37件中 21 - 30件表示
  • 白樺湖

    白樺湖から見たアオコアオコ

    白樺湖を中心としたバンガローや別荘など観光開発が進む一方、それらから排出される汚水により白樺湖は次第に汚染されていった。化学的酸素要求量 (COD)、大腸菌数は環境基準値をオーバー。1969年(昭和44年)にはアオコの発生が確認された。これを憂慮した地元、茅野市や立科町では白樺湖浄化対策協議会を結成。特定環境保全公共下水道整備事業の第一号として事業認可を受けた白樺湖下水道組合は、1981年(昭和56年)より白樺湖下水道浄化センターの運用を開始。白樺湖の汚染に歯止めをかけた。白樺湖 フレッシュアイペディアより)

  • 志高湖

    志高湖から見たアオコアオコ

    この湖には流入する川がないため、ポンプで汲み上げた地下水を給水している。しかし、アオコの発生により水質が悪化することがあるため、湖水の浄化のために琵琶湖固有種のイケチョウガイの試験的な導入が進められている。志高湖 フレッシュアイペディアより)

  • ミクロシスチン

    ミクロシスチンから見たアオコアオコ

    ミクロキスティス属は湖沼等においてアオコを発生させることで知られ、アオコに含まれるミクロシスチンは強い肝臓毒活性を示す。ミクロシスチンを含む水を継続して摂取した場合、肝臓に対する発がん性があることも指摘されている。産生する種としては が代表的である。ミクロキスティス属の他、ユレモ属()やアナベナ属()の藍藻もミクロシスチンを作る。ミクロシスチン フレッシュアイペディアより)

  • 城山ダム

    城山ダムから見たアオコアオコ

    File:Tukuiko-aoko.JPG|アオコが大発生し緑色に染まった津久井湖(2006年9月)城山ダム フレッシュアイペディアより)

  • 富栄養化

    富栄養化から見たアオコアオコ

    富栄養化が進行した水域は肥料分や栄養塩が豊富に存在する為、日光の当たる水面付近では光合成に伴う一次生産が増大し、特定の植物プランクトンが急激に増殖する。また、それを捕食する動物性のプランクトンも異常に増える。これらのプランクトンの増殖が、赤潮やアオコの形成につながる。富栄養化 フレッシュアイペディアより)

  • アオウオ

    アオウオから見たアオコアオコ

    2011年1月24日に戸田競艇場にて体長153cm、体重50kgのものが死んで浮いているのが見つかった。同所では1960〜1970年に大量発生したアオコを除去するため放流した記録があるという。アオウオ フレッシュアイペディアより)

  • 下水処理場

    下水処理場から見たアオコアオコ

    下水道の高度処理は京阪神地区に水道水を供給する琵琶湖を擁する滋賀県で、琵琶湖に排水される生活排水の中の窒素リンが原因で赤潮やアオコなどのプランクトンの大量に発生。その対策として「滋賀県琵琶湖の富栄養化の防止に関する条例(琵琶湖条例)」と共に下水道整備と高度処理設備の設置が進められ、現在では琵琶湖に注ぐ下水道はすべて高度処理が施されている。また琵琶湖から流れる淀川水系の流域下水道では6ヶ所で高度処理設備は導入され、京都市の4ヶ所の下水処理場でも高度処理が行われ、吉祥院水環境保全センターと伏見水環境保全センターでは匂いや染料の色度除去・消毒のためにオゾン処理が施されている。下水処理場 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田川

    芦田川から見たアオコアオコ

    また、河口堰による汽水域の消滅も水質悪化の原因である。河口湖は富栄養化が進みアオコが発生している。河口堰を管理する国交省は上記の高屋川事業により河口湖の改善もできるとしている。地元市民団体を中心に水門の常時開放を願う嘆願書を国交省や市に提出していたが、堰開放により上流からヘドロが流入し漁場が荒れるとして開放に否定的な漁師もいることもあり、国交省は水の入れ替え促進を目的とした「弾力的放流」を継続的に行っている。芦田川 フレッシュアイペディアより)

  • 利根川

    利根川から見たアオコアオコ

    一方中流では常緑広葉樹林であるヤブツバキ・アカガシ・シイなどが従来自生していたが田地・宅地開発などによりその自生数は減少し、スギ・ヒノキなどの植林された樹木が多い。また河川敷ではヨシやススキのほか、スギナ・イヌタデ・カナムグラ・カヤツリグサなどが自生。下流部になるとコガマ・マコモなど多様な植物が自生する。ヨシの群落は中流から下流にかけての湖沼・湿地帯に見られるが特に渡良瀬遊水地には大規模なヨシ群落があり、日本で唯一当地で自生しているハタケテンツキを始めミズアオイ・フジバカマなど絶滅危惧種が自生している。利根川流域に存在する植物種の総数は2002年の国土交通省調査により666種が確認されている。藻類では水質が貧栄養である上流部では少なく、中流・下流に入るとケイソウ類が主に分布。特に中流部ではチャヅツケイソウが広範囲に分布している。霞ヶ浦では水質の悪化により夏季にはミクロキスティスなどの異常繁茂によるアオコの大発生が問題化した。外来種としては中流にはセイタカアワダチソウやブタクサが多く繁茂。下流にはアレチウリ、オオフサモ、ボタンウキクサが繁茂しているがこの三種は在来固有種への影響が大きいことから特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)により環境省から特定外来生物に指定され、河川管理者である国土交通省などが駆除を行っている。利根川 フレッシュアイペディアより)

  • 藻類

    藻類から見たアオコアオコ

    他方、赤潮の原因となって漁業や海産物の養殖場に被害を与えるなど、害のあるものもある。海域ではクロロフィルa/cを持つ珪藻やラフィド藻、渦鞭毛藻が大発生する場合が多く、その色素組成から海水が赤く見えるのでこう呼ばれる。一方淡水では藍藻や緑藻が増えやすく、水が緑色のどろどろ状態になる様子からアオコと呼ばれる。藻類 フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示

「アオコ」のニューストピックワード

  • 交響曲<連祷(れんとう)>−Litany−