48件中 31 - 40件表示
  • 富栄養化

    富栄養化から見たアオコアオコ

    富栄養化が進行した水域は肥料分や栄養塩が豊富に存在する為、日光の当たる水面付近では光合成に伴う一次生産が増大し、特定の植物プランクトンが急激に増殖する。また、それを捕食する動物性のプランクトンも異常に増える。これらのプランクトンの増殖が、赤潮やアオコの形成につながる。富栄養化 フレッシュアイペディアより)

  • 霞ヶ浦

    霞ヶ浦から見たアオコアオコ

    1970年代から夏季を中心にアオコの大発生・水道水の異臭・シジミ・養殖ゴイの大量死などが顕著に発生するようになり、1979年にはCOD年間平均が過去最悪の11.3mg/lに至る。これに対し「せっけん運動」などの市民運動が行われたり、1981年に富栄養化防止条例が公布されたりするものの、この時期の強烈なイメージから「汚れた湖」・「死の湖」というイメージが定着するようになってしまう。1990年代半ば以降、かつてのようなアオコの大発生は観測されていない。しかし、それは水質が改善されてきたというよりも発生する植物プランクトンが変化した結果と考えられている。霞ヶ浦 フレッシュアイペディアより)

  • リン酸塩

    リン酸塩から見たアオコアオコ

    生態系は多くの場合、限られたリン酸供給によって成立しているため、自然界にみられないような量のリン酸が供給されると、しばしば生態系の崩壊につながる。たとえば水界生態系に多量のリン酸が供給されると、特定の植物プランクトンが大量増殖し、赤潮やアオコの発生をみる。このとき大量増殖した藻類が水中の有機物を増加させて有機物汚濁の原因となったり、毒性のある藻類が増えることで、他の生物に悪影響を与えることとなる。リン酸塩 フレッシュアイペディアより)

  • 赤潮

    赤潮から見たアオコアオコ

    赤潮、白潮、緑潮、青粉(アオコ赤潮 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たアオコアオコ

    諏訪湖はかつて非常に水質のよい湖であり、江戸期には琵琶湖や河口湖からの蜆が放流され漁業も行われていた。しかし、戦後の高度経済成長期にかけて農地からの化学肥料由来の栄養塩類や生活排水などにより湖の富栄養化が進み、過栄養湖へと変化した。特に1970年代から80年代にかけては、ユスリカやアオコのミクロキスティス(Microcystis )が大発生し湖面が緑色になり、悪臭が漂い発泡するなどといった環境悪化が見られた。水質悪化の要因は沢山あるが、流入河川が30を超え多いにも関わらず、流出河川が一つであり、かつ集水域が広く各流入河川の汚染物質が溜まり易い構造になっているからである。しかし、1979年(昭和54年)から一部供用開始し1993年(平成5年)全市町村共用となった流域下水道の整備事業などや市民による水質改善活動の結果、大幅に水質が改善されているが、昭和初期の姿を取り戻すまでには至っていない。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • マグネシウム

    マグネシウムから見たアオコアオコ

    水質改善 - アオコ対策、赤潮対策、底質改善マグネシウム フレッシュアイペディアより)

  • 白樺湖

    白樺湖から見たアオコアオコ

    白樺湖を中心としたバンガローや別荘など観光開発が進む一方、それらから排出される汚水により白樺湖は次第に汚染されていった。化学的酸素要求量 (COD)、大腸菌数は環境基準値をオーバー。1969年(昭和44年)にはアオコの発生が確認された。これを憂慮した地元、茅野市や立科町では白樺湖浄化対策協議会を結成。特定環境保全公共下水道整備事業の第一号として事業認可を受けた白樺湖下水道組合は、1981年(昭和56年)より白樺湖下水道浄化センターの運用を開始。白樺湖の汚染に歯止めをかけた。白樺湖 フレッシュアイペディアより)

  • 百舌鳥古墳群

    百舌鳥古墳群から見たアオコアオコ

    この他、濠の水の波で墳丘部が崩れたり、濠に産業廃棄物が捨てられる、大量発生したアオコが腐り異臭を放つといった問題も報告されている。百舌鳥古墳群 フレッシュアイペディアより)

  • 外濠 (東京都)

    外濠 (東京都)から見たアオコアオコ

    残された濠には、合流式の下水道から大雨のたびに下水が流入する上、ほぼ閉鎖された水環境で水循環が乏しいため、長年にわたり大量のヘドロが堆積。化学的酸素要求量は高くなりがちで、夏場には異臭とともにアオコの大量発生も見られる。1964年東京オリンピック開催時、1992年の地下鉄建設時に合わせてヘドロの除去(浚渫)作業が行われたことがある。東京都では、2020年東京オリンピックに合わせて再び除去作業を行う方針を打ち出している。外濠 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 利根川

    利根川から見たアオコアオコ

    一方中流では常緑広葉樹林であるヤブツバキ・アカガシ・シイなどが従来自生していたが田地・宅地開発などによりその自生数は減少し、スギ・ヒノキなどの植林された樹木が多い。また河川敷ではヨシやススキのほか、スギナ・イヌタデ・カナムグラ・カヤツリグサなどが自生。下流部になるとコガマ・マコモなど多様な植物が自生する。ヨシの群落は中流から下流にかけての湖沼・湿地帯に見られるが特に渡良瀬遊水地には大規模なヨシ群落があり、日本で唯一当地で自生しているハタケテンツキを始めミズアオイ・フジバカマなど絶滅危惧種が自生している。利根川流域に存在する植物種の総数は2002年の国土交通省調査により666種が確認されている。藻類では水質が貧栄養である上流部では少なく、中流・下流に入るとケイソウ類が主に分布。特に中流部ではチャヅツケイソウが広範囲に分布している。霞ヶ浦では水質の悪化により夏季にはミクロキスティスなどの異常繁茂によるアオコの大発生が問題化した。外来種としては中流にはセイタカアワダチソウやブタクサが多く繁茂。下流にはアレチウリ、オオフサモ、ボタンウキクサが繁茂しているがこの三種は在来固有種への影響が大きいことから特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)により環境省から特定外来生物に指定され、河川管理者である国土交通省などが駆除を行っている。利根川 フレッシュアイペディアより)

48件中 31 - 40件表示