前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示
  • ウミガメ

    ウミガメから見たアカウミガメアカウミガメ

    熱帯・亜熱帯を中心に全世界の海洋に分布するが、南極海には分布しない。生活形態は種類によって異なり、ヒメウミガメやタイマイのように沿岸からあまり離れないものと、アカウミガメやオサガメのように外洋を長距離にわたって回遊するものとがいる。しかし白亜紀においては一部を除いて外洋を回遊することはなく、各地で多種多様なウミガメが繁栄していた。ウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • 屋久島

    屋久島から見たアカウミガメアカウミガメ

    島北部の永田浜は世界有数のアカウミガメの産卵地であり、ラムサール条約登録湿地となっている。(後述)屋久島 フレッシュアイペディアより)

  • 風船飛ばし

    風船飛ばしから見たアカウミガメアカウミガメ

    なおオーストラリアでは捕獲したアカウミガメの死んだ稚カメの体内からゴム風船が見つかっているが、アカウミガメの産卵地は日本国内にもあるなど、日本も看過のできない調査結果が出てきている。風船飛ばし フレッシュアイペディアより)

  • アカウミガメ亜科

    アカウミガメ亜科から見たアカウミガメアカウミガメ

    アカウミガメ Caretta caretta (Loggerhead Sea Turtle)アカウミガメ亜科 フレッシュアイペディアより)

  • 神崎海岸

    神崎海岸から見たアカウミガメアカウミガメ

    1988年には101匹のアカウミガメのふ化が確認され、翌年にも産卵が確認されている。また、付近の大分市馬場の海岸では、2008年にウミガメが目撃され、2010年には大分市としては22年ぶりにアカウミガメのふ化が確認されている。神崎海岸 フレッシュアイペディアより)

  • 日和佐川

    日和佐川から見たアカウミガメアカウミガメ

    八郎山(標高919m)の南斜面に水源があり、美波町(旧日和佐町)内を流れ紀伊水道(日和佐港)に注ぐ。下流部では沖積低地を形成し、日和佐(美波町)市街地となっている。河口付近には、日和佐城やアカウミガメの産卵地として知られる大浜海岸などの名所がある。とくしま水紀行50選に選定されている。日和佐川 フレッシュアイペディアより)

  • 千里の浜

    千里の浜から見たアカウミガメアカウミガメ

    本州有数のアカウミガメ産卵地である。千里の浜 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲生田岬

    蒲生田岬から見たアカウミガメアカウミガメ

    当岬付近はアカウミガメが産卵することで有名である。当岬の周囲には島嶼が多く集まる。蒲生田岬 フレッシュアイペディアより)

  • 片浜十三里

    片浜十三里から見たアカウミガメアカウミガメ

    高さ10メートルから30メートルの海食崖が大部分を占め、常に波による侵食を受けており、1956年の調査では1897年測量時の海岸線よりも60m後退していた。このためテトラポッドなどの波消しブロックが多数設置されているが、アカウミガメの産卵地でもあるため、環境に配慮し一部で撤去する取り組みもある。片浜十三里 フレッシュアイペディアより)

  • 日和佐うみがめ博物館カレッタ

    日和佐うみがめ博物館カレッタから見たアカウミガメアカウミガメ

    日和佐うみがめ博物館カレッタ(ひわさうみがめはくぶつかんカレッタ)は、徳島県海部郡美波町(旧日和佐町)にあるウミガメに関する博物館。館名の「カレッタ」はアカウミガメの学名に由来する。世界でも珍しいとされるウミガメの博物館である。日和佐うみがめ博物館カレッタ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示

「アカウミガメ」のニューストピックワード