1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示
  • マグネシウム

    マグネシウムから見たアオコアオコ

    水質改善 アオコ対策、赤潮対策、底質改善マグネシウム フレッシュアイペディアより)

  • プランクトン

    プランクトンから見たアオコアオコ

    小型のものでも、量的には大きく多量に漁獲できる場合には、水産物としても利用される(イサザアミ、オキアミ、シラスなど)。富栄養化によって植物プランクトンが大量発生する現象は海では赤潮、陸水ではアオコと呼ばれ、生態系に深刻な影響を与える。プランクトン フレッシュアイペディアより)

  • 霞ヶ浦

    霞ヶ浦から見たアオコアオコ

    1970年代から夏季を中心にアオコの大発生・水道水の異臭・シジミ・養殖ゴイの大量死などが顕著に発生するようになり、1979年にはCOD年間平均が過去最悪の11.3mg/lに至る。これに対し「せっけん運動」などの市民運動が行われたり、1981年に富栄養化防止条例が公布されたりするものの、この時期の強烈なイメージから「汚れた湖」・「死の湖」というイメージが定着するようになってしまう。1990年代半ば以降、かつてのようなアオコの大発生は観測されていない。しかし、それは水質が改善されてきたというよりも発生する植物プランクトンが変化した結果と考えられている。霞ヶ浦 フレッシュアイペディアより)

  • 三峡ダム

    三峡ダムから見たアオコアオコ

    三峡ダムの水没地及び周辺地域からの汚染物質や大量のゴミの流入により長江流域、黄海の水質悪化、アオコの大量発生および、生態系への影響が発生している。三峡ダム フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たアオコアオコ

    諏訪湖はかつて非常に水質のよい湖であり、江戸期には琵琶湖や河口湖から蜆が放流され漁業も行われていた。しかし、戦後の高度経済成長期にかけて生活排水などにより湖の富栄養化が進み、水質が悪化した。特に70年代から80年代にかけては、アオコが大発生し湖面が緑色になり、悪臭が漂い発泡するなどといった環境悪化が見られた。1979年(昭和54年)から一部供用開始し1993年(平成5年)全市町村共用となった流域下水道の整備事業などや市民による水質改善活動の結果、大幅に水質が改善されているが、昭和初期の姿を取り戻すまでには至っていない。ワカサギが多く獲れるが、これは水質が悪い事を表している。水質悪化の要因は沢山あるが、流入河川が30を超え多いにも関わらず、流出河川が一つであり、かつ集水域が広くて各流入河川の汚染物質が溜まり易い構造になっているからである。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • ハクレン

    ハクレンから見たアオコアオコ

    日本にも当初は食用目的で移入されたが、他に選択肢の多い日本では普及しなかった。湖沼富栄養化の原因のひとつでもあるアオコも食べるため、かつてはアオコ除去の目的で日本各地に放流された。一般的にはあまり釣りの対象とはならないが、その魚体の大きさゆえに、ゲームフィッシングの対象とする釣り人もいる。ハクレン フレッシュアイペディアより)

  • 赤潮

    赤潮から見たアオコアオコ

    赤潮、白潮、緑潮、青粉(アオコ赤潮 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示

「アオコ」のニューストピックワード

  • 交響曲<連祷(れんとう)>−Litany−