010年には炭化水素生産効率の高い従属栄養性藻類であるオーランチオキトリウムに関する研究を発表した。渡邉信 フレッシュアイペディアより)

  • 常陸川水門

    常陸川水門から見たアオコアオコ

    常陸川水門の竣工当時は、1950年代後半から、いわゆる高度経済成長が始まり、所得倍増計画や1962年の全国総合開発計画を背景に、産業化の著しく進行した時期でもあり、鹿島臨海工業地帯やその他工業団地の造成、農業や漁業の近代化、上水道の普及や都市開発など、生産や生活そのものの様子が大きく変わった時期でもあった。加えて、霞ヶ浦と流入河川流域の下水道や浄化槽の普及率は低く、生活廃水等の汚水はたれ流しの状況が長く続いていた。いわゆるアオコによって霞ヶ浦が強烈に印象づけられるのもこの時期である(現在ではアオコの発生はほとんどない。これは水質の改善というよりも、植物プランクトンの種組成が変化したためと考えられている)。常陸川水門 フレッシュアイペディアより)

  • コブタニシ属

    コブタニシ属から見たアオコアオコ

    1980年代以前では、採取シーズン中は1人で1日20kgほどの漁獲量があったというが、1980年代以降は生息地周辺で急激に工業地帯化と都市化が進み、都市排水や工業排水が未処理のまま棲息湖に流入して深刻な水質汚染が発生するとともに、過度な取水による水位の低下や長期にわたる過剰な採取なども相まって急激に個体数を減らしてしまった。吉良竜夫博士が1988年にコブタニシの主要な生息湖である滇池を訪れた際には、汚染がかなり進行した状況ではあったものの湖はまだ辛うじて"生きている"状態で、湖岸には食用にされたコブタニシ類の殻が大量に捨ててあった。しかし1990年に訪れた時には湖面全体にアオコが大発生し、その中に無数のタニシの死殻が浮いている状態で、この頃までにはかつて棲息していたカワニナ類が姿を消し、20種ほどいた魚も2-3種しか残っておらず、滇池の環境悪化は更に深刻な状況になっていという。コブタニシ属 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「アオコ」のニューストピックワード

  • 交響曲<連祷(れんとう)>−Litany−