48件中 21 - 30件表示
  • ミクロシスチン

    ミクロシスチンから見たアオコアオコ

    ミクロキスティス属は湖沼等においてアオコを発生させることで知られ、アオコに含まれるミクロシスチンは強い肝臓毒活性を示す。ミクロシスチンを含む水を継続して摂取した場合、肝臓に対する発がん性があることも指摘されている。産生する種としては が代表的である。ミクロキスティス属の他、ユレモ属()やアナベナ属()の藍藻もミクロシスチンを作る。ミクロシスチン フレッシュアイペディアより)

  • 霞ヶ浦の歴史

    霞ヶ浦の歴史から見たアオコアオコ

    また、1960年代後半にはそれまでの帆曳き漁にかわり、効率のよいトロール漁業への転換が進む。これは一時的にワカサギの漁獲量を増加させるものの、資源の枯渇を招き漁獲量は減少していくことになる。また、シジミ以外のタンカイと呼ばれる淡水性の貝類も1970年前後に漁獲が激減。1975年には汽水でしか生息できないヤマトシジミの漁業権の補償がなされた。それとは対照的にワカサギに「食われる」存在でもあるエビ・ハゼ類の漁獲が増加していく。このころは経済成長が進むのと時を同じくして霞ケ浦の富栄養化が進行し、アオコの発生や養殖コイの大量死などが発生するようになってくる時期であるが、1970年代の漁獲総計は13000 - 17000t前後の高水準で推移する。霞ヶ浦の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • プランクトン

    プランクトンから見たアオコアオコ

    小型のものでも、量的には大きく多量に漁獲できる場合には、水産物としても利用される(イサザアミ、オキアミ、シラスなど)。富栄養化によって植物プランクトンが大量発生する現象は海では赤潮、陸水ではアオコと呼ばれ、生態系に深刻な影響を与える。プランクトン フレッシュアイペディアより)

  • ソルトン湖

    ソルトン湖から見たアオコアオコ

    ソルトン湖から出て行く水路が無いということはこの湖の変化が加速される水系であることを意味している。農業用水の流出水が湖の水位を変動させ(1950年代と1960年代には周辺の町に溢れた)、比較的高い塩分濃度の水が流れ込んで湖の塩分は増加している。1960年代までに湖の塩分濃度が上昇したことは明らかであり、湖で生息する種の幾つかを危険に曝した。現在の塩分濃度は4.0%(質量濃度)を超えており(海水より高い)、多くの魚類が生息できなくなっている。塩分濃度が4.4%を超えると、生息できるのはティラピアだけだと考えられている。この塩分濃度の上昇に肥料の流出が組み合わされ、青粉が増大し、バクテリアの水準も上がった。ソルトン湖 フレッシュアイペディアより)

  • コブタニシ属

    コブタニシ属から見たアオコアオコ

    1980年代以前では、採取シーズン中は1人で1日20kgほどの漁獲量があったというが、1980年代以降は生息地周辺で急激に工業地帯化と都市化が進み、都市排水や工業排水が未処理のまま棲息湖に流入して深刻な水質汚染が発生するとともに、過度な取水による水位の低下や長期にわたる過剰な採取なども相まって急激に個体数を減らしてしまった。吉良竜夫博士が1988年にコブタニシの主要な生息湖である滇池を訪れた際には、汚染がかなり進行した状況ではあったものの湖はまだ辛うじて"生きている"状態で、湖岸には食用にされたコブタニシ類の殻が大量に捨ててあった。しかし1990年に訪れた時には湖面全体にアオコが大発生し、その中に無数のタニシの死殻が浮いている状態で、この頃までにはかつて棲息していたカワニナ類が姿を消し、20種ほどいた魚も2-3種しか残っておらず、滇池の環境悪化は更に深刻な状況になっていという。コブタニシ属 フレッシュアイペディアより)

  • 城山ダム

    城山ダムから見たアオコアオコ

    File:Tukuiko-aoko.JPG|アオコが大発生し緑色に染まった津久井湖(2006年9月)城山ダム フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉信

    渡邉信から見たアオコアオコ

    渡邉 信(わたなべ まこと、Makoto M Watanabe、1948年3月5日 - )は日本の藻類学者。筑波大学大学院教授。東南アジア淡水系およびシャジクモ類の保全生態学や、アオコなど有毒藍藻の研究で知られる。近年は藻類オイル(:en:Algae fuel)の研究に携わっており、2010年には炭化水素生産効率の高い従属栄養性藻類であるオーランチオキトリウムに関する研究を発表した。渡邉信 フレッシュアイペディアより)

  • 矢橋

    矢橋から見たアオコアオコ

    矢橋(やばせ)は滋賀県草津市の集落地名。矢橋から船に乗り対岸に達すると東海道の近道になることから、古くから琵琶湖岸の港町として栄えた。近江八景の「矢橋帰帆」として有名。現在は矢橋帰帆島が建設され当時の趣はない。また矢橋帰帆島と湖岸との間の水路に赤潮・アオコが発生しやすく問題が指摘されている。矢橋 フレッシュアイペディアより)

  • オリエルトン・ラグーン

    オリエルトン・ラグーンから見たアオコアオコ

    近年になって、入り江やラグーンなどを土手道などを作って閉鎖してしまうと、例えばアオコが大量発生したりするなど周辺環境が悪化することが判り、オリエルトン・ラグーンの場合も、やはりゾレル・コーズウェイができる前のように海からの潮流が存在した方が良いと判明した。そこで、未だにゾレル・コーズウェイは存在していてタスマン・ハイウェイの一部として使用され続けているものの、土手道の下を水がもっと自由に通過できるように、それまで無かった水路や水門を土手道の下に新設することで、オリエルトン・ラグーンの環境改善を図っているオリエルトン・ラグーン フレッシュアイペディアより)

  • 古市古墳群

    古市古墳群から見たアオコアオコ

    この他、濠の水の波で墳丘部が崩れたり、濠に産業廃棄物が捨てられる、大量発生したアオコが腐り異臭を放つといった問題も報告されている。古市古墳群 フレッシュアイペディアより)

48件中 21 - 30件表示