1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示
  • 城沼

    城沼から見たアオコアオコ

    市の汚水が垂れ流されていた時期があったため、夏はアオコが発生し異臭を放つ。現在は、浮島植栽植物・接触材による浄化、微細気泡による浄化、木炭微生物濾過による浄化等、各種水質浄化の試みがなされている。城沼 フレッシュアイペディアより)

  • 宍道湖

    宍道湖から見たアオコアオコ

    水質の悪化により1959年以降遊泳禁止となっている。1974年に中浦水門建設が始まり淡水化事業が始まったが、アオコの発生被害やシジミの減少などの報告を受けて環境破壊を懸念する声が多かったこと、また、減反政策が進む中、淡水化を実施しても淡水の用途に疑問があることから1988年に淡水化が延期され、2009年に一度も水門として機能することなく撤去された。宍道湖 フレッシュアイペディアより)

  • ため池

    ため池から見たアオコアオコ

    周りをコンクリートで補修されていても、多くの動植物が残っている池はある。しかし中には水質汚濁が進みアオコが大発生して生物の姿を見なくなった池もある。また、周囲が開発で宅地化されると汚水が流入して富栄養化する例もある。ため池 フレッシュアイペディアより)

  • 水質汚濁

    水質汚濁から見たアオコアオコ

    窒素、リンといった栄養塩類が過剰に存在すると、藻類やプランクトンが爆発的に繁殖し生物多様性が失われる。この結果、生態系が不安定となり、被害を招く。閉鎖性海域では、繁殖したプランクトン(時に有毒)そのものによる赤潮や、その死滅が招いた酸欠水が導く硫化水素生成による青潮などによる大規模な漁業被害が現在も発生している。また、湖沼では藍藻類の大繁殖によるアオコを生じさせ、類似の被害を招いている。水質汚濁 フレッシュアイペディアより)

  • 雄蛇ヶ池

    雄蛇ヶ池から見たアオコアオコ

    1970年代ころから、リリパッドと呼ばれる水草が茂った環境で、ソフトルアーを使って行うバスフィッシングの名所として知られた。1980年頃、堰堤工事のため水位を大幅に落としていた時期があった。また、同時期にソウギョが放流されたことで池の水生植物は激減することとなる。その後年月が経過し、2000年以降に水生植物が勢いを取り戻し繁茂しはじめたことから、2006年に再びソウギョが放流された。ソウギョの食害により水生植物は壊滅、代わりに藍藻類が繁殖しアオコ現象が発生している。ブラックバス、ブルーギル、鯉、ソウギョ、ヘラブナ、モクズガニの生息が確認されている。また、1981年にはオオマリコケムシという奇妙な生き物が大繁殖している。雄蛇ヶ池 フレッシュアイペディアより)

  • 常陸川水門

    常陸川水門から見たアオコアオコ

    常陸川水門の竣工当時は、1950年代後半から、いわゆる高度経済成長が始まり、所得倍増計画や1962年の全国総合開発計画を背景に、産業化の著しく進行した時期でもあり、鹿島臨海工業地帯やその他工業団地の造成、農業や漁業の近代化、上水道の普及や都市開発など、生産や生活そのものの様子が大きく変わった時期でもあった。加えて、霞ヶ浦と流入河川流域の下水道や浄化槽の普及率は低く、生活廃水等の汚水はたれ流しの状況が長く続いていた。いわゆるアオコによって霞ヶ浦が強烈に印象づけられるのもこの時期である(現在ではアオコの発生はほとんどない。これは水質の改善というよりも、植物プランクトンの種組成が変化したためと考えられている)。常陸川水門 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田川

    芦田川から見たアオコアオコ

    また、AEMCの考えとは別に、河口堰による汽水域の消滅も水質悪化の原因とする見解もある。河口湖は富栄養化が進みアオコが発生しているが、河口堰を管理する国交省は上記の高屋川事業により河口湖の改善もできるとしている。地元市民団体を中心に水門の常時開放を願う嘆願書を国交省や市に提出していたが、堰開放により上流からヘドロが流入し漁場が荒れるとして開放に否定的な漁師もいることもあり、国交省は水の入れ替え促進を目的とした「弾力的放流」を継続的に行っている。芦田川 フレッシュアイペディアより)

  • 田瀬ダム

    田瀬ダムから見たアオコアオコ

    ところが平成に入り、田瀬湖はアオコの発生が度々見られるようになり、ひどい時には湖面が緑色に変色して悪臭を発し利水目的・ボート競技・水産資源・水環境に悪影響を及ぼした。アオコは窒素やリンといった栄養塩が水中で多くなる富栄養化に伴ってミクロキスティスなどの藍藻類を中心とした植物プランクトンが異常発生することによって起こる。一般に湖では天然・人造の区別無く水流が滞るため栄養塩が蓄積しやすく、これに太陽光が照射されることで水温が上昇、光合成が活発化して一挙に大発生する。田瀬湖上流には遠野市中心街を始めとする遠野盆地があり、生活排水や農業・畜産で使用した排水が田瀬湖に流入し次第に富栄養化するようになった。アオコは1999年頃から例年発生し、2005年には夏から秋に大発生し問題となった。田瀬ダム フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示