48件中 11 - 20件表示
  • 志高湖

    志高湖から見たアオコアオコ

    この湖には流入する川がないため、ポンプで汲み上げた地下水を給水している。しかし、アオコの発生により水質が悪化することがあるため、湖水の浄化のために琵琶湖固有種のイケチョウガイの試験的な導入が進められている。志高湖 フレッシュアイペディアより)

  • 余呉湖

    余呉湖から見たアオコアオコ

    2002年:深層曝気装置を設置。湖底近くにコンプレッサーで送気し、湖水の上昇・下降や横への広がりにより、深層水の酸素を増やし、アオコの増殖を防ぐ。余呉湖 フレッシュアイペディアより)

  • 肥料の三要素

    肥料の三要素から見たアオコアオコ

    高い水溶性のため、雨や灌漑により、特に岩や砂質土壌から容易に流亡する。このことが一部の土壌でカリウム不足の原因となっている。また、流亡したカリウムが湖沼や河川に流入すると富栄養化を引き起こし、赤潮やアオコといった水質汚染の原因となる。肥料の三要素 フレッシュアイペディアより)

  • ざざむし

    ざざむしから見たアオコアオコ

    水温が上昇し諏訪湖にアオコ(浮遊性藍藻で主に Microcystis属)が増殖すると、有毒藍藻由来の肝毒素 Microcystis がヒゲナガカワトビケラ Stenopsyche marmorata などのザザムシに蓄積され陸上生態系へも肝毒素 Microcystis が移行する可能性を指摘しているが、冬季に捕獲され調理されたザザムシからは毒素検出されなかったとされている。ざざむし フレッシュアイペディアより)

  • ゾレル・コーズウェイ

    ゾレル・コーズウェイから見たアオコアオコ

    ゾレル・コーズウェイは、1872年に完成した当時ままの形で、現在のタスマニア・ハイウェイの一部として使用されているわけではなく、大幅な改良工事が加えられている。それも、ただ単に路盤を強化しただけといった、単純な改良工事が行われたわけではない。と言うのも、近年になって、入り江やラグーンなどを、土手道のようなものを作って閉鎖してしまうと、例えばアオコが大量発生したりするなど周辺環境が悪化することが判り、オリエルトン・ラグーンの場合も、やはりゾレル・コーズウェイができる前のように海からの潮流が存在した方が良いと判明したからである。そしてその上、オリエルトン・ラグーンは、オーストラリアとアジア地域とを移動する渡り鳥や、付近に生息する渉禽類や海鳥などの鳥類、また水草などの植物にとっても重要な生息地となっている湿地として、ラムサール条約に登録されており、タスマニア州政府は、ここの環境改善をしようとしていたゾレル・コーズウェイ フレッシュアイペディアより)

  • イズモナンキン

    イズモナンキンから見たアオコアオコ

    イズモナンキンは主にランチュウと同じくタタキ池で飼育される(トロ舟や水槽も可)。こまめな水換え、目先をくずさないために薄飼いやえさの与えすぎに気をつける。アオコはいらないとする本もあるが、色が薄くならないためにも必要である。基本的な飼育はランチュウと同じである。イズモナンキン フレッシュアイペディアより)

  • 温泉藻

    温泉藻から見たアオコアオコ

    淡水域で大発生する浮遊性の藍藻。細胞内にガス胞を持ち、浮沈を制御している。しばしばアオコを形成して問題視される。温泉に見られるのは 、 などである。温泉藻 フレッシュアイペディアより)

  • 藻類

    藻類から見たアオコアオコ

    他方、赤潮の原因となって漁業や海産物の養殖場に被害を与えるなど、害のあるものもある。海域ではクロロフィルa/cを持つ珪藻やラフィド藻、渦鞭毛藻が大発生する場合が多く、その色素組成から海水が赤く見えるのでこう呼ばれる。一方淡水では藍藻や緑藻が増えやすく、水が緑色のどろどろ状態になる様子からアオコと呼ばれる。藻類 フレッシュアイペディアより)

  • 植物プランクトン

    植物プランクトンから見たアオコアオコ

    植物プランクトンの分布はミネラルの分布にも大きく依存している。硝酸塩、リン酸塩、ケイ酸、微量金属元素などが必要であり、この分布は生物ポンプと湧昇のバランスによって決まる。南極海などのHNLC海域では鉄の不足が植物プランクトンの生産を制限する。。人為的な影響として、様々な排水の流入が大きな影響を与える場合があり、時に植物プランクトンの大発生を促し、そのために透明度が著しく失われることを、赤潮やアオコなどと言う。植物プランクトン フレッシュアイペディアより)

  • 下水処理場

    下水処理場から見たアオコアオコ

    下水道の高度処理は京阪神地区に水道水を供給する琵琶湖を擁する滋賀県で、琵琶湖に排水される生活排水の中の窒素リンが原因で赤潮やアオコなどのプランクトンの大量に発生。その対策として「滋賀県琵琶湖の富栄養化の防止に関する条例(琵琶湖条例)」と共に下水道整備と高度処理設備の設置が進められ、現在では琵琶湖に注ぐ下水道はすべて高度処理が施されている。また琵琶湖から流れる淀川水系の流域下水道では6ヶ所で高度処理設備は導入され、京都市の4ヶ所の下水処理場でも高度処理が行われ、鳥羽水環境保全センター吉祥院支所と伏見水環境保全センターでは匂いや染料の色度除去・消毒のためにオゾン処理が施されている。下水処理場 フレッシュアイペディアより)

48件中 11 - 20件表示